るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
292件ヒット [1-100件を表示] (0.060秒)

別のキーワード

  1. _builtin new
  2. _builtin to_s
  3. _builtin []
  4. _builtin inspect
  5. _builtin each

ライブラリ

クラス

モジュール

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 > >>

Method#===(*args) -> object (26112.0)

メソッドオブジェクトに封入されているメソッドを起動します。

...やブロックはそのままメソッドに渡されます。

self[] の形の呼び出しは通常のメソッド呼び出しに見た目を
近付けるためだけに用意されたもので、Array#[]のような
他の [] メソッドとの意味的な関連性はありません。

メソ...

Method#[](*args) -> object (26112.0)

メソッドオブジェクトに封入されているメソッドを起動します。

...やブロックはそのままメソッドに渡されます。

self[] の形の呼び出しは通常のメソッド呼び出しに見た目を
近付けるためだけに用意されたもので、Array#[]のような
他の [] メソッドとの意味的な関連性はありません。

メソ...

String#[](range) -> String (26112.0)

rangeで指定したインデックスの範囲に含まれる部分文字列を返します。

...クスの範囲に含まれる部分文字列を返します。

@param range 取得したい文字列の範囲を示す Range オブジェクト

===
rangeオブジェクトが終端を含む場合

インデックスと文字列の対応については以下の対照図も参照してくださ...
...2] # => ""
'abcd'[ 4 .. 2] # => ""
'abcd'[ 5 .. 2] # => nil

'abcd'[-3 .. 2] # => "bc"
'abcd'[-4 .. 2] # => "abc"
'abcd'[-5 .. 2] # => nil
//}

===
rangeオブジェクトが終端を含まない場合

文字列と「隙間」の関係については以下の模式図を参照してくださ...

Struct.[](*args) -> Struct (26104.0)

(このメソッドは Struct の下位クラスにのみ定義されています) 構造体オブジェクトを生成して返します。

(このメソッドは Struct の下位クラスにのみ定義されています)
構造体オブジェクトを生成して返します。

@param args 構造体の初期値を指定します。メンバの初期値は指定されなければ nil です。

@return 構造体クラスのインスタンス。

@raise ArgumentError 構造体のメンバの数よりも多くの引数を指定した場合に発生します。

Foo = Struct.new(:foo, :bar)
foo = Foo.new(1)
p foo.values # => [1, nil]

String#[](nth) -> String | nil (26102.0)

nth 番目の文字を返します。 nth が負の場合は文字列の末尾から数えます。 つまり、 self.size + nth 番目の文字を返します。

nth 番目の文字を返します。
nth が負の場合は文字列の末尾から数えます。
つまり、 self.size + nth 番目の文字を返します。

nth が範囲外を指す場合は nil を返します。

@param nth 文字の位置を表す整数
@return 指定した位置の文字を表す String オブジェクト

//emlist[例][ruby]{
p 'bar'[2] # => "r"
p 'bar'[2] == ?r # => true
p 'bar'[-1] # => "r"
p 'bar'[3] # => nil
p 'bar'[-4] ...

絞り込み条件を変える

String#[](nth, len) -> String | nil (26102.0)

nth 文字目から長さ len 文字の部分文字列を新しく作って返します。 nth が負の場合は文字列の末尾から数えます。

nth 文字目から長さ len 文字の部分文字列を新しく作って返します。
nth が負の場合は文字列の末尾から数えます。

@param nth 取得したい文字列の開始インデックスを整数で指定します。
@param len 取得したい文字列の長さを正の整数で指定します。

@return nth が範囲外を指す場合は nil を返します。

//emlist[例][ruby]{
str0 = "bar"
str0[2, 1] #=> "r"
str0[2, 0] #=> ""
str0[2, 100] #=> "r" (右側を超えても...

String#[](regexp, name) -> String (26102.0)

正規表現 regexp の name で指定した名前付きキャプチャにマッチする最初の 部分文字列を返します。正規表現が self にマッチしなかった場合は nil を返 します。

正規表現 regexp の name で指定した名前付きキャプチャにマッチする最初の
部分文字列を返します。正規表現が self にマッチしなかった場合は nil を返
します。

@param regexp 正規表現を指定します。
@param name 取得したい部分文字列のパターンを示す正規表現レジスタを示す名前

@raise IndexError name に対応する括弧がない場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
s = "FooBar"
s[/(?<foo>[A-Z]..)(?<bar>[A-Z]..)/] # => "FooBar"
s[/(...

String#[](regexp, nth = 0) -> String (26102.0)

正規表現 regexp の nth 番目の括弧にマッチする最初の部分文字列を返します。 nth を省略したときや 0 の場合は正規表現がマッチした部分文字列全体を返します。 正規表現が self にマッチしなかった場合や nth に対応する括弧がないときは nil を返します。

正規表現 regexp の nth 番目の括弧にマッチする最初の部分文字列を返します。
nth を省略したときや 0 の場合は正規表現がマッチした部分文字列全体を返します。
正規表現が self にマッチしなかった場合や nth に対応する括弧がないときは nil を返します。

このメソッドを実行すると、
マッチ結果に関する情報が組み込み変数 $~ に設定されます。

@param regexp 取得したい文字列のパターンを示す正規表現
@param nth 取得したい正規表現レジスタのインデックス。整数

//emlist[例][ruby]{
p "foobar"[/b...

String#[](substr) -> String | nil (26102.0)

self が substr を含む場合、一致した文字列を新しく作って返します。 substr を含まなければ nil を返します。

self が substr を含む場合、一致した文字列を新しく作って返します。
substr を含まなければ nil を返します。

@param substr 取得したい文字列のパターン。文字列

//emlist[例][ruby]{
substr = "bar"
result = "foobar"[substr]
p result # => "bar"
p substr.equal?(result) # => false
//}

Proc#[](*arg) -> () (26100.0)

手続きオブジェクトを実行してその結果を返します。

...引数の渡され方はオブジェクトの生成方法によって異なります。
詳しくは Proc#lambda? を参照してください。

===」は when の所に手続きを渡せるようにするためのものです。

def sign(n)
case n
when lambda{|n| n > 0} then 1
wh...

絞り込み条件を変える

Struct.new(*args, keyword_init: false) -> Class (11024.0)

Struct クラスに新しいサブクラスを作って、それを返します。

...は Symbol を指定します。
@param keyword_init true を指定すると、キーワード引数で初期化する構造体を定義します。

===
第一引数が String の場合
args[0] が String の場合、クラス名になるので、大文字で始まる必要
があります。つま...
...to be constant (NameError)

また args[1..-1] は、Symbol か String で指定します。

p Struct.new("Foo", :foo, :bar) # => Struct::Foo

===
第一引数が Symbol の場合
args[0] が Symbol の場合、生成した構造体クラスは名前の無い
クラスになります。名前...
...検索し、見つかった定数名をクラス名とします。

Foo = Struct.new(:foo, :bar)
p Foo # => Foo

===
ブロックを指定した場合

Struct.new にブロックを指定した場合は定義した Struct をコンテキストにブ
ロックを...

Struct.new(*args, keyword_init: false) {|Class| block } -> Class (11024.0)

Struct クラスに新しいサブクラスを作って、それを返します。

...は Symbol を指定します。
@param keyword_init true を指定すると、キーワード引数で初期化する構造体を定義します。

===
第一引数が String の場合
args[0] が String の場合、クラス名になるので、大文字で始まる必要
があります。つま...
...to be constant (NameError)

また args[1..-1] は、Symbol か String で指定します。

p Struct.new("Foo", :foo, :bar) # => Struct::Foo

===
第一引数が Symbol の場合
args[0] が Symbol の場合、生成した構造体クラスは名前の無い
クラスになります。名前...
...検索し、見つかった定数名をクラス名とします。

Foo = Struct.new(:foo, :bar)
p Foo # => Foo

===
ブロックを指定した場合

Struct.new にブロックを指定した場合は定義した Struct をコンテキストにブ
ロックを...

Struct.new(*args) -> Class (11018.0)

Struct クラスに新しいサブクラスを作って、それを返します。

...l で指定するのが無難です。

@param args 構造体を定義するための可変長引数。String または Symbol を指定します。

===
第一引数が String の場合
args[0] が String の場合、クラス名になるので、大文字で始まる必要
があります。つま...
...to be constant (NameError)

また args[1..-1] は、Symbol か String で指定します。

p Struct.new("Foo", :foo, :bar) # => Struct::Foo

===
第一引数が Symbol の場合
args[0] が Symbol の場合、生成した構造体クラスは名前の無い
クラスになります。名前...
...検索し、見つかった定数名をクラス名とします。

Foo = Struct.new(:foo, :bar)
p Foo # => Foo

===
ブロックを指定した場合

Struct.new にブロックを指定した場合は定義した Struct をコンテキストにブ
ロックを...

Struct.new(*args) {|Class| block } -> Class (11018.0)

Struct クラスに新しいサブクラスを作って、それを返します。

...l で指定するのが無難です。

@param args 構造体を定義するための可変長引数。String または Symbol を指定します。

===
第一引数が String の場合
args[0] が String の場合、クラス名になるので、大文字で始まる必要
があります。つま...
...to be constant (NameError)

また args[1..-1] は、Symbol か String で指定します。

p Struct.new("Foo", :foo, :bar) # => Struct::Foo

===
第一引数が Symbol の場合
args[0] が Symbol の場合、生成した構造体クラスは名前の無い
クラスになります。名前...
...検索し、見つかった定数名をクラス名とします。

Foo = Struct.new(:foo, :bar)
p Foo # => Foo

===
ブロックを指定した場合

Struct.new にブロックを指定した場合は定義した Struct をコンテキストにブ
ロックを...

Method#call(*args) -> object (11012.0)

メソッドオブジェクトに封入されているメソッドを起動します。

...やブロックはそのままメソッドに渡されます。

self[] の形の呼び出しは通常のメソッド呼び出しに見た目を
近付けるためだけに用意されたもので、Array#[]のような
他の [] メソッドとの意味的な関連性はありません。

メソ...

絞り込み条件を変える

Method#call(*args) { ... } -> object (11012.0)

メソッドオブジェクトに封入されているメソッドを起動します。

...やブロックはそのままメソッドに渡されます。

self[] の形の呼び出しは通常のメソッド呼び出しに見た目を
近付けるためだけに用意されたもので、Array#[]のような
他の [] メソッドとの意味的な関連性はありません。

メソ...

String#slice(range) -> String (11012.0)

rangeで指定したインデックスの範囲に含まれる部分文字列を返します。

...クスの範囲に含まれる部分文字列を返します。

@param range 取得したい文字列の範囲を示す Range オブジェクト

===
rangeオブジェクトが終端を含む場合

インデックスと文字列の対応については以下の対照図も参照してくださ...
...2] # => ""
'abcd'[ 4 .. 2] # => ""
'abcd'[ 5 .. 2] # => nil

'abcd'[-3 .. 2] # => "bc"
'abcd'[-4 .. 2] # => "abc"
'abcd'[-5 .. 2] # => nil
//}

===
rangeオブジェクトが終端を含まない場合

文字列と「隙間」の関係については以下の模式図を参照してくださ...

Struct.new(*args) -> Struct (11004.0)

(このメソッドは Struct の下位クラスにのみ定義されています) 構造体オブジェクトを生成して返します。

(このメソッドは Struct の下位クラスにのみ定義されています)
構造体オブジェクトを生成して返します。

@param args 構造体の初期値を指定します。メンバの初期値は指定されなければ nil です。

@return 構造体クラスのインスタンス。

@raise ArgumentError 構造体のメンバの数よりも多くの引数を指定した場合に発生します。

Foo = Struct.new(:foo, :bar)
foo = Foo.new(1)
p foo.values # => [1, nil]

String#slice(nth) -> String | nil (11002.0)

nth 番目の文字を返します。 nth が負の場合は文字列の末尾から数えます。 つまり、 self.size + nth 番目の文字を返します。

nth 番目の文字を返します。
nth が負の場合は文字列の末尾から数えます。
つまり、 self.size + nth 番目の文字を返します。

nth が範囲外を指す場合は nil を返します。

@param nth 文字の位置を表す整数
@return 指定した位置の文字を表す String オブジェクト

//emlist[例][ruby]{
p 'bar'[2] # => "r"
p 'bar'[2] == ?r # => true
p 'bar'[-1] # => "r"
p 'bar'[3] # => nil
p 'bar'[-4] ...
<< 1 2 3 > >>