るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
864件ヒット [1-100件を表示] (0.044秒)
トップページ > クエリ:rational[x]

別のキーワード

  1. _builtin rational
  2. rational **
  3. rationalize rational
  4. rational -
  5. rational *

ライブラリ

クラス

モジュール

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Rational#rationalize(eps = 0) -> Rational (27235.0)

自身から eps で指定した許容誤差の範囲に収まるような Rational を返 します。

... Rational を返
します。

eps を省略した場合は self を返します。

@param eps 許容する誤差

//emlist[例][ruby]{
r = Rational(5033165, 16777216)
r.rationalize # => (5033165/16777216)
r.rationalize(Rational(0.01)) # => (3/10)
r.rationalize(Rational(0.1))...

Float#rationalize -> Rational (18224.0)

自身から eps で指定した許容誤差の範囲に収まるような Rational を返 します。

...るような Rational を返
します。

eps を省略した場合は誤差が最も小さくなるような Rational を返しま
す。

@param eps 許容する誤差

//emlist[例][ruby]{
0.3.rationalize # => (3/10)
1.333.rationalize # => (1333/1000)
1.333.rationalize(0.01) # =...

Float#rationalize(eps) -> Rational (18224.0)

自身から eps で指定した許容誤差の範囲に収まるような Rational を返 します。

...るような Rational を返
します。

eps を省略した場合は誤差が最も小さくなるような Rational を返しま
す。

@param eps 許容する誤差

//emlist[例][ruby]{
0.3.rationalize # => (3/10)
1.333.rationalize # => (1333/1000)
1.333.rationalize(0.01) # =...

Complex#rationalize -> Rational (18219.0)

自身を Rational に変換します。

...自身を Rational に変換します。

@param eps 許容する誤差。常に無視されます。

@raise RangeError 虚部が実数か、0 ではない場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
Complex(3).to_r # => (3/1)
Complex(3, 2).to_r # => RangeError
//}...

Complex#rationalize(eps) -> Rational (18219.0)

自身を Rational に変換します。

...自身を Rational に変換します。

@param eps 許容する誤差。常に無視されます。

@raise RangeError 虚部が実数か、0 ではない場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
Complex(3).to_r # => (3/1)
Complex(3, 2).to_r # => RangeError
//}...

絞り込み条件を変える

Integer#rationalize -> Rational (18218.0)

自身を Rational に変換します。

...自身を Rational に変換します。

@param eps 許容する誤差

引数 eps は常に無視されます。

//emlist[][ruby]{
2.rationalize # => (2/1)
2.rationalize(100) # => (2/1)
2.rationalize(0.1) # => (2/1)
//}...

Integer#rationalize(eps) -> Rational (18218.0)

自身を Rational に変換します。

...自身を Rational に変換します。

@param eps 許容する誤差

引数 eps は常に無視されます。

//emlist[][ruby]{
2.rationalize # => (2/1)
2.rationalize(100) # => (2/1)
2.rationalize(0.1) # => (2/1)
//}...

NilClass#rationalize -> Rational (18202.0)

0/1 を返します。

...します。

@param eps 許容する誤差

引数 eps は常に無視されます。

//emlist[例][ruby]{
nil.rationalize # => (0/1)
nil.rationalize(100) # => (0/1)
nil.rationalize(0.1) # => (0/1)
//}...

NilClass#rationalize(eps) -> Rational (18202.0)

0/1 を返します。

...します。

@param eps 許容する誤差

引数 eps は常に無視されます。

//emlist[例][ruby]{
nil.rationalize # => (0/1)
nil.rationalize(100) # => (0/1)
nil.rationalize(0.1) # => (0/1)
//}...

Rational#floor(precision = 0) -> Integer | Rational (9197.0)

自身と等しいかより小さな整数のうち最大のものを返します。

...[ruby]{
Rational
(3).floor # => 3
Rational
(2, 3).floor # => 0
Rational
(-3, 2).floor # => -2
//}

Rational
#to_i とは違う結果を返す事に注意してください。

//emlist[例][ruby]{
Rational
(+7, 4).to_i # => 1
Rational
(+7, 4).floor # => 1
Rational
(-7, 4).to_i # => -1
Rational
(-7, 4...
... Rational を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational
('-123.456').floor(+1) # => (-247/2)
Rational
('-123.456').floor(+1).to_f # => -123.5
Rational
('-123.456').floor(0) # => -124
Rational
('-123.456').floor(-1) # => -130
//}

@see Rational#ceil, Rational#round, Rational#tr...

絞り込み条件を変える

Rational#round(precision = 0) -> Integer | Rational (9173.0)

自身ともっとも近い整数を返します。

...//emlist[例][ruby]{
Rational
(3).round # => 3
Rational
(2, 3).round # => 1
Rational
(-3, 2).round # => -2
//}

precision を指定した場合は指定した桁数の数値と、上述の性質に最も近い整
数か Rational を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational
('-123.456').round(+...
...1) # => (-247/2)
Rational
('-123.456').round(+1).to_f # => -123.5
Rational
('-123.456').round(0) # => -123
Rational
('-123.456').round(-1) # => -120
Rational
('-123.456').round(-2) # => -100
//}

@see Rational#ceil, Rational#floor, Rational#truncate...

Rational#truncate(precision = 0) -> Rational | Integer (9173.0)

小数点以下を切り捨てて値を整数に変換します。

...by]{
Rational
(2, 3).to_i # => 0
Rational
(3).to_i # => 3
Rational
(300.6).to_i # => 300
Rational
(98, 71).to_i # => 1
Rational
(-31, 2).to_i # => -15
//}

precision を指定した場合は指定した桁数で切り捨てた整数か
Rational
を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational
('-...
...123.456').truncate(+1) # => (-617/5)
Rational
('-123.456').truncate(+1).to_f # => -123.4
Rational
('-123.456').truncate(0) # => -123
Rational
('-123.456').truncate(-1) # => -120
//}

@see Rational#ceil, Rational#floor...

Rational#ceil(precision = 0) -> Integer | Rational (9167.0)

自身と等しいかより大きな整数のうち最小のものを返します。

...//emlist[例][ruby]{
Rational
(3).ceil # => 3
Rational
(2, 3).ceil # => 1
Rational
(-3, 2).ceil # => -1
//}

precision を指定した場合は指定した桁数の数値と、上述の性質に最も近い整
数か Rational を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational
('-123.456').ceil(+1...
...) # => (-617/5)
Rational
('-123.456').ceil(+1).to_f # => -123.4
Rational
('-123.456').ceil(0) # => -123
Rational
('-123.456').ceil(-1) # => -120
//}

@see Rational#floor, Rational#round, Rational#truncate...
<< 1 2 3 ... > >>