るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
27件ヒット [1-27件を表示] (0.023秒)
トップページ > クエリ:getlocal[x]

別のキーワード

  1. time getlocal
  2. _builtin getlocal
  3. getlocal time
  4. getlocal _builtin

ライブラリ

クラス

検索結果

Time#getlocal -> Time (18114.0)

タイムゾーンを地方時に設定した Time オブジェクトを新しく生成 して返します。

...-01 20:15:01 UTC
p t.utc? # => true
p l = t.getlocal # => 2000-01-02 05:15:01 +0900
p l.utc? # => false
p t == l # => true
p j = t.getlocal("+09:00") # => 2000-01-02 05:15:01 +0900
p j.utc?...

Time#getlocal(utc_offset) -> Time (18114.0)

タイムゾーンを地方時に設定した Time オブジェクトを新しく生成 して返します。

...-01 20:15:01 UTC
p t.utc? # => true
p l = t.getlocal # => 2000-01-02 05:15:01 +0900
p l.utc? # => false
p t == l # => true
p j = t.getlocal("+09:00") # => 2000-01-02 05:15:01 +0900
p j.utc?...

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (12.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...roup への Thread 追加/削除を(freeze せずに)禁止します。

=== Time

: ((<Time#getgm|Time/getgm>)) [new]
: ((<Time#getlocal|Time/getlocal>)) [new]
: ((<Time#getutc|Time/getutc>)) [new]
: ((<Time#gmt_offset|Time/gmt_offset>)) [new]
: ((<Time#gmtoff|Time/gmtoff>))...

NEWS for Ruby 2.6.0 (6.0)

NEWS for Ruby 2.6.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...
* Struct#filter が Struct#select の別名として追加されました。 13784

* Time
* 新機能
* Time.new と Time#getlocal が UTC オフセット文字列と同様に
タイムゾーンオブジェクトを受け付けるようになりました。Time#+,...