るりまサーチ (Ruby 2.6.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
11件ヒット [1-11件を表示] (0.218秒)

別のキーワード

  1. _builtin new
  2. _builtin inspect
  3. _builtin []
  4. _builtin to_s
  5. _builtin each

ライブラリ

クラス

モジュール

キーワード

検索結果

Process::Tms (78001.0)

Process.#times の返り値を表現する構造体です。

Process.#times の返り値を表現する構造体です。

この機能がサポートされているプラットフォーム上でプロセスの
処理時間に関する情報を保持します。プラットフォームによっては
使えない値があります。

@see Process.#times

Process::Tms#cstime -> Float (33001.0)

終了した子プロセスのシステム CPU 時間の合計(秒)を返します。

終了した子プロセスのシステム CPU 時間の合計(秒)を返します。

Windows 上では常に 0 を返します。

Process::Tms#cstime=(n) (33001.0)

終了した子プロセスのシステム CPU 時間の合計(秒)をセットします。

終了した子プロセスのシステム CPU 時間の合計(秒)をセットします。

Process::Tms#cutime -> Float (33001.0)

終了した子プロセスのユーザー CPU 時間の合計(秒)を返します。

終了した子プロセスのユーザー CPU 時間の合計(秒)を返します。

Windows 上では常に 0 を返します。

Process::Tms#cutime=(n) (33001.0)

終了した子プロセスのユーザー CPU 時間の合計(秒)をセットします。

終了した子プロセスのユーザー CPU 時間の合計(秒)をセットします。

絞り込み条件を変える

Process::Tms#stime -> Float (33001.0)

システム CPU 時間を返します。

システム CPU 時間を返します。

Process::Tms#stime=(n) (33001.0)

システム CPU 時間をセットします。

システム CPU 時間をセットします。

Process::Tms#utime -> Float (33001.0)

ユーザー CPU 時間を返します。

ユーザー CPU 時間を返します。

Process::Tms#utime=(n) (33001.0)

ユーザー CPU 時間をセットします。

ユーザー CPU 時間をセットします。

Process.#times -> Process::Tms (24370.0)

自身のプロセスとその子プロセスが消費したユーザ/システム CPU 時間の積算を Process::Tms オブジェクトで返します。 時間の単位は秒で、浮動小数点数で与えられます。

自身のプロセスとその子プロセスが消費したユーザ/システム CPU 時間の積算を
Process::Tms オブジェクトで返します。
時間の単位は秒で、浮動小数点数で与えられます。

@raise NotImplementedError メソッドが現在のプラットフォームで実装されていない場合に発生します。

@see Process::Tms

絞り込み条件を変える

Process.#clock_gettime(clock_id, unit=:float_second) -> Float | Integer (24073.0)

POSIX の clock_gettime() 関数の時間を返します。

POSIX の clock_gettime() 関数の時間を返します。

例:
p Process.clock_gettime(Process::CLOCK_MONOTONIC) #=> 896053.968060096

@param clock_id クロックの種類を以下の定数のいずれかで指定します。
サポートされている定数は OS やバージョンに依存します。

: Process::CLOCK_REALTIME
SUSv2 to 4, Linux 2.5.63, FreeBSD 3.0, NetBSD 2.0, OpenBSD 2.1, macOS...