るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
255件ヒット [1-100件を表示] (0.064秒)
トップページ > クエリ:map[x] > 種類:特異メソッド[x]

別のキーワード

  1. matrix map
  2. _builtin map
  3. _builtin flat_map
  4. set map!
  5. vector map

検索結果

<< 1 2 3 > >>

Net::IMAP.default_imap_port -> Integer (9101.0)

デフォルトの IMAP のポート番号(143)を返します。

...デフォルトの IMAP のポート番号(143)を返します。

@see Net::IMAP.default_tls_port...

Net::IMAP.default_imaps_port -> Integer (9101.0)

デフォルトの IMAPS のポート番号(993)を返します。

...デフォルトの IMAPS のポート番号(993)を返します。

@see Net::IMAP.default_port...

Shell::CommandProcessor.alias_map -> Hash (6102.0)

Shell::CommandProcessor.alias_command で定義したエイリアスの一覧を返します。

Shell::CommandProcessor.alias_command で定義したエイリアスの一覧を返します。

Encoding.locale_charmap -> String | nil (6101.0)

ロケールエンコーディングを決定するために用いる、locale charmap 名を返します。nl_langinfo 等がない環境では nil を、miniruby では ASCII_8BIT を返します。

...用いる、locale charmap 名を返します。nl_langinfo 等がない環境では nil を、miniruby では ASCII_8BIT を返します。

Debian GNU/Linux
LANG=C
Encoding.locale_charmap => "ANSI_X3.4-1968"
LANG=ja_JP.EUC-JP
Encoding.locale_charmap => "EUC-JP"

SunOS 5...
...LANG=C
Encoding.locale_charmap => "646"
LANG=ja
Encoding.locale_charmap => "eucJP"

@see charmap(5)...

Net::IMAP.default_port -> Integer (6001.0)

デフォルトの IMAP のポート番号(143)を返します。

...デフォルトの IMAP のポート番号(143)を返します。

@see Net::IMAP.default_tls_port...

絞り込み条件を変える

Net::IMAP.default_ssl_port -> Integer (6001.0)

デフォルトの IMAPS のポート番号(993)を返します。

...デフォルトの IMAPS のポート番号(993)を返します。

@see Net::IMAP.default_port...

Net::IMAP.default_tls_port -> Integer (6001.0)

デフォルトの IMAPS のポート番号(993)を返します。

...デフォルトの IMAPS のポート番号(993)を返します。

@see Net::IMAP.default_port...

Net::IMAP.new(host, options) -> Net::IMAP (3101.0)

新たな Net::IMAP オブジェクトを生成し、指定したホストの 指定したポートに接続し、接続語の IMAP オブジェクトを返します。

...新たな Net::IMAP オブジェクトを生成し、指定したホストの
指定したポートに接続し、接続語の IMAP オブジェクトを返します。

usessl が真ならば、サーバに繋ぐのに SSL/TLS を用います。
SSL/TLS での接続には OpenSSL と openssl が...
...れの :ssl パラメータを使うことで、OpenSSL のパラメータを詳細に
調整できます。



require 'net/imap'

imap = Net::IMAP.new('imap.example.com', :port => 993,
:ssl => { :verify_mode => OpenSSL::SSL::VERIFY_PEER,...

Net::IMAP.new(host, port = 143, usessl = false, certs = nil, verify = true) -> Net::IMAP (3101.0)

新たな Net::IMAP オブジェクトを生成し、指定したホストの 指定したポートに接続し、接続語の IMAP オブジェクトを返します。

...新たな Net::IMAP オブジェクトを生成し、指定したホストの
指定したポートに接続し、接続語の IMAP オブジェクトを返します。

usessl が真ならば、サーバに繋ぐのに SSL/TLS を用います。
SSL/TLS での接続には OpenSSL と openssl が...
...れの :ssl パラメータを使うことで、OpenSSL のパラメータを詳細に
調整できます。



require 'net/imap'

imap = Net::IMAP.new('imap.example.com', :port => 993,
:ssl => { :verify_mode => OpenSSL::SSL::VERIFY_PEER,...

Psych::Nodes::Mapping.new(anchor=nil, tag=nil, implicit=true, style=BLOCK) -> Psych::Nodes::Mapping (3101.0)

新たな mapping オブジェクトを生成します。

...新たな mapping オブジェクトを生成します。

anchor には mapping に付加されている anchor を文字列で指定します。
anchor を付けない場合には nil を指定します。

tag には mapping に付加されている tag を文字列で指定します。
tag を...
... mapping が implicit に開始されたかどうかを
真偽値で指定します。

style には YAML ドキュメント上の style を整数で指定します。以下のいずれ
かを指定できます。
* Psych::Nodes::Mapping::ANY
* Psych::Nodes::Mapping::BLOCK
* Psych::Nodes::Mapp...
...ing::FLOW

@param anchor mapping に付加された anchor
@param tag mapping に付加された tag
@param implicit mapping が implicit に開始されたかどうか
@param style YAML ドキュメント上の style...

絞り込み条件を変える

Exception2MessageMapper.Fail(klass = E2MM, exception_class = nil, *rest) -> () (3001.0)

登録されている情報を使用して、例外を発生させます。

...なるクラス名を指定します。

@param exception_class 例外クラス。

@param rest メッセージに埋め込む値。

@raise Exception2MessageMapper::ErrNotRegisteredException 指定された例外クラスに対応するメッセージが存在しない場合に発生します。...

Exception2MessageMapper.Raise(klass = E2MM, exception_class = nil, *rest) -> () (3001.0)

登録されている情報を使用して、例外を発生させます。

...なるクラス名を指定します。

@param exception_class 例外クラス。

@param rest メッセージに埋め込む値。

@raise Exception2MessageMapper::ErrNotRegisteredException 指定された例外クラスに対応するメッセージが存在しない場合に発生します。...

Exception2MessageMapper.def_e2message(klass, exception_class, message_format) -> Class (3001.0)

すでに存在する例外クラス exception_class に、 エラーメッセージ用フォーマット message_format を関連づけます。

すでに存在する例外クラス exception_class に、
エラーメッセージ用フォーマット message_format を関連づけます。

@param klass 一階層上となるクラス名を指定します。

@param exception_class メッセージを登録する例外クラスを指定します。

@param message_format メッセージのフォーマットを指定します。
Kernel.#sprintf のフォーマット文字列と同じ形式を使用できます。

@return exception_class を返します。

Exception2MessageMapper.def_exception(klass, exception_name, message_format, superklass = StandardError) -> Class (3001.0)

exception_name という名前の例外クラスを定義します。

exception_name という名前の例外クラスを定義します。

@param klass 一階層上となるクラス名を指定します。

@param exception_name 例外クラスの名前をシンボルで指定します。

@param message_format メッセージのフォーマットを指定します。
Kernel.#sprintf のフォーマット文字列と同じ形式を使用できます。

@param superklass 定義する例外クラスのスーパークラスを指定します。
省略すると StandardError を使用...

Exception2MessageMapper.e2mm_message(klass, exp) -> String | nil (3001.0)

@todo

@todo

@param klass

@param exp

絞り込み条件を変える

<< 1 2 3 > >>