るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
14件ヒット [1-14件を表示] (0.022秒)

別のキーワード

  1. kernel exec
  2. kernel spawn
  3. kernel system
  4. kernel open
  5. kernel gsub

ライブラリ

検索結果

URI.open(name, mode = 'r', perm = nil, options = {}) -> StringIO | Tempfile | IO (25.0)

name が http:// や https://、ftp:// で始まっている文字列なら URI のリソースを 取得した上で StringIO オブジェクトまたは Tempfile オブジェクトとして返します。 返されるオブジェクトは OpenURI::Meta モジュールで extend されています。

...tp:// や https://、ftp:// で始まっている文字列なら URI のリソースを
取得した上で StringIO オブジェクトまたは Tempfile オブジェクトとして返します。
返されるオブジェクトは OpenURI::Meta モジュールで extend されています。

name...
...、name はファイル名として扱われ、従来の
Kernel
.#open(name, *rest) が呼ばれます。

ブロックを与えた場合は上の場合と同様、name が http:// や https://、ftp:// で
始まっている文字列なら URI のリソースを取得した上で StringIO オブジ...
...は同様です。
引数のオブジェクトは OpenURI::Meta モジュールで extend されています。

@param name オープンしたいリソースを文字列で与えます。

@param mode モードを文字列で与えます。Kernel.#open と同じです。

@param perm open(2) の第...

URI.open(name, mode = 'r', perm = nil, options = {}) {|ouri| ...} -> object (25.0)

name が http:// や https://、ftp:// で始まっている文字列なら URI のリソースを 取得した上で StringIO オブジェクトまたは Tempfile オブジェクトとして返します。 返されるオブジェクトは OpenURI::Meta モジュールで extend されています。

...tp:// や https://、ftp:// で始まっている文字列なら URI のリソースを
取得した上で StringIO オブジェクトまたは Tempfile オブジェクトとして返します。
返されるオブジェクトは OpenURI::Meta モジュールで extend されています。

name...
...、name はファイル名として扱われ、従来の
Kernel
.#open(name, *rest) が呼ばれます。

ブロックを与えた場合は上の場合と同様、name が http:// や https://、ftp:// で
始まっている文字列なら URI のリソースを取得した上で StringIO オブジ...
...は同様です。
引数のオブジェクトは OpenURI::Meta モジュールで extend されています。

@param name オープンしたいリソースを文字列で与えます。

@param mode モードを文字列で与えます。Kernel.#open と同じです。

@param perm open(2) の第...