るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
987件ヒット [1-100件を表示] (0.205秒)
トップページ > クエリ:nil[x] > クエリ:DATA[x]

別のキーワード

  1. _builtin nil?
  2. nilclass nil?
  3. object nil?
  4. object nil
  5. _builtin nil

ライブラリ

モジュール

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Object::DATA -> File (18209.0)

スクリプトの __END__ プログラムの終り以降をアクセスする File オブジェクト。

...んでおくことができます。
DATA
定数はそのデータ部分にアクセスするための File オブジェクトを保持しています。

__END__ を含まないプログラムにおいては DATA は定義されません。

=== 注意

* DATA.rewind で移動する読みとり...
...ル ($0) を指します。

=== 例1
print DATA.gets # => 故人西辞黄鶴楼
print DATA.gets # => 烟花三月下揚州
print DATA.gets # => 孤帆遠影碧空尽
print DATA.gets # => 唯見長江天際流
DATA
.gets # => nil

__END__
故人西辞黄鶴楼...
...江天際流

=== 例2
sum = 0
DATA
.each_line do |line|
sum += line.to_i
end

DATA
.rewind
p DATA.gets # => "sum = 0¥n"

__END__
17
19
23
29
31

=== 例3
DATA
.gets # => uninitialized constant DATA (NameError)

=== 例4

ファイル...

ObjectSpace.#count_tdata_objects(result_hash = nil) -> Hash (6229.0)

T_DATA の種類ごとにオブジェクトの数を格納したハッシュを返します。

...T_DATA の種類ごとにオブジェクトの数を格納したハッシュを返します。

@param result_hash 戻り値のためのハッシュを指定します。省略した場合は新
しくハッシュを作成します。result_hash の内容は上書き...
...ObjectSpace.count_tdata_objects
# => {RubyVM::InstructionSequence=>504, :parser=>5, :barrier=>6,
:mutex=>6, Proc=>60, RubyVM::Env=>57, Mutex=>1, Encoding=>99,
ThreadGroup=>1, Binding=>1, Thread=>1, RubyVM=>1, :iseq=>1,
Random=>1, ARGF.class=>1, Data=>1, :autoload=>3, Tim...
...ラスオブジェクトです。それ
以外の内部的なオブジェクトの場合、キーはシンボルです。シンボルの値は
rb_data_type_struct に格納された名前が使用されます。

戻り値のハッシュは処理系に依存します。これは将来変更になる...

GC::Profiler.raw_data -> [Hash, ...] | nil (6224.0)

GC のプロファイル情報を GC の発生ごとに Hash の配列 (:GC_INVOKE_TIME が早いもの順)で返します。GC::Profiler が有効になっ ていない場合は nil を返します。

...(:GC_INVOKE_TIME が早いもの順)で返します。GC::Profiler が有効になっ
ていない場合は nil を返します。

例:

GC::Profiler.enable
GC.start
GC::Profiler.raw_data
# => [
{
:GC_TIME=>1.3000000000000858e-05,
:GC_INVOKE_TIME=>0.010634999999999999,...

Net::IMAP::ResponseCode#data -> object | nil (6208.0)

レスポンスコードのデータを返します。

...レスポンスコードのデータを返します。

レスポンスコードの種類によって返すオブジェクトは異なります。
ない場合は nil を返します。...

REXML::Entity#ndata -> String | nil (6207.0)

解析対象外実体(unparsed entity)宣言である場合には その記法名(notation name)を返します。

...解析対象外実体(unparsed entity)宣言である場合には
その記法名(notation name)を返します。

それ以外の場合は nil を返します。...

絞り込み条件を変える

IO#fdatasync -> 0 | nil (6201.0)

IO のすべてのバッファされているデータを直ちにディスクに書き込みます。

...直ちにディスクに書き込みます。

fdatasync(2) をサポートしていない OS 上では代わりに
IO#fsync を呼びだします。

IO#fsync との違いは fdatasync(2) を参照してください。

@raise NotImplementedError fdatasync(2) も fsync(2) も
サポートさ...
...れていない OS で発生します。

//emlist[例][ruby]{
require "tempfile"

Tempfile.open("testtmpfile") do |f|
f.print "test"
File.read(f.path) # => ""
f.fdatasync
File.read(f.path) # => "test"
end
//}...

REXML::CData.new(text, respect_whitespace = true, parent = nil) -> REXML::CData (3201.0)

text をテキストとして持つ CData オブジェクトを生成します。

...text をテキストとして持つ CData オブジェクトを生成します。

respect_whitespace に真を指定すると、text に含まれる空白文字は保存されます。
偽の場合は空白はまとめられます。

@param text テキスト文字列
@param respect_whitespace 空...
...Data.new("foo bar baz "))
doc.to_s # => "<root><![CDATA[foo bar baz ]]></root>\n"

doc = REXML::Document.new(<<EOS)
<root />
EOS
doc.root.add(REXML::CData.new("foo bar baz ", true))
doc.root.add(REXML::CData.new("foo bar baz ", false))
doc.to_s # => "<root><![CDATA[foo bar baz ]]><![CDATA...

WEBrick::HTTPUtils::FormData#[](header) -> String | nil (3133.0)

自身が multipart/form-data なデータの場合に、header で指定された ヘッダの値を文字列で返します。無ければ nil を返します。

...自身が multipart/form-data なデータの場合に、header で指定された
ヘッダの値を文字列で返します。無ければ nil を返します。

@param header ヘッダ名を文字列で指定します。大文字と小文字を区別しません。

例:

require "webrick/cgi...

Socket::AncillaryData#unix_rights -> [IO] | nil (3131.0)

Unix domain socket の SCM_RIGHTS 制御メッセージに含まれる ファイルディスクリプタを IO オブジェクトの配列として返します。

...ブジェクトの配列として返します。

得られる IO オブジェクトか IO か Socket です。

この配列は Socket::AncillaryData が初期化されたときに
作られます。例えば BasicSocket#recvmsg を :scm_rights => true
オプションを付けて呼びだし、
SC...
...このメソッドは nil を返します。

require 'socket'

# recvmsg needs :scm_rights=>true for unix_rights
s1, s2 = UNIXSocket.pair
p s1 #=> #<UNIXSocket:fd 3>
s1.sendmsg "stdin and a socket", 0, nil, Socket::AncillaryData.unix_rights(STDIN, s...
...cillaryData: UNIX SOCKET RIGHTS 6 7>
p ctl.unix_rights #=> [#<IO:fd 6>, #<Socket:fd 7>]
p File.identical?(STDIN, ctl.unix_rights[0]) #=> true
p File.identical?(s1, ctl.unix_rights[1]) #=> true

# If :scm_rights=>true is not given, unix_rights returns nil
s1,...

MatchData#[](n) -> String | nil (3127.0)

n 番目の部分文字列を返します。

...)。n 番目の要素が存在しない時には nil を返します。

@param n 返す部分文字列のインデックスを指定します。

//emlist[例][ruby]{
/(foo)(bar)(BAZ)?/ =~ "foobarbaz"
p $~.to_a # => ["foobar", "foo", "bar", nil]
p $~[0] # => "foobar"
p $~[1] #...
...=> "foo"
p $~[2] # => "bar"
p $~[3] # => nil (マッチしていない)
p $~[4] # => nil (範囲外)
p $~[-2] # => "bar"
//}...

絞り込み条件を変える

MatchData#begin(n) -> Integer | nil (3113.0)

n 番目の部分文字列先頭のオフセットを返します。

... nilを返します。

@param n 部分文字列を指定する数値。

@raise IndexError 範囲外の n を指定した場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
/(foo)(bar)(BAZ)?/ =~ "foobarbaz"
p $~.begin(0) # => 0
p $~.begin(1) # => 0
p $~.begin(2) # => 3
p $~.begin(3) # => nil...
...p $~.begin(4) # => `begin': index 4 out of matches (IndexError)
//}

@see MatchData#end...

MatchData#end(n) -> Integer | nil (3113.0)

n 番目の部分文字列終端のオフセットを返します。

... nil を返します。

@param n 部分文字列を指定する数値。

@raise IndexError 範囲外の n を指定した場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
/(foo)(bar)(BAZ)?/ =~ "foobarbaz"
p $~.end(0) # => 6
p $~.end(1) # => 3
p $~.end(2) # => 6
p $~.end(3) # => nil
p $~...
....end(4) # => `end': index 4 out of matches (IndexError)
//}

@see MatchData#begin...

MatchData#[](name) -> String | nil (3112.0)

name という名前付きグループにマッチした文字列を返します。

...m name 名前(シンボルか文字列)
@raise IndexError 指定した名前が正規表現内に含まれていない場合に発生します

//emlist[例][ruby]{
/\$(?<dollars>\d+)\.(?<cents>\d+)/.match("$3.67")[:cents] # => "67"
/(?<alpha>[a-zA-Z]+)|(?<num>\d+)/.match("aZq")[:num] # => nil
//}...
<< 1 2 3 ... > >>