るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
154件ヒット [1-100件を表示] (0.030秒)
トップページ > クエリ:StandardError[x]

別のキーワード

  1. _builtin standarderror
  2. standarderror
  3. 制御構造 standarderror
  4. rb_rescue standarderror
  5. standarderror _builtin

検索結果

<< 1 2 > >>

StandardError (38006.0)

通常のプログラムで発生する可能性の高い 例外クラスを束ねるためのクラスです。

...通常のプログラムで発生する可能性の高い
例外クラスを束ねるためのクラスです。

StandardError
とそのサブクラスは、
rescue 節でクラスを省略したときにも捕捉できます。...

Exception2MessageMapper#def_exception(exception_name, message_format, superclass = StandardError) -> Class (107.0)

exception_name という名前の例外クラスを定義します。

...ion_name 定義する例外クラスの名前をシンボルで指定します。

@param message_format メッセージのフォーマット。

@param superclass 定義する例外のスーパークラスを指定します。
省略すると StandardError を使用します。...

Exception2MessageMapper.def_exception(klass, exception_name, message_format, superklass = StandardError) -> Class (107.0)

exception_name という名前の例外クラスを定義します。

...el.#sprintf のフォーマット文字列と同じ形式を使用できます。

@param superklass 定義する例外クラスのスーパークラスを指定します。
省略すると StandardError を使用します。

@return 定義した例外クラスを返します。...

e2mmap (18.0)

例外クラスに特定のエラーメッセージ用フォーマットを関連づけるためのライブラリです。

...o
extend Exception2MessageMapper
def_e2message ExistingExceptionClass, "message..."
def_exception :NewExceptionClass, "message...", StandardError
...
end

foo = Foo.new
foo.Fail ....

2. 何度も使いたい例外クラスは、クラスの代わりにモジュールで定...
...d
extend Exception2MessageMapper
def_e2message ExistingExceptionClass, "message..."
def_exception :NewExceptionClass, "message...", StandardError
...
end
class Foo
include ErrorMod
...
end

foo = Foo.new
foo.Fail ....

3. 例外を設定したクラスのインス...
...d
extend Exception2MessageMapper
def_e2message ExistingExceptionClass, "message..."
def_exception :NewExceptionClass, "message...", StandardError
...
end
class Foo
extend Exception2MessageMapper
include ErrorMod
...
end

Foo.Fail NewExceptionClass, arg...
Foo....

制御構造 (18.0)

制御構造 条件分岐: * if * unless * case 繰り返し: * while * until * for * break * next * redo * retry 例外処理: * raise * begin その他: * return * BEGIN * END

...れます。

error_type が省略された時は StandardError のサブクラスであ
る全ての例外を捕捉します。Rubyの組み込み例外は(SystemExit や
Interrupt のような脱出を目的としたものを除いて)
StandardError
のサブクラスです。

例外クラスの...
...、式2を評価します。
以下と同じ意味です。捕捉する例外クラスを指定することはできません。
(つまり、StandardError 例外クラスのサブクラスだけしか捕捉できません)

begin
式1
rescue
式2...

絞り込み条件を変える

VALUE rb_rescue(VALUE (*b_proc)(), VALUE data1, VALUE (*r_proc)(), VALUE data2) (16.0)

まず b_proc(data1) を実行し、その途中で例外が発生したら r_proc(data2) を実行します。 捕捉する例外は StandardError のサブクラスだけです。

...まず b_proc(data1) を実行し、その途中で例外が発生したら r_proc(data2) を実行します。
捕捉する例外は StandardError のサブクラスだけです。...

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (12.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...>))


: ((<NameError>)) & ((<NoMethodError>)) [change]

NameError を StandardError のサブクラスに戻しました。
クラス階層は以下のようになりました。

NoMethodError < NameError < StandardError.

: ((<Interrupt>)) [change]
Interrupt は、(...

Fiber (12.0)

ノンプリエンプティブな軽量スレッド(以下ファイバーと呼ぶ)を提供します。 他の言語では coroutine あるいは semicoroutine と呼ばれることもあります。 Thread と違いユーザレベルスレッドとして実装されています。

...外が発生した場合、親ファイバーに例外が伝播します。

例:
f = Fiber.new do
raise StandardError, "hoge"
end

begin
f.resume # ここでも StandardError が発生する。
rescue => e
p e.message #=> "hoge"
end

=== ショートチュートリアル

ファ...

FileUtils (6.0)

基本的なファイル操作を集めたモジュールです。

...細を出力します。
: :mode
パーミッションを8進数で指定します。
: :force
真を指定すると作業中すべての StandardError を無視します。
: :nocreate
真を指定するとファイルを作成しません。
: :dereference_root
真を指定すると src...

FileUtils.#remove_dir(path, force = false) -> () (6.0)

ディレクトリ path を削除します。

...ィレクトリ path を削除します。

@param path 削除するディレクトリ。

@param force 真のときは削除中に発生した StandardError を無視します。...

絞り込み条件を変える

FileUtils.#remove_entry(path, force = false) -> () (6.0)

ファイル path を削除します。path がディレクトリなら再帰的に削除します。

...s.#remove_entry_secure の項を参照してください。

@param path 削除するパス。

@param force 真のときは削除中に発生した StandardError を無視します。

例:

require 'fileutils'
FileUtils.remove_entry '/tmp/ruby.tmp.08883'

@see FileUtils.#remove_entry_secure...

FileUtils.#remove_entry_secure(path, force = false) -> () (6.0)

ファイル path を削除します。path がディレクトリなら再帰的に削除します。

.../var が全ユーザから書き込み可能であってはなりません。

この条件が満たされない場合 remove_entry_secure は安全ではありません。

@param path 削除するパス。

@param force 真のときは削除中に発生した StandardError を無視します。...

FileUtils.#remove_file(path, force = false) -> () (6.0)

ファイル path を削除します。

...ファイル path を削除します。

@param path 削除するファイル。

@param force 真のときは削除中に発生した StandardError を無視します。...

FileUtils.#rm_f(list, options = {}) -> () (6.0)

FileUtils.rm(list, :force => true) と同じです。

...は文字列も指定可能です。
二つ以上指定する場合は配列で指定します。

@param options :noop, :verbose が指定できます。
:force がセットされた場合は作業中すべての StandardError を無視します。

@see FileUtils.#rm...

FileUtils.#safe_unlink(list, options = {}) -> () (6.0)

FileUtils.rm(list, :force => true) と同じです。

...は文字列も指定可能です。
二つ以上指定する場合は配列で指定します。

@param options :noop, :verbose が指定できます。
:force がセットされた場合は作業中すべての StandardError を無視します。

@see FileUtils.#rm...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 > >>