るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
109件ヒット [1-100件を表示] (0.028秒)
トップページ > クエリ:drb[x] > クエリ:thread[x]

別のキーワード

  1. drb here?
  2. drb front
  3. drb uri
  4. drb config

検索結果

<< 1 2 > >>

drb (38132.0)

分散オブジェクトプログラミングのためのライブラリです。

...ができます。これらはすべて透過的に行われます。

リモートプロセスにあるオブジェクトはローカルには DRb::DRbObject の
インスタンスとして表現されます。このオブジェクトはリモートオブジェクトの
proxy のように振舞...
...、すべては実行時に解決されます。

リモートプロセスからのメソッド呼出しはそれを受け取ったプロセスの
DRb
::DRbServer オブジェクトが処理します。
受け取ったメッセージからメソッド呼出し情報を取り出し、ローカルに...
...バを起動する
DRb
.start_service(SERVER_URI, FRONT_OBJECT, :safe_level => 1)
# DRb のスレッドが終了するのを待つ
DRb
.thread.join

==== クライアント側コード
require 'drb/drb'

# 接続先の URI
SERVER_URI="druby://localhost:8787"

# DRbサーバを起動...

DRb.#thread -> Thread|nil (35208.0)

プライマリサーバが動作しているスレッドを返します。

...プライマリサーバが動作しているスレッドを返します。

プライマリサーバが存在しない場合は nil を返します。

@see DRb.#primary_server...

DRb::DRbServer#thread -> Thread (32202.0)

サーバのメインスレッドを返します。

サーバのメインスレッドを返します。

このスレッドはクライアントからの接続を受け付けるスレッドであって、
クライアントへの応答をするスレッドではありません。

drb/extservm (6214.0)

DRb::ExtServManager を定義しているライブラリ。

...DRb::ExtServManager を定義しているライブラリ。

DRb
::ExtServManager は drb で実現されたサービスブローカーです。
個々のサービスは drb/extserv で定義されている
DRb
::ExtServ を用いて実装します。
DRb
::ExtServManager
はクライアントの要求...
...に応じて個々のサービスを
サブプロセスとして起動し、各サービスを表す DRb::ExtServ オブジェクト
をリモートオブジェクトとしてクライアントに渡します。

このライブラリは簡易的なもので、あまりメンテナンスもされて...
...ブジェクトを生成して
# drb の front object に指定する
s = DRb::ExtServManager.new
DRb
.start_service("druby://localhost:10234", s)

# drb のプロセスの終了を待つ
DRb
.thread.join

service.rb:
require 'drb/drb'
require 'drb/extserv'

# サービスを表す...

drb/gw (6214.0)

drb 通信を中継するゲートウェイ(DRb::GW)と、 中継に必要なオブジェクト識別子変換クラス(DRb::GWIdConv)、 および DRb::DRbObject への拡張が含まれています。

...drb 通信を中継するゲートウェイ(DRb::GW)と、
中継に必要なオブジェクト識別子変換クラス(DRb::GWIdConv)、
および DRb::DRbObject への拡張が含まれています。

このライブラリを利用することで直接通信することが不可能であるよう...
...プロセスを経て drb によりやりとりできるようになります。

drb
による通信とは、オブジェクトをプロセス間でやりとりすること、
およびそのメソッドを呼び出すことです。
中継プロセスが保持している DRb::GW オブジェク...
...re 'drb/drb'
require 'drb/gw'
require 'drb/unix'

DRb
.install_id_conv(DRb::GWIdConv.new)

front = DRb::GW.new

s1 = DRb::DRbServer.new('drbunix:/tmp/gw_b_a', front)
s2 = DRb::DRbServer.new('drbunix:/tmp/gw_b_c', front)

s1.thread.join
s2.thread.join

gw_a.rb
require 'drb/un...

絞り込み条件を変える

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (132.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...=== Thread

: ((<Thread#keys|Thread/keys>)) [new]
追加。Thread固有データのキーの配列を返します。


: ((<Thread#terminate|Thread/terminate>)) [new]

追加。Thread#kill と同じ。

: ((<Thread#group|Thread/group>)) [new]
追加

=== ThreadGroup

: ((<ThreadGroup#enc...
...lose|ThreadGroup/enclose>)) [new]
: ((<ThreadGroup#enclosed?|ThreadGroup/enclosed?>)) [new]

追加 ((<ruby-dev:20655>))

Thread
Group への Thread 追加/削除を(freeze せずに)禁止します。

=== Time

: ((<Time#getgm|Time/getgm>)) [new]
: ((<Time#getlocal|Time/getlocal>))...
...: ((<csv>)) [lib], [new]

追加。

: ((<tk|tk>)) [lib], [change]

Ruby/Tk に多数の修正が入りました。((<ruby-list:37798>))

: ((<drb>)) [lib] [new]

dRuby 追加。((<ruby-dev:20363>))

: ((<rexml>)) [lib],[new]

追加

: ((<yaml|YAML>)) [new]

追加。YAML は、YAML Ain...

rinda/rinda (96.0)

Rubyで実装されたタプルスペース(Tuple Space)を扱うためのライブラリです。

... DRb.uri を使うことで rindac.rb のプロセスを
一意に同定しているからです。

# rinda_ts.rb
require 'drb/drb'
require 'rinda/tuplespace'

uri = ARGV.shift
DRb
.start_service(uri, Rinda::TupleSpace.new)
puts DRb.uri
DRb
.thread.join


# rindas.rb
require 'drb/...
...drb'
require 'rinda/rinda'

def do_it(v)
puts "do_it(#{v})"
v + v
end

uri = ARGV.shift || raise("usage: #{$0} <server_uri>")

DRb
.start_service
ts = Rinda::TupleSpaceProxy.new(DRbObject.new(nil, uri))

while true
r = ts.take(['sum', nil, nil])
v = do_it(r[2])...
...e 'drb/drb'
require 'rinda/rinda'

uri = ARGV.shift || raise("usage: #{$0} <server_uri>")

DRb
.start_service
ts = Rinda::TupleSpaceProxy.new(DRbObject.new(nil, uri))

(1..10).each do |n|
ts.write(['sum', DRb.uri, n])
end

(1..10).each do |n|
ans = ts.take(['ans', DRb.ur...

NEWS for Ruby 3.1.0 (60.0)

NEWS for Ruby 3.1.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...#18254]]
* Thread
* Thread#native_thread_id is added. [[Feature #17853]]
* Thread::Backtrace
* Thread::Backtrace.limit, which returns the value to limit backtrace length set by `--backtrace-limit` command line option, is added. [[Feature #17479]]
* Thread::Queue
* Thread::Queue.new...
..., receive the original IO object where possible. [[Bug #18003]]
* Make `Monitor` fiber-safe. [[Bug #17827]]
* Replace copy coroutine with pthread implementation. [[Feature #18015]]
* Refinement
* New class which represents a module created by Module#refine. `include` and `prepend` are...
...0.2.0
* bigdecimal 3.1.1
* bundler 2.3.3
* cgi 0.3.1
* csv 3.2.2
* date 3.2.2
* did_you_mean 1.6.1
* digest 3.1.0
* drb 2.1.0
* erb 2.2.3
* error_highlight 0.3.0
* etc 1.3.0
* fcntl 1.0.1
* fiddle 1.1.0
* fileutils 1.6.0
* find 0.1.1
*...

ruby 1.8.4 feature (54.0)

ruby 1.8.4 feature ruby 1.8.4 での ruby 1.8.3 からの変更点です。

...feature/Array#fill [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/String#scan [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/File.join [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/Thread#pass [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/Module#const_missing [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/IO [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/添付ライ...
...lk:169307>))

: set_trace_func [change]

#Mon Sep 26 22:32:13 2005 Yukihiro Matsumoto <matz@ruby-lang.org>
#
# * eval.c (set_trace_func): add rb_secure(4) to prevent adding
# tracing function.

$SAFE=4でtrace_funcの追加を禁止。

: printf [bug]

#Wed Dec 7 15:31:35 2005...
...(<ruby-core:06326>))

: Thread#pass [bug]

#Sun Oct 16 03:38:07 2005 Yukihiro Matsumoto <matz@ruby-lang.org>
#
# * eval.c (load_wait): need not to call rb_thread_schedule()
# explicitly. [ruby-core:04039]
#
# * eval.c (rb_thread_schedule): clear rb_thread_critical.
# [...

NEWS for Ruby 2.3.0 (36.0)

NEWS for Ruby 2.3.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...t show each method (show block lines directly).
TracePoint also ignores these calls.
11569

* Queue (Thread::Queue)
* 終了を通知するために Queue#close(Thread::Queue#close) を追加
10600

* Regexp/String: Unicode のバージョンを 7.0.0 から 8.0.0 に更新...
...encoding` オプションが追加されました
11785

* Struct
* Struct#dig を追加
11688

* Thread
* スレッド名を扱うために Thread#name, Thread#name= を追加
11251

=== 組み込みクラスの互換性 (機能追加とバグ修正を除く)

* Arra...
...ングされていない入力だけでなく正しくパディングされた入力も受け付けるようになりました。
10740

* drb
* 使用していない引数を削除しました。
https://github.com/ruby/ruby/pull/515

* matrix
* Vector#roundを追加。...

絞り込み条件を変える

NEWS for Ruby 2.5.0 (36.0)

NEWS for Ruby 2.5.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...323

* IOError
* IO#close 以前は"stream closed"というメッセージの例外が発生していましたが、"stream closed in another thread"というメッセージに改良しました。
このメッセージはユーザーにとってわかりやすいでしょう。 13405...
...のバージョンを 9.0.0 から 10.0.0 に更新しました。 13685

* Thread
* Thread#name= で設定した名前が Windows 10 で見えるようになりました
* Thread#fetch を追加 13009
* Thread.report_on_exception のデフォルト値がtrueになりました。...
...verage.result も旧フォーマットを返します。
//emlist[][ruby]{
Coverage.result
#=> { "/path/to/file.rb"=> [1, 2, 0, nil, ...] }
//}

* drb
* ACL::ACLEntry.new は IPAddr::InvalidPrefixError を抑制しなくなりました

* erb
* ERB#result_with_hash を追加。
...

NEWS for Ruby 3.0.0 (36.0)

NEWS for Ruby 3.0.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...M1.include M2
p C.ancestors #=> [C, M1, M2, Object, Kernel, BasicObject]
//}

* Mutex
* `Mutex` is now acquired per-`Fiber` instead of per-`Thread`. This change should be compatible for essentially all usages and avoids blocking when using a scheduler. 16792
* Proc
* Proc#== and Proc#eq...
...* Fiber.blocking? tells whether the current execution context is blocking. 16786
* Thread#join invokes the scheduler hooks `block`/`unblock` in a non-blocking execution context. 16786
* Thread
* Thread.ignore_deadlock accessor has been added for disabling the default deadlock detection,...
...sues

* Default gems
* The following libraries are promoted to default gems from stdlib.
* English
* abbrev
* base64
* drb
* debug
* erb
* find
* net-ftp
* net-http
* net-imap
* net-protocol
* open-uri
* optparse...

Ruby用語集 (30.0)

Ruby用語集 A B C D E F G I J M N O R S Y

...うち、アンインストールできないもの。

→ bundled gem、標準添付ライブラリー

: dRuby
標準添付ライブラリー drb によって提供される分散オブジェクトプログラミングの
ための仕組み。
何らかの通信手段(TCPSocket や UNIX...
...

↔サブクラス

→継承

: スレッド
: thread
同時に存在して並行的に実行されうる制御の流れ。スレッド間でメモリーは共有される。

参照:spec/thread

: スレッドセーフ
: thread safe
複数のスレッドが並行に実行されて...
...も問題が起きないこと。

: スレッドローカル
: thread local
変数のスコープなどがスレッドごとに別々であること。

例えば特殊変数のうち $0(現在実行中のスクリプトのファイル名)は
グローバルスコープであり、どの...
<< 1 2 > >>