るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
7133件ヒット [1-100件を表示] (0.043秒)
トップページ > クエリ:constants[x]

別のキーワード

  1. _builtin constants
  2. module constants
  3. constants rdwr
  4. constants null
  5. constants excl

ライブラリ

クラス

モジュール

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Module#constants(inherit = true) -> [Symbol] (18161.0)

そのモジュール(またはクラス)で定義されている定数名の配列を返します。

...ます。
Object のサブクラスの場合、Objectやそのスーパークラスで定義されている
定数は含まれません。 Object.constants とすると Object クラスで定義された
定数の配列が得られます。

得られる定数の順序は保証されません。

@p...
...dule.constants, Kernel.#local_variables, Kernel.#global_variables, Object#instance_variables, Module#class_variables

//emlist[Module.constants と Module#constants の違い][ruby]{
# 出力の簡略化のため起動時の定数一覧を取得して後で差し引く
$clist = Module.constants

cla...
...s Bar
BAR = 1

# Bar は BAR を含む
p constants # => [:BAR]
# 出力に FOO は含まれない
p Module.constants - $clist # => [:BAR, :Bar, :Foo]
class Baz
# Baz は定数を含まない
p constants # => []

# ネス...

Module.constants -> [Symbol] (18113.0)

このメソッドを呼び出した時点で参照可能な定数名の配列を返します。

...配列を返します。

//emlist[例][ruby]{
class C
FOO = 1
end
p Module.constants # => [:RUBY_PLATFORM, :STDIN, ..., :C, ...]
# 出力中に :FOO は現われない
//}

@see Module#constants, Kernel.#local_variables, Kernel.#global_variables, Object#instance_variables,...

RDoc::Context#constants -> [RDoc::Constant] (18101.0)

追加された RDoc::Constant の配列を返します。

追加された RDoc::Constant の配列を返します。

GC::INTERNAL_CONSTANTS -> {Symbol => Integer} (6107.0)

GC用内部定数の値を保持するハッシュテーブルです。

...GC用内部定数の値を保持するハッシュテーブルです。

GC::INTERNAL_CONSTANTS
# => {:RVALUE_SIZE=>40, :HEAP_PAGE_OBJ_LIMIT=>408, :HEAP_PAGE_BITMAP_SIZE=>56, :HEAP_PAGE_BITMAP_PLANES=>4}...

VALUE rb_mod_constants(VALUE mod) (6100.0)

絞り込み条件を変える

static VALUE rb_mod_s_constants(void) (6100.0)

Syslog::Constants (6006.0)

このモジュールにはシステムで使用可能なLOG_*定数、モジュール関数が定義さ れています。

...システムで使用可能なLOG_*定数、モジュール関数が定義さ
れています。

例:
require 'syslog'
include Syslog::Constants

それぞれの定数、モジュール関数は以下のモジュールに分けて定義されています。

* Syslog::Option
* Syslog::Fac...

File::Constants (6000.0)

File に関る定数を集めたモジュール。

File に関る定数を集めたモジュール。

File はこのモジュールをインクルードしているので、
以下に挙げる定数は File の定数のように扱うことができます。

Ruby 1.8 以降では、File ではなく、IO でインクルード
されるようになりました。

Socket::Constants (6000.0)

ソケット操作の指定のための定数を定義したモジュール。このモジュー ルをインクルードすれば、定数 (AF_INETなど) を直接参照できます。

ソケット操作の指定のための定数を定義したモジュール。このモジュー
ルをインクルードすれば、定数 (AF_INETなど) を直接参照できます。

これらの定数は Socket の定数としても定義されています。

環境/OS によっては、ここに記述されているにもかかわらず
定義されていない定数が存在します。そのような定数はその環境では
サポートされていないことを意味します。

Win32::Registry::Constants (6000.0)

詳細は以下の MSDN Library を参照してください。

詳細は以下の MSDN Library を参照してください。

* Registry: http://msdn.microsoft.com/library/en-us/sysinfo/base/registry.asp

絞り込み条件を変える

<< 1 2 3 ... > >>