るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
1301件ヒット [1-100件を表示] (0.280秒)

別のキーワード

  1. _builtin new
  2. _builtin to_s
  3. _builtin []
  4. _builtin inspect
  5. _builtin each

ライブラリ

クラス

モジュール

オブジェクト

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Hash#hash -> Integer (35113.0)

自身が保持するキーと値のハッシュ値を元にして算出した整数を返します。 自身が保持するキーや値が変化すればこのメソッドが返す値も変化します。

...します。
自身が保持するキーや値が変化すればこのメソッドが返す値も変化します。

a = {}
p a.hash #=> 0
a[1] = :x
p a.hash #=> 329543...

Object#hash -> Integer (26195.0)

オブジェクトのハッシュ値を返します。Hash クラスでオブジェク トを格納するのに用いられています。

...のハッシュ値を返します。Hash クラスでオブジェク
トを格納するのに用いられています。

メソッド hash は Object#eql? と組み合わせて Hash クラスで利用されます。その際

A.eql?(B) ならば A.hash == B.hash

の関係を必ず満たしてい...
...ん)。

hash
を再定義する場合は、一様に分布する任意の整数を返すようにします。

@return ハッシュ値を返します。Fixnumに収まらない場合は切り捨てられます。

p self.hash #=> 21658870
p 0.hash #=> 1
p 0.0.hash #=> 0
p nil.hash #=> 4...
...p "ruby".hash #=> -241670986
p "ruby".hash #=> -241670986
p :ruby.hash #=> 103538
p :ruby.hash #=> 103538

@see Object#eql?,BasicObject#__id__...

Array#hash -> Integer (26125.0)

自身のハッシュ値を整数で返します。ハッシュ値は自身の各要素のハッシュ値から 計算されます。Array#eql? で比較して等しい配列同士は同じハッシュ値を返します。

...シュ値から
計算されます。Array#eql? で比較して等しい配列同士は同じハッシュ値を返します。

a = ["a", "b", 1]
a.hash #=> 321
b = a.dup
b.hash #=> 321

["a", 1, "b"].hash #=> 491
["a", 1.0, "b"].hash #=> 466227...

String#hash -> Integer (26125.0)

self のハッシュ値を返します。 eql? で等しい文字列は、常にハッシュ値も等しくなります。

...文字列は、常にハッシュ値も等しくなります。

//emlist[例][ruby]{
"test".hash # => 4038258770210371295
("te" + "st").hash == "test".hash # => true
//}

@see Hash...

Float#hash -> Integer (26119.0)

ハッシュ値を返します。

...ハッシュ値を返します。

//emlist[例][ruby]{
pi1 = 3.14
pi2 = 3.14
pi3 = 3.1415

pi1.hash # => 335364239
pi2.hash # => 335364239
pi3.hash # => 420540030
//}...

絞り込み条件を変える

Method#hash -> Integer (26113.0)

自身のハッシュ値を返します。

...自身のハッシュ値を返します。


a = method(:==)
b = method(:eql?)
p a.eql? b # => true
p a.hash == b.hash # => true
p [a, b].uniq.size # => 1...

Range#hash -> Integer (26113.0)

始端と終端のハッシュ値と Range#exclude_end? の値からハッシュ値を計算して整数として返します。

...のハッシュ値と Range#exclude_end? の値からハッシュ値を計算して整数として返します。

例:

p (1..2).hash # => 5646
p (1...2).hash # => 16782863...

Regexp#hash -> Integer (26113.0)

正規表現のオプションやテキストに基づいたハッシュ値を返します。

...正規表現のオプションやテキストに基づいたハッシュ値を返します。

p /abc/i.hash # => 4893115
p /abc/.hash # => 4856055...

Struct#hash -> Integer (26113.0)

self が保持するメンバのハッシュ値を元にして算出した整数を返します。 self が保持するメンバの値が変化すればこのメソッドが返す値も変化します。

...メソッドが返す値も変化します。

Dog = Struct.new(:name, :age)
dog = Dog.new("fred", 5)
p dog.hash #=> 7917421
dog.name = "john"
p dog.hash #=> -38913223

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンス...

UnboundMethod#hash -> Integer (26113.0)

自身のハッシュ値を返します。

...自身のハッシュ値を返します。


a = method(:==).unbind
b = method(:eql?).unbind
p a.eql? b # => true
p a.hash == b.hash # => true
p [a, b].uniq.size # => 1...

絞り込み条件を変える

Rational#hash -> Integer (26107.0)

自身のハッシュ値を返します。

...自身のハッシュ値を返します。

@return ハッシュ値を返します。


@see Object#hash...

Time#hash -> Integer (26107.0)

自身のハッシュ値を返します。

...自身のハッシュ値を返します。

@return ハッシュ値を返します。


@see Object#hash...

Bignum#hash -> Integer (26101.0)

self のハッシュ値を返します。

self のハッシュ値を返します。

Enumerator::ArithmeticSequence#hash -> Integer (26101.0)

自身のハッシュ値を返します。

自身のハッシュ値を返します。

begin, end, step, exclude_end? が等しい Enumerable::ArithmeticSequence は
同じハッシュ値を返します。

MatchData#hash -> Integer (26101.0)

self のマッチ対象になった文字列、元になった正規表現オブジェクト、マッチ した位置を元にハッシュ値を計算して返します。

self のマッチ対象になった文字列、元になった正規表現オブジェクト、マッチ
した位置を元にハッシュ値を計算して返します。

絞り込み条件を変える

Proc#hash -> Integer (26101.0)

self のハッシュ値を返します。

self のハッシュ値を返します。

Hash#to_hash -> self (23149.0)

self を返します。

...self を返します。


例:
hash
= {}
p hash.to_hash # => {}
p hash.to_hash == hash # => true

@see Object#to_hash, Hash#to_h...

Hash#rehash -> self (23112.0)

キーのハッシュ値を再計算します。

...@raise RuntimeError Hash#eachなどのイテレータの評価途中でrehashすると発生します。
@return selfを返します。

a = [ "a", "b" ]
h = { a => 100 }

p h[a] #=> 100

a[0] = "z"
p h[a] #=> nil

h.rehash
p h[a] #=> 100

@see Object#hash...
<< 1 2 3 ... > >>