るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
1083件ヒット [1-100件を表示] (0.313秒)

別のキーワード

  1. _builtin new
  2. _builtin to_s
  3. _builtin []
  4. _builtin inspect
  5. _builtin each

ライブラリ

クラス

モジュール

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Kernel.#open(file, mode_enc = "r", perm = 0666) -> IO (26138.0)

file をオープンして、IO(Fileを含む)クラスのインスタンスを返します。

...します

ファイル名が "|-" である時、open は Ruby の子プロセス
を生成し、その子プロセスとの間のパイプ(IOオブジェクト)を返し
ます。(このときの動作は、IO.popen と同じです。
File.open にはパイプラインを生成する機能はあ...
...
@param perm open(2) の第 3 引数のように、ファイルを生成する場合の
ファイルのパーミッションを整数で指定します。
@raise Errno::EXXX ファイルのオープンに失敗した場合に発生します。


@see File.open,IO.popen,IO.open

=== 第二引...
...れた文字列にはそのBOMに対応するエンコーディングが設定されます。
# BOMでUTF-16BEかLEかを判別する例
File.open("utf16.txt", "rb:BOM|utf-16"){|file| .... }

int_encも指定されていた場合、入力された文字列をext_encでエンコーディングさ...

Kernel.#open(file, mode_enc = "r", perm = 0666) {|io| ... } -> object (26138.0)

file をオープンして、IO(Fileを含む)クラスのインスタンスを返します。

...します

ファイル名が "|-" である時、open は Ruby の子プロセス
を生成し、その子プロセスとの間のパイプ(IOオブジェクト)を返し
ます。(このときの動作は、IO.popen と同じです。
File.open にはパイプラインを生成する機能はあ...
...
@param perm open(2) の第 3 引数のように、ファイルを生成する場合の
ファイルのパーミッションを整数で指定します。
@raise Errno::EXXX ファイルのオープンに失敗した場合に発生します。


@see File.open,IO.popen,IO.open

=== 第二引...
...れた文字列にはそのBOMに対応するエンコーディングが設定されます。
# BOMでUTF-16BEかLEかを判別する例
File.open("utf16.txt", "rb:BOM|utf-16"){|file| .... }

int_encも指定されていた場合、入力された文字列をext_encでエンコーディングさ...

File.open(path, mode = "r", perm = 0666) -> File (23144.0)

path で指定されるファイルをオープンし、File オブジェクトを生成して 返します。

...整数の場合はファイルディスクリプタとして扱い、それに対応する
File オブジェクトを生成して返します。IO.open と同じです。
ブロックを指定して呼び出した場合は、File オブジェクトを引数として
ブロックを実行します。...
...ode モードを文字列か定数の論理和で指定します。Kernel.#open と同じです。

@param perm ファイルを生成する場合のファイルのパーミッションを整数で指定します。Kernel.#open と同じです。

@raise Errno::EXXX ファイルのオープンに失...
...f.class # => File
f.close

例: File.open による読み込みモードでのファイルオープン
f = File.open("testfile", "r")
f.class # => File
f.close

例: File.open による書き込みモードでのファイルオープン
File.open("testfile", "w", 0755) { |f| f.print "te...

File.open(path, mode = "r", perm = 0666) {|file| ... } -> object (23144.0)

path で指定されるファイルをオープンし、File オブジェクトを生成して 返します。

...整数の場合はファイルディスクリプタとして扱い、それに対応する
File オブジェクトを生成して返します。IO.open と同じです。
ブロックを指定して呼び出した場合は、File オブジェクトを引数として
ブロックを実行します。...
...ode モードを文字列か定数の論理和で指定します。Kernel.#open と同じです。

@param perm ファイルを生成する場合のファイルのパーミッションを整数で指定します。Kernel.#open と同じです。

@raise Errno::EXXX ファイルのオープンに失...
...f.class # => File
f.close

例: File.open による読み込みモードでのファイルオープン
f = File.open("testfile", "r")
f.class # => File
f.close

例: File.open による書き込みモードでのファイルオープン
File.open("testfile", "w", 0755) { |f| f.print "te...

IO.open(fd, mode = "r" opt={}) {|io| ... } -> object (23132.0)

オープン済みのファイルディスクリプタ fd に対する新しい IO オブジェクトを生成して返します。

...オープン済みのファイルディスクリプタ fd に対する新しい
IO オブジェクトを生成して返します。

IO.open にブロックが与えられた場合、IO オブジェクトを生成しそれを引数としてブロックを
実行します。ブロックの終了と...
...る整数を指定します。

@param mode Kernel.#open と同じ形式で IO のモードを指定します。File::Constants::RDONLY などの
定数(数値)でモードを指定できます。詳細は組み込み関数 Kernel.#open を参照
してください。...
...io = IO.new(IO.sysopen("testfile"))
io.class # => IO
io.close
//}

//emlist[例:IO.for_fd による読み込み・バイナリモードでのファイルオープン][ruby]{
IO.binwrite("testfile", "\xBF\xAA\x16\x04.\b\xCB\x12\xACoeQ\xFDv2\xCF9+\x81\x18")
io = IO.for_fd(IO.sysopen("testfile"), "r",...

絞り込み条件を変える

IO.open(fd, mode = "r", opt={}) -> IO (23132.0)

オープン済みのファイルディスクリプタ fd に対する新しい IO オブジェクトを生成して返します。

...オープン済みのファイルディスクリプタ fd に対する新しい
IO オブジェクトを生成して返します。

IO.open にブロックが与えられた場合、IO オブジェクトを生成しそれを引数としてブロックを
実行します。ブロックの終了と...
...る整数を指定します。

@param mode Kernel.#open と同じ形式で IO のモードを指定します。File::Constants::RDONLY などの
定数(数値)でモードを指定できます。詳細は組み込み関数 Kernel.#open を参照
してください。...
...io = IO.new(IO.sysopen("testfile"))
io.class # => IO
io.close
//}

//emlist[例:IO.for_fd による読み込み・バイナリモードでのファイルオープン][ruby]{
IO.binwrite("testfile", "\xBF\xAA\x16\x04.\b\xCB\x12\xACoeQ\xFDv2\xCF9+\x81\x18")
io = IO.for_fd(IO.sysopen("testfile"), "r",...

Dir.open(path) -> Dir (23122.0)

path に対するディレクトリストリームをオープンして返します。

...> #<Encoding:UTF-8>
d.close
end

例: Dir.open
require 'tmpdir'

Dir.mktmpdir do |tmpdir|
d = Dir.open(tmpdir, encoding: Encoding::UTF_8)
p d.class # => Dir
p d.read.encoding # => #<Encoding:UTF-8>
d.close

Dir.open(tmpdir, encoding: Encoding::UTF_8) do |d|...

Dir.open(path) {|dir| ...} -> object (23122.0)

path に対するディレクトリストリームをオープンして返します。

...> #<Encoding:UTF-8>
d.close
end

例: Dir.open
require 'tmpdir'

Dir.mktmpdir do |tmpdir|
d = Dir.open(tmpdir, encoding: Encoding::UTF_8)
p d.class # => Dir
p d.read.encoding # => #<Encoding:UTF-8>
d.close

Dir.open(tmpdir, encoding: Encoding::UTF_8) do |d|...

Dir.open(path, encoding: Encoding.find("filesystem")) -> Dir (23122.0)

path に対するディレクトリストリームをオープンして返します。

...> #<Encoding:UTF-8>
d.close
end

例: Dir.open
require 'tmpdir'

Dir.mktmpdir do |tmpdir|
d = Dir.open(tmpdir, encoding: Encoding::UTF_8)
p d.class # => Dir
p d.read.encoding # => #<Encoding:UTF-8>
d.close

Dir.open(tmpdir, encoding: Encoding::UTF_8) do |d|...

Dir.open(path, encoding: Encoding.find("filesystem")) {|dir| ...} -> object (23122.0)

path に対するディレクトリストリームをオープンして返します。

...> #<Encoding:UTF-8>
d.close
end

例: Dir.open
require 'tmpdir'

Dir.mktmpdir do |tmpdir|
d = Dir.open(tmpdir, encoding: Encoding::UTF_8)
p d.class # => Dir
p d.read.encoding # => #<Encoding:UTF-8>
d.close

Dir.open(tmpdir, encoding: Encoding::UTF_8) do |d|...

絞り込み条件を変える

IO.sysopen(path, mode = "r", perm = 0666) -> Integer (14124.0)

path で指定されるファイルをオープンし、ファイル記述子を返しま す。

...定数の論理和で指定します。Kernel.#open と同じです。

@param perm open(2) の第 3 引数のように、ファイルを生成する場合の
ファイルのパーミッションを整数で指定します。Kernel.#open と同じです。

@raise Errno::EXXX ファイ...
...ルのオープンに失敗した場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
IO.sysopen("testfile", "w+") # => 3
//}

@see Kernel.#open...

IO.popen("-", mode = "r", opt={}) -> IO (14107.0)

第一引数に文字列 "-" が指定された時、fork(2) を 行い子プロセスの標準入出力との間にパイプラインを確立します。 親プロセスでは IO オブジェクトを返し、子プロセスでは nil を返します。

...プラインを確立します。
親プロセスでは IO オブジェクトを返し、子プロセスでは
nil を返します。

io = IO.popen("-", "r+")
if io # parent
io.puts "foo"
p io.gets # => "child output: foo\n"
io.close
else # child
s = gets...
...たパイ
プは自動的にクローズされます。
子プロセスでは nil を引数にブロックを実行し終了します。

p IO.popen("-", "r+") {|io|
if io # parent
io.puts "foo"
io.gets
else # child
s = gets
puts "child output: " + s
end...
...} という形式の Hash で渡します。
@param mode オープンする IO ポートのモードを指定します。mode の詳細は Kernel.#open 参照して下さい。
@param opt エンコーディングなどを設定するオプション引数(see IO.new)

@raise Errno::EXXX パイプ、...

IO.popen("-", mode = "r", opt={}) {|io| ... } -> object (14107.0)

第一引数に文字列 "-" が指定された時、fork(2) を 行い子プロセスの標準入出力との間にパイプラインを確立します。 親プロセスでは IO オブジェクトを返し、子プロセスでは nil を返します。

...プラインを確立します。
親プロセスでは IO オブジェクトを返し、子プロセスでは
nil を返します。

io = IO.popen("-", "r+")
if io # parent
io.puts "foo"
p io.gets # => "child output: foo\n"
io.close
else # child
s = gets...
...たパイ
プは自動的にクローズされます。
子プロセスでは nil を引数にブロックを実行し終了します。

p IO.popen("-", "r+") {|io|
if io # parent
io.puts "foo"
io.gets
else # child
s = gets
puts "child output: " + s
end...
...} という形式の Hash で渡します。
@param mode オープンする IO ポートのモードを指定します。mode の詳細は Kernel.#open 参照して下さい。
@param opt エンコーディングなどを設定するオプション引数(see IO.new)

@raise Errno::EXXX パイプ、...

IO.popen([env = {}, [cmdname, arg0], *args, execopt={}], mode = "r", opt={}) -> IO (14107.0)

サブプロセスを実行し、そのプロセスの標準入出力 との間にパイプラインを確立します。生成したパイプを IO オブジェクトとして返します。

...入出力
との間にパイプラインを確立します。生成したパイプを IO オブジェクトとして返します。

p io = IO.popen("cat", "r+") # => #<IO:fd 4>
io.puts "foo"
io.close_write
p io.gets # => "foo\n"

サブプロセスを指定する方法...
...ブロックの実行結果を返します。ブロックの実行後、生成したパイ
プは自動的にクローズされます。

p IO.popen("cat", "r+") {|io|
io.puts "foo"
io.close_write
io.gets
}
# => "foo\n"


opt でプロセス起動のためのオプションや、...
...

# nkfプロセスから得られる文字列を EUC-JP と指定する
# IO.new などと共通のオプションが指定できる
IO.popen("nkf -e filename", external_encoding: "EUC-JP"){|nkf_io|
nkf_io.read
}

これに加えて、プロセス起動のためのオプションを...

IO.popen([env = {}, [cmdname, arg0], *args, execopt={}], mode = "r", opt={}) {|f| ... } -> object (14107.0)

サブプロセスを実行し、そのプロセスの標準入出力 との間にパイプラインを確立します。生成したパイプを IO オブジェクトとして返します。

...入出力
との間にパイプラインを確立します。生成したパイプを IO オブジェクトとして返します。

p io = IO.popen("cat", "r+") # => #<IO:fd 4>
io.puts "foo"
io.close_write
p io.gets # => "foo\n"

サブプロセスを指定する方法...
...ブロックの実行結果を返します。ブロックの実行後、生成したパイ
プは自動的にクローズされます。

p IO.popen("cat", "r+") {|io|
io.puts "foo"
io.close_write
io.gets
}
# => "foo\n"


opt でプロセス起動のためのオプションや、...
...

# nkfプロセスから得られる文字列を EUC-JP と指定する
# IO.new などと共通のオプションが指定できる
IO.popen("nkf -e filename", external_encoding: "EUC-JP"){|nkf_io|
nkf_io.read
}

これに加えて、プロセス起動のためのオプションを...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 3 ... > >>