るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
551件ヒット [101-200件を表示] (0.342秒)

別のキーワード

  1. _builtin new
  2. _builtin to_s
  3. _builtin []
  4. _builtin each

ライブラリ

モジュール

オブジェクト

キーワード

検索結果

<< < 1 2 3 4 ... > >>

Dir#inspect -> String (26107.0)

self の情報を人間に読みやすい文字列にして返します。

...self の情報を人間に読みやすい文字列にして返します。

例:
Dir.open("/") { |d| d.inspect } # => "#<Dir:/>"...

Exception#inspect -> String (26107.0)

self のクラス名と message を文字列にして返します。

...self のクラス名と message を文字列にして返します。

例:
begin
raise "exception"
rescue
p $!.inspect # => "#<RuntimeError: exception>"
end...

Hash#inspect -> String (26107.0)

ハッシュの内容を人間に読みやすい文字列にして返します。

...ッシュの内容を人間に読みやすい文字列にして返します。

//emlist[例][ruby]{
h = { "c" => 300, "a" => 100, "d" => 400 }
h.inspect # => "{\"c\"=>300, \"a\"=>100, \"d\"=>400}"
//}...

Regexp#inspect -> String (26107.0)

Regexp#to_s より自然な文字列を返します。

...Regexp#to_s より自然な文字列を返します。

//emlist[例][ruby]{
p /^ugou.*?/i.to_s # => "(?i-mx:^ugou.*?)"
p /^ugou.*?/i.inspect # => "/^ugou.*?/i"
//}

@see Regexp#to_s...

RubyVM::AbstractSyntaxTree::Node#inspect -> String (26107.0)

self のデバッグ用の情報を含んだ文字列を返します。

...f のデバッグ用の情報を含んだ文字列を返します。

//emlist[][ruby]{
node = RubyVM::AbstractSyntaxTree.parse('1 + 1')
puts node.inspect
# => #<RubyVM::AbstractSyntaxTree::Node:SCOPE@1:0-1:5>
//}...

絞り込み条件を変える

RubyVM::InstructionSequence#inspect -> String (26107.0)

self の情報をラベルとパスを含んだ人間に読みやすい文字列にして返します。

...んだ人間に読みやすい文字列にして返します。

//emlist[例][ruby]{
iseq = RubyVM::InstructionSequence.compile('num = 1 + 2')
iseq.inspect # => "<RubyVM::InstructionSequence:<compiled>@<compiled>>"
//}

@see RubyVM::InstructionSequence#label,
RubyVM::InstructionSequence#path...

Struct#inspect -> String (26107.0)

self の内容を人間に読みやすい文字列にして返します。

...Struct の下位クラスを作成する点に
注意してください。

例:
Customer = Struct.new(:name, :address, :zip)
joe = Customer.new("Joe Smith", "123 Maple, Anytown NC", 12345)
joe.inspect # => "#<struct Customer name=\"Joe Smith\", address=\"123 Maple, Anytown NC\", zip=12345>"...

Symbol#inspect -> String (26107.0)

自身を人間に読みやすい文字列にして返します。

...自身を人間に読みやすい文字列にして返します。

:fred.inspect #=> ":fred"...

Thread::Backtrace::Location#inspect -> String (26107.0)

Thread::Backtrace::Location#to_s の結果を人間が読みやすいような文 字列に変換したオブジェクトを返します。

...][ruby]{
# foo.rb
class Foo
attr_accessor :locations
def initialize(skip)
@locations = caller_locations(skip)
end
end

Foo.new(0..2).locations.map do |call|
puts call.inspect
end

# => "path/to/foo.rb:5:in `initialize'"
# "path/to/foo.rb:9:in `new'"
# "path/to/foo.rb:9:in `<main>'"
//}...

TracePoint#inspect -> String (26107.0)

self の状態を人間に読みやすい文字列にして返します。

...間に読みやすい文字列にして返します。

//emlist[例][ruby]{
def foo(ret)
ret
end
trace = TracePoint.new(:call) do |tp|
p tp.inspect # "#<TracePoint:call `foo'@/path/to/test.rb:1>"
end
trace.enable
foo 1
//}...

絞り込み条件を変える

TrueClass#inspect -> String (26107.0)

常に文字列 "true" を返します。

...常に文字列 "true" を返します。

例:
true.inspect # => "true"...

ARGF.class#inspect -> String (26101.0)

常に文字列 "ARGF" を返します。

常に文字列 "ARGF" を返します。

Bignum#inspect(base = 10) -> String (26101.0)

self を引数で指定した基数の文字列表現に変換します。

self を引数で指定した基数の文字列表現に変換します。

@param base 基数を 2 から 36 の整数で指定します。

12345654321.to_s #=> "12345654321"
12345654321.to_s(2) #=> "1011011111110110111011110000110001"
12345654321.to_s(8) #=> "133766736061"
12345654321.to_s(16) #=> "2dfdbbc31"
78546939656932.to_s(36) ...

Encoding::Converter#inspect -> String (26101.0)

Encoding::Converter オブジェクトの情報を簡単に表示します。

Encoding::Converter オブジェクトの情報を簡単に表示します。

@return 変換器の情報を簡単に可視化した文字列です。
<< < 1 2 3 4 ... > >>