るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
4969件ヒット [1-100件を表示] (0.065秒)

別のキーワード

  1. _builtin read
  2. stringio read
  3. io read
  4. csv read

モジュール

オブジェクト

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

static int read_escape(void) (26100.0)

一文字に相当するバックスラッシュ記法が許す 文字列を入力バッファから読みとり、評価値を返す。 先頭のバックスラッシュはすでに読みこんでいるものと仮定する。 不正な記法に対しては yyerror を呼び出し, 0 を返す。

一文字に相当するバックスラッシュ記法が許す
文字列を入力バッファから読みとり、評価値を返す。
先頭のバックスラッシュはすでに読みこんでいるものと仮定する。
不正な記法に対しては yyerror を呼び出し, 0 を返す。

static void readonly_setter(VALUE val, ID id, void *var) (26100.0)

readline (26000.0)

GNU Readline によるコマンドライン入力インタフェースを提供するライブラリです。

...GNU Readline によるコマンドライン入力インタフェースを提供するライブラリです。...

Zlib::GzipReader#read(length = nil) -> String | nil (21147.0)

IO クラスの同名メソッドIO#readと同じです。

...IO クラスの同名メソッドIO#readと同じです。

但し、gzip ファイル中に
エラーがあった場合 Zlib::Error 例外や
Zlib::GzipFile::Error 例外が発生します。

gzip ファイルのフッターの処理に注意して下さい。
gzip ファイルのフッターに...
...は圧縮前データのチェックサムが
記録されています。GzipReader オブジェクトは、次の時に展開した
データとフッターの照合を行い、エラーがあった場合は
Zlib::GzipFile::NoFooter, Zlib::GzipFile::CRCError,
Zlib::GzipFile::LengthError 例外を...
...時。
すなわち Zlib::GzipReader#read,
Zlib::GzipReader#gets メソッド等が nil を返す時。
* EOF まで読み込んだ後、Zlib::GzipFile#close メソッドが
呼び出された時。
* EOF まで読み込んだ後、Zlib::GzipReader#unused メソッドが
呼び...

OpenURI::OpenRead#read(options = {}) -> String (21123.0)

自身が表す内容を読み込んで文字列として返します。 self.open(options={}) {|io| io.read } と同じです。 このメソッドによって返される文字列は OpenURI::Meta によって extend されています。

...ons={}) {|io| io.read } と同じです。
このメソッドによって返される文字列は OpenURI::Meta
によって extend されています。

@param options ハッシュを与えます。

require 'open-uri'
uri = URI.parse('http://www.example.com/')
str = uri.read
p str.is_a?(O...

絞り込み条件を変える

Gem::Package::TarReader::Entry#read(length = nil) -> String (21101.0)

自身から指定されたバイト数読み込みます。

自身から指定されたバイト数読み込みます。

@param length 読み込むバイト数を指定します。
省略すると全てを読み込みます。

IO.read(path, length = nil, offset = 0, opt = {}) -> String | nil (18139.0)

path で指定されたファイルを offset 位置から length バイト分読み込んで返します。

...合は nil を返します。ただし、length に nil か 0 が指定されている場合は、空文字列 "" を返します。例えば、IO.read(空ファイル) は "" を返します。

引数 length が指定された場合はバイナリ読み込みメソッド、そうでない場合は...
...ng など
IO.open のオプション引数が指定できます。

@see IO.binread

例:

IO.read(empty_file) #=> ""
IO.read(empty_file, 1) #=> nil
IO.read(one_byte_file, 0, 10) #=> ""
IO.read(one_byte_file, nil, 10) #=> ""
IO.read(one_byte_file, 1, 10) #=> nil...

IO.read(path, length = nil, opt = {}) -> String | nil (18139.0)

path で指定されたファイルを offset 位置から length バイト分読み込んで返します。

...合は nil を返します。ただし、length に nil か 0 が指定されている場合は、空文字列 "" を返します。例えば、IO.read(空ファイル) は "" を返します。

引数 length が指定された場合はバイナリ読み込みメソッド、そうでない場合は...
...ng など
IO.open のオプション引数が指定できます。

@see IO.binread

例:

IO.read(empty_file) #=> ""
IO.read(empty_file, 1) #=> nil
IO.read(one_byte_file, 0, 10) #=> ""
IO.read(one_byte_file, nil, 10) #=> ""
IO.read(one_byte_file, 1, 10) #=> nil...

IO.read(path, opt = {}) -> String | nil (18139.0)

path で指定されたファイルを offset 位置から length バイト分読み込んで返します。

...合は nil を返します。ただし、length に nil か 0 が指定されている場合は、空文字列 "" を返します。例えば、IO.read(空ファイル) は "" を返します。

引数 length が指定された場合はバイナリ読み込みメソッド、そうでない場合は...
...ng など
IO.open のオプション引数が指定できます。

@see IO.binread

例:

IO.read(empty_file) #=> ""
IO.read(empty_file, 1) #=> nil
IO.read(one_byte_file, 0, 10) #=> ""
IO.read(one_byte_file, nil, 10) #=> ""
IO.read(one_byte_file, 1, 10) #=> nil...

ARGF.class#read(length = nil, str = nil) -> String | nil (18131.0)

ARGVに指定されたファイルを先頭のファイルからlengthバイト読み込み、 その文字列をstrに出力します。読み込んだ文字列を返します。

...tr 出力先の文字列。内容は上書きされます。

$ echo "small" > small.txt
$ echo "large" > large.txt
$ ruby glark.rb small.txt large.txt

ARGF.read # => "small\nlarge"
ARGF.read(200) # => "small\nlarge"
ARGF.read(2) # => "sm"
ARGF.read(0) # => ""

@see IO#read...

絞り込み条件を変える

Dir#read -> String | nil (18131.0)

ディレクトリストリームから次の要素を読み出して返します。最後の要素 まで読み出していれば nil を返します。

...r}/test1.txt", "w") { |f| f.puts("test1") }
File.open("#{tmpdir}/test2.txt", "w") { |f| f.puts("test2") }
Dir.open(tmpdir) do |d|
p d.read # => "."
p d.read # => ".."
p d.read # => "test1.txt"
p d.read # => "test2.txt"
p d.read # => nil
end
end...

IO#read(length = nil, outbuf = "") -> String | nil (18131.0)

length バイト読み込んで、その文字列を返します。

...ただし、length に nil か 0 が指定されている場合は、空文字列 "" を返します。
例えば、open(空ファイル) {|f| f.read } は "" となります。

@param length 読み込むサイズを整数で指定します。
nil が指定された場合、EOF ま...
...全てのデータを読み込んで、その文字列を返します。

@param outbuf 出力用のバッファを文字列で指定します。IO#read は読み込んだ
データをその文字列オブジェクトに上書きして返します。指定し
た文字列...
...負の場合に発生します。

第二引数を指定した read の呼び出しでデータが空であった場合
(read が nil を返す場合)、outbuf は空文字列になります。

outbuf = "x" * 20;
io = File.open("/dev/null")
p io.read(10,outbuf)
p outbuf
=> nil
""...

StringIO#read -> String (18131.0)

自身から len バイト読み込んで返します。len が省略された場合は、最後まで読み込んで返します。 詳しい仕様は IO#read を参照して下さい。

...された場合は、最後まで読み込んで返します。
詳しい仕様は IO#read を参照して下さい。

@param len 読み込みたい長さを整数で指定します。詳しい仕様は IO#read を参照して下さい。

@param outbuf 読み込んだ文字列を出力するバッ...
...る場合、その文字列は一旦 length 長に拡張(あるいは縮小)されたあと、
実際に読み込んだデータのサイズになります。IO#read と同じです。

@raise IOError 自身が読み込み用にオープンされていなければ発生します。...

StringIO#read(len) -> String | nil (18131.0)

自身から len バイト読み込んで返します。len が省略された場合は、最後まで読み込んで返します。 詳しい仕様は IO#read を参照して下さい。

...された場合は、最後まで読み込んで返します。
詳しい仕様は IO#read を参照して下さい。

@param len 読み込みたい長さを整数で指定します。詳しい仕様は IO#read を参照して下さい。

@param outbuf 読み込んだ文字列を出力するバッ...
...る場合、その文字列は一旦 length 長に拡張(あるいは縮小)されたあと、
実際に読み込んだデータのサイズになります。IO#read と同じです。

@raise IOError 自身が読み込み用にオープンされていなければ発生します。...

StringIO#read(len, outbuf) -> String (18131.0)

自身から len バイト読み込んで返します。len が省略された場合は、最後まで読み込んで返します。 詳しい仕様は IO#read を参照して下さい。

...された場合は、最後まで読み込んで返します。
詳しい仕様は IO#read を参照して下さい。

@param len 読み込みたい長さを整数で指定します。詳しい仕様は IO#read を参照して下さい。

@param outbuf 読み込んだ文字列を出力するバッ...
...る場合、その文字列は一旦 length 長に拡張(あるいは縮小)されたあと、
実際に読み込んだデータのサイズになります。IO#read と同じです。

@raise IOError 自身が読み込み用にオープンされていなければ発生します。...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 3 ... > >>