るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
1415件ヒット [1-100件を表示] (0.033秒)

別のキーワード

  1. csv filter
  2. tracer add_filter
  3. socket so_detach_filter
  4. socket so_attach_filter
  5. filter new

ライブラリ

モジュール

オブジェクト

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Shell::Filter#>(to) -> self (21112.0)

toをフィルタの出力とする。 toが, 文字列ならばファイルに, IOオブジェクトであれ ばそれをそのまま出力とする。

...ルに,IOオブジェクトならばそれに出力します。

使用例
require 'shell'
Shell.def_system_command("tail")
sh = Shell.new
sh.transact {
(sh.tail("-n 3") < "/etc/passwd") > File.open("tail.out", "w")
#(sh.tail("-n 3") < "/etc/passwd") > "tail.out" # と同じ.
}...

URI::LDAP#filter -> String (18217.0)

自身の filter を文字列で返します。

...自身の filter を文字列で返します。...

Enumerable#filter -> Enumerator (18214.0)

各要素に対してブロックを評価した値が真であった要素を全て含む配列を 返します。真になる要素がひとつもなかった場合は空の配列を返します。

....10).find_all # => #<Enumerator: 1..10:find_all>
(1..10).find_all { |i| i % 3 == 0 } # => [3, 6, 9]

[1,2,3,4,5].select # => #<Enumerator: [1, 2, 3, 4, 5]:select>
[1,2,3,4,5].select { |num| num.even? } # => [2, 4]

@see Enumerable#reject
@see En...

Enumerable#filter {|item| ... } -> [object] (18214.0)

各要素に対してブロックを評価した値が真であった要素を全て含む配列を 返します。真になる要素がひとつもなかった場合は空の配列を返します。

....10).find_all # => #<Enumerator: 1..10:find_all>
(1..10).find_all { |i| i % 3 == 0 } # => [3, 6, 9]

[1,2,3,4,5].select # => #<Enumerator: [1, 2, 3, 4, 5]:select>
[1,2,3,4,5].select { |num| num.even? } # => [2, 4]

@see Enumerable#reject
@see En...

Array#filter -> Enumerator (18208.0)

各要素に対してブロックを評価した値が真であった要素を全て含む配列を 返します。真になる要素がひとつもなかった場合は空の配列を返します。

...ロックを評価し
真になった値の配列を返すような Enumerator を返します。

//emlist[][ruby]{
[1,2,3,4,5].select # => #<Enumerator: [1, 2, 3, 4, 5]:select>
[1,2,3,4,5].select { |num| num.even? } # => [2, 4]
//}
@see Enumerable#select
@see Array#select!...

絞り込み条件を変える

Array#filter {|item| ... } -> [object] (18208.0)

各要素に対してブロックを評価した値が真であった要素を全て含む配列を 返します。真になる要素がひとつもなかった場合は空の配列を返します。

...ロックを評価し
真になった値の配列を返すような Enumerator を返します。

//emlist[][ruby]{
[1,2,3,4,5].select # => #<Enumerator: [1, 2, 3, 4, 5]:select>
[1,2,3,4,5].select { |num| num.even? } # => [2, 4]
//}
@see Enumerable#select
@see Array#select!...

Hash#filter -> Enumerator (18208.0)

key, value のペアについてブロックを評価し,真となるペアだけを含む ハッシュを生成して返します。

...るペアだけを含む
ハッシュを生成して返します。

h = { "a" => 100, "b" => 200, "c" => 300 }
h.select {|k,v| k > "a"} #=> {"b" => 200, "c" => 300}
h.select {|k,v| v < 200} #=> {"a" => 100}...

Hash#filter {|key, value| ... } -> Hash (18208.0)

key, value のペアについてブロックを評価し,真となるペアだけを含む ハッシュを生成して返します。

...るペアだけを含む
ハッシュを生成して返します。

h = { "a" => 100, "b" => 200, "c" => 300 }
h.select {|k,v| k > "a"} #=> {"b" => 200, "c" => 300}
h.select {|k,v| v < 200} #=> {"a" => 100}...

Enumerator::Lazy#filter {|item| ... } -> Enumerator::Lazy (18207.0)

Enumerable#select と同じですが、配列ではなくEnumerator::Lazy を返します。

...を指定しなかった場合に発生します。

例:
1.step.lazy.find_all { |i| i.even? }
# => #<Enumerator::Lazy: #<Enumerator::Lazy: #<Enumerator: 1:step>>:find_all>

1.step.lazy.select { |i| i.even? }.take(10).force
# => [2, 4, 6, 8, 10, 12, 14, 16, 18, 20]

@see Enumerable#select...

ENV.filter -> Enumerator (18202.0)

環境変数名と値についてブロックを評価し、真を返したものを集めたハッシュ を返します。

環境変数名と値についてブロックを評価し、真を返したものを集めたハッシュ
を返します。

絞り込み条件を変える

ENV.filter {|key, value| ... } -> Hash (18202.0)

環境変数名と値についてブロックを評価し、真を返したものを集めたハッシュ を返します。

環境変数名と値についてブロックを評価し、真を返したものを集めたハッシュ
を返します。

Struct#filter -> Enumerator (18202.0)

構造体のメンバの値に対してブロックを評価した値が真であった要素を全て含 む配列を返します。真になる要素がひとつもなかった場合は空の配列を返しま す。

...merator を返します。

Lots = Struct.new(:a, :b, :c, :d, :e, :f)
l = Lots.new(11, 22, 33, 44, 55, 66)
l.select {|v| (v % 2).zero? } #=> [22, 44, 66]

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び
出す事を想定していま...

Struct#filter {|i| ... } -> [object] (18202.0)

構造体のメンバの値に対してブロックを評価した値が真であった要素を全て含 む配列を返します。真になる要素がひとつもなかった場合は空の配列を返しま す。

...merator を返します。

Lots = Struct.new(:a, :b, :c, :d, :e, :f)
l = Lots.new(11, 22, 33, 44, 55, 66)
l.select {|v| (v % 2).zero? } #=> [22, 44, 66]

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び
出す事を想定していま...

CSV.filter(input, options = Hash.new) {|row| ... } (18121.0)

このメソッドは CSV データに対して Unix のツール群のようなフィルタを構築 するのに便利です。

...o "header1,header2\nrow1_1,row1_2" > in.csv; ruby test.rb in.csv

require "csv"

options = { headers: true, return_headers: true, write_headers: true }

CSV.filter(options) do |row|
if row.header_row?
row << "header3"
next
end
row << "row1_3"
end

# => header1,header2,header3
# row1_1,...
..._headers: true, write_headers: true }

CSV.filter(File.open("test.csv"), File.open("out.csv", "w"), options) do |row|
if row.header_row?
row << "full name"
next
end
row << row["first name"] + " " + row["last name"]
end

# out.csv の内容
# => id,first name,last name,age,full name
#...

CSV.filter(input, output, options = Hash.new) {|row| ... } (18121.0)

このメソッドは CSV データに対して Unix のツール群のようなフィルタを構築 するのに便利です。

...o "header1,header2\nrow1_1,row1_2" > in.csv; ruby test.rb in.csv

require "csv"

options = { headers: true, return_headers: true, write_headers: true }

CSV.filter(options) do |row|
if row.header_row?
row << "header3"
next
end
row << "row1_3"
end

# => header1,header2,header3
# row1_1,...
..._headers: true, write_headers: true }

CSV.filter(File.open("test.csv"), File.open("out.csv", "w"), options) do |row|
if row.header_row?
row << "full name"
next
end
row << row["first name"] + " " + row["last name"]
end

# out.csv の内容
# => id,first name,last name,age,full name
#...

絞り込み条件を変える

CSV.filter(options = Hash.new) {|row| ... } (18121.0)

このメソッドは CSV データに対して Unix のツール群のようなフィルタを構築 するのに便利です。

...o "header1,header2\nrow1_1,row1_2" > in.csv; ruby test.rb in.csv

require "csv"

options = { headers: true, return_headers: true, write_headers: true }

CSV.filter(options) do |row|
if row.header_row?
row << "header3"
next
end
row << "row1_3"
end

# => header1,header2,header3
# row1_1,...
..._headers: true, write_headers: true }

CSV.filter(File.open("test.csv"), File.open("out.csv", "w"), options) do |row|
if row.header_row?
row << "full name"
next
end
row << row["first name"] + " " + row["last name"]
end

# out.csv の内容
# => id,first name,last name,age,full name
#...

Shell::Filter#>>(to) -> self (9100.0)

toをフィルタに追加する。 toが, 文字列ならばファイルに, IOオブジェクトであれば それをそのまま出力とする。

...IOオブジェクトならばそれに出力します。

使用例
require 'shell'
Shell.def_system_command("tail")
sh = Shell.new
sh.transact {
(sh.tail("-n 3") < "/etc/passwd") >> "tail.out"
#(sh.tail("-n 3") < "/etc/passwd") >> File.open("tail.out", "w") # でも同じ。
}...

Socket::Constants::SO_ATTACH_FILTER -> Integer (6223.0)

Attach socket filter。 BasicSocket#getsockopt, BasicSocket#setsockopt の第2引数(optname)に使用します。

...Attach socket filter
BasicSocket#getsockopt, BasicSocket#setsockopt
の第2引数(optname)に使用します。

@see socket(7linux), http://git.kernel.org/?p=linux/kernel/git/torvalds/linux.git;a=blob;f=Documentation/networking/filter.txt;hb=HEAD,
Socket::Constants::SOL_SOCKET...

Socket::Constants::SO_DETACH_FILTER -> Integer (6223.0)

Detach socket filter。 BasicSocket#getsockopt, BasicSocket#setsockopt の第2引数(optname)に使用します。

...Detach socket filter
BasicSocket#getsockopt, BasicSocket#setsockopt
の第2引数(optname)に使用します。

@see socket(7linux), http://git.kernel.org/?p=linux/kernel/git/torvalds/linux.git;a=blob;f=Documentation/networking/filter.txt;hb=HEAD,
Socket::Constants::SOL_SOCKET...

Socket::SO_ATTACH_FILTER -> Integer (6223.0)

Attach socket filter。 BasicSocket#getsockopt, BasicSocket#setsockopt の第2引数(optname)に使用します。

...Attach socket filter
BasicSocket#getsockopt, BasicSocket#setsockopt
の第2引数(optname)に使用します。

@see socket(7linux), http://git.kernel.org/?p=linux/kernel/git/torvalds/linux.git;a=blob;f=Documentation/networking/filter.txt;hb=HEAD,
Socket::Constants::SOL_SOCKET...

絞り込み条件を変える

Socket::SO_DETACH_FILTER -> Integer (6223.0)

Detach socket filter。 BasicSocket#getsockopt, BasicSocket#setsockopt の第2引数(optname)に使用します。

...Detach socket filter
BasicSocket#getsockopt, BasicSocket#setsockopt
の第2引数(optname)に使用します。

@see socket(7linux), http://git.kernel.org/?p=linux/kernel/git/torvalds/linux.git;a=blob;f=Documentation/networking/filter.txt;hb=HEAD,
Socket::Constants::SOL_SOCKET...

Socket::Constants::SO_ACCEPTFILTER -> Integer (6216.0)

set accept filter on listening socket。 BasicSocket#getsockopt, BasicSocket#setsockopt の第2引数(optname)に使用します。

...set accept filter on listening socket。
BasicSocket#getsockopt, BasicSocket#setsockopt
の第2引数(optname)に使用します。

@see getsockopt(2freebsd), Socket::Constants::SOL_SOCKET...

Socket::SO_ACCEPTFILTER -> Integer (6216.0)

set accept filter on listening socket。 BasicSocket#getsockopt, BasicSocket#setsockopt の第2引数(optname)に使用します。

...set accept filter on listening socket。
BasicSocket#getsockopt, BasicSocket#setsockopt
の第2引数(optname)に使用します。

@see getsockopt(2freebsd), Socket::Constants::SOL_SOCKET...

ENV.filter! -> Enumerator (6208.0)

キーと値を引数としてブロックを評価した結果が真であ るような要素を環境変数に残します。

...ックを評価した結果が真であ
るような要素を環境変数に残します。

keep_if は常に self を返します。
select! と filter! はオブジェクトが変更された場合に self を、
されていない場合に nil を返します。

ブロックが省略された...

ENV.filter! {|key, value| ... } -> ENV | nil (6208.0)

キーと値を引数としてブロックを評価した結果が真であ るような要素を環境変数に残します。

...ックを評価した結果が真であ
るような要素を環境変数に残します。

keep_if は常に self を返します。
select! と filter! はオブジェクトが変更された場合に self を、
されていない場合に nil を返します。

ブロックが省略された...

絞り込み条件を変える

Hash#filter! -> Enumerator (6208.0)

キーと値を引数としてブロックを評価した結果が真であるような要素を self に残します。

...数としてブロックを評価した結果が真であるような要素を self
に残します。

keep_if は常に self を返します。
filter
! と select! はオブジェクトが変更された場合に self を、
されていない場合に nil を返します。

ブロックが与え...
...> #<Enumerator: {0=>"a", 1=>"b", 2=>"c", 3=>"d", 4=>"e", 5=>"f", 6=>"g"}:select!>

h1.select! { |k, v| k % 3 == 0 } # => {0=>"a", 3=>"d", 6=>"g"}
h1.select! { |k, v| true } # => nil
h2.keep_if { |k, v| k % 3 == 0 } # => {0=>"a", 3=>"d", 6=>"g"}
h2.keep_if { |k, v| true } # =>...
...{0=>"a", 3=>"d", 6=>"g"}

@see Hash#select, Hash#delete_if,Hash#reject!...

Hash#filter! {|key, value| ... } -> self | nil (6208.0)

キーと値を引数としてブロックを評価した結果が真であるような要素を self に残します。

...数としてブロックを評価した結果が真であるような要素を self
に残します。

keep_if は常に self を返します。
filter
! と select! はオブジェクトが変更された場合に self を、
されていない場合に nil を返します。

ブロックが与え...
...> #<Enumerator: {0=>"a", 1=>"b", 2=>"c", 3=>"d", 4=>"e", 5=>"f", 6=>"g"}:select!>

h1.select! { |k, v| k % 3 == 0 } # => {0=>"a", 3=>"d", 6=>"g"}
h1.select! { |k, v| true } # => nil
h2.keep_if { |k, v| k % 3 == 0 } # => {0=>"a", 3=>"d", 6=>"g"}
h2.keep_if { |k, v| true } # =>...
...{0=>"a", 3=>"d", 6=>"g"}

@see Hash#select, Hash#delete_if,Hash#reject!...

Array#filter! -> Enumerator (6202.0)

ブロックが false を返した要素を自身から削除します。 変更があった場合は self を、 変更がなかった場合には nil を返します。

...場合は self を、
変更がなかった場合には nil を返します。

a = %w{ a b c d e f }
a.select! {|v| v =~ /[a-z]/ } # => nil
a # => ["a", "b", "c", "d", "e", "f"]

ブロックが与えられなかった場合は、自身と select! から生成した
Enumerator オブジ...

Array#filter! {|item| block } -> self | nil (6202.0)

ブロックが false を返した要素を自身から削除します。 変更があった場合は self を、 変更がなかった場合には nil を返します。

...場合は self を、
変更がなかった場合には nil を返します。

a = %w{ a b c d e f }
a.select! {|v| v =~ /[a-z]/ } # => nil
a # => ["a", "b", "c", "d", "e", "f"]

ブロックが与えられなかった場合は、自身と select! から生成した
Enumerator オブジ...

MiniTest.filter_backtrace(backtrace) -> Array (6201.0)

バックトレースからこのライブラリに関する部分を取り除いた結果を返します。

バックトレースからこのライブラリに関する部分を取り除いた結果を返します。

@param backtrace バックトレースを指定します。

絞り込み条件を変える

OptionParser::ParseError.filter_backtrace(array) -> [String] (6201.0)

array で指定されたバックトレースから optparse ライブラリに関する行を除 外します。

array で指定されたバックトレースから optparse ライブラリに関する行を除
外します。

デバッグモード($DEBUGが真)の場合は何もしません。

@param array バックトレースを文字列の配列で指定します。

@return array を返します。

Set#filter! {|element| ... } -> self | nil (6201.0)

各要素に対してブロックを評価し、その結果が偽であった要素を self から削除します。

各要素に対してブロックを評価し、その結果が偽であった要素を self から削除します。

@return 変更があった場合は self を、変更がなかった場合は nil を返します。

Socket::Constants::IP_MSFILTER -> Integer (6200.0)

@todo Multicast source filtering

...@todo
Multicast source filtering...
<< 1 2 3 ... > >>