るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
165件ヒット [1-100件を表示] (0.025秒)
トップページ > クエリ:Range#begin[x]

別のキーワード

  1. net/http set_range
  2. httpheader set_range
  3. range step
  4. range min
  5. range each

検索結果

<< 1 2 > >>

Range#begin -> object (62120.0)

始端の要素を返します。範囲オブジェクトが始端を含むかどうかは関係ありま せん。

...要素を返します。範囲オブジェクトが始端を含むかどうかは関係ありま
せん。

例:

p (1..5).begin # => 1
p (1..0).begin # => 1

@see Range#end...

Range#first -> object (47020.0)

始端の要素を返します。範囲オブジェクトが始端を含むかどうかは関係ありま せん。

...要素を返します。範囲オブジェクトが始端を含むかどうかは関係ありま
せん。

例:

p (1..5).begin # => 1
p (1..0).begin # => 1

@see Range#end...

Range#first(n) -> [object] (47010.0)

最初の n 要素を返します。範囲内に要素が含まれない場合は空の配列を返します。

...e TypeError 引数に整数以外の(暗黙の型変換が行えない)オブジェクトを
指定した場合に発生します。

@raise ArgumentError n に負の数を指定した場合に発生します。

例:

(10..20).first(3) # => [10, 11, 12]

@see Range#last, 12697...

Range#===(obj) -> bool (21072.0)

obj が範囲内に含まれている時に真を返します。

...る時に真を返します。

Range
#=== は主に case 式での比較に用いられます。

Range
#include? と異なり <=> メソッドによる演算により範囲内かどうかを判定します。
Range
#include? は原則として離散値を扱い、
Range
#cover? は連続値を扱い...
...ます。
(数値については、例外として Range#include? も連続的に扱います。)

Range
#exclude_end?がfalseなら「begin <= obj <= end」を
trueなら「begin <= obj < end」を意味します。

引数がRangeオブジェクトの場合、引数の範囲がselfの範囲に...
...rue
(Time.new(2014,1,3)..Time.new(2014,1,5)).cover?(Time.new(2014,1,4,10,10,10)) # => true
//}

//emlist[Range の例][ruby]{
(1..5).cover?(2..3) #=> true
(1..5).cover?(0..6) #=> false
(1..5).cover?(1...6) #=> true
//}
@see d:spec/control#case
@see Range#include?

@see Range#include?...

Range#cover?(obj) -> bool (21072.0)

obj が範囲内に含まれている時に真を返します。

...を返します。


Range
#include? と異なり <=> メソッドによる演算により範囲内かどうかを判定します。
Range
#include? は原則として離散値を扱い、
Range
#cover? は連続値を扱います。
(数値については、例外として Range#include? も連続...
...的に扱います。)

Range
#exclude_end?がfalseなら「begin <= obj <= end」を
trueなら「begin <= obj < end」を意味します。


@param obj 比較対象のオブジェクトを指定します。

//emlist[数値は連続的に扱われているため、 include? / cover? が同じ結...
...ue
(Time.new(2014,1,3)..Time.new(2014,1,5)).include?(Time.new(2014,1,4,10,10,10)) # => true
(Date.new(2014,1,3)..Date.new(2014,1,5)).cover?(Date.new(2014,1,5)) # => true
(Time.new(2014,1,3)..Time.new(2014,1,5)).cover?(Time.new(2014,1,4,10,10,10)) # => true
//}


@see Range#include?...
...る時に真を返します。

Range
#=== は主に case 式での比較に用いられます。

Range
#include? と異なり <=> メソッドによる演算により範囲内かどうかを判定します。
Range
#include? は原則として離散値を扱い、
Range
#cover? は連続値を扱い...
...ます。
(数値については、例外として Range#include? も連続的に扱います。)

Range
#exclude_end?がfalseなら「begin <= obj <= end」を
trueなら「begin <= obj < end」を意味します。

引数がRangeオブジェクトの場合、引数の範囲がselfの範囲に...
...rue
(Time.new(2014,1,3)..Time.new(2014,1,5)).cover?(Time.new(2014,1,4,10,10,10)) # => true
//}

//emlist[Range の例][ruby]{
(1..5).cover?(2..3) #=> true
(1..5).cover?(0..6) #=> false
(1..5).cover?(1...6) #=> true
//}
@see d:spec/control#case
@see Range#include?

@see Range#include?...

絞り込み条件を変える

Range#end -> object (21020.0)

終端の要素を返します。範囲オブジェクトが終端を含むかどうかは関係ありま せん。

...ブジェクトが終端を含むかどうかは関係ありま
せん。

例:

(10..20).last # => 20
(10...20).last # => 20

@see Range#begin...

Range#last -> object (21020.0)

終端の要素を返します。範囲オブジェクトが終端を含むかどうかは関係ありま せん。

...ブジェクトが終端を含むかどうかは関係ありま
せん。

例:

(10..20).last # => 20
(10...20).last # => 20

@see Range#begin...

Range#last(n) -> [object] (21015.0)

最後の n 要素を返します。範囲内に要素が含まれない場合は空の配列を返します。

...

[注意] 引数を省略して実行した場合は、終端を含むかどうか
(Range#exclude_end? の戻り値)に関わらず終端の要素を返す事に注意し
てください。

例:

(10..20).last(3) # => [18, 19, 20]
(10...20).last(3) # => [17, 18, 19]

@see Range#first...

Random#rand(range) -> Integer | Float | nil (251.0)

一様な疑似乱数を発生させます。

...番目の形式では range で指定された範囲の値を返します。
range
の始端と終端が共に整数の場合は整数を、少なくとも片方が実数の場合は実数を返します。
range
に含まれる数が無い場合は nil を返します。
range
が終端を含まな...
...ます。
range
.end - range.begin が整数を返す場合は range.begin + self.rand((range.end - range.begin) + e)
の値を返します(e は終端を含む場合は1、含まない場合は0です)。
range
.end - range.begin が実数を返す場合も同様です。
このため range が Time...
...体は乱数値の範囲に含まれません。
@param range 発生させる乱数値の範囲を Range オブジェクトで指定します。
range
.end - range.begin は数値である必要があり、
range
.begin + 数値 が適切な値を返す必要があります...

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (198.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...776>))

: ((<"rescue/ensure on begin .. end while"|制御構造/while 修飾子>)) [compat]

rescue/ensure を持つ begin 式も while/until 修飾できるようになりまし
た。

以前は、rescue/ensure を持つ while/until 修飾式は、通常の begin 式に
while/until 修飾...
...ess::Status#pid|Process::Status/pid>)) [new]

追加

=== Range

: ((<Range#step|Range/step>)) [new]

追加。step ごとの要素で繰り返します。

: ((<Range#include?|Range/include?>)) [new]
: ((<Range#member?|Range/member?>)) [new]
追加

=== Regexp

: ((<Reg...
...(<ruby-bugs-ja:PR#94>)), ((<rubyist:0831>))

=== Range

: ((<Range#max|Range/max>)) [change]
: ((<Range#min|Range/min>)) [change]
: ((<Range#include?|Range/include?>)) [change]
: ((<Range#member?|Range/member?>)) [change]

Range
#max, Range#min, Range#include? が <=> メソッドによる範囲演...

絞り込み条件を変える

String#[](range) -> String (191.0)

rangeで指定したインデックスの範囲に含まれる部分文字列を返します。

...
range
で指定したインデックスの範囲に含まれる部分文字列を返します。

@param range 取得したい文字列の範囲を示す Range オブジェクト

=== rangeオブジェクトが終端を含む場合

インデックスと文字列の対応については以下の...
...[2..4] # => 'cde'

range
.last が文字列の長さ以上のときは
(文字列の長さ - 1) を指定したものとみなされます。

range
.first が 0 より小さいか文字列の長さより大きいときは nil を
返します。ただし range.first および range.last のどちら...
...=> ""
'abcd'[ 4 .. 2] # => ""
'abcd'[ 5 .. 2] # => nil

'abcd'[-3 .. 2] # => "bc"
'abcd'[-4 .. 2] # => "abc"
'abcd'[-5 .. 2] # => nil
//}

=== rangeオブジェクトが終端を含まない場合

文字列と「隙間」の関係については以下の模式図を参照してください。...

String#slice(range) -> String (191.0)

rangeで指定したインデックスの範囲に含まれる部分文字列を返します。

...
range
で指定したインデックスの範囲に含まれる部分文字列を返します。

@param range 取得したい文字列の範囲を示す Range オブジェクト

=== rangeオブジェクトが終端を含む場合

インデックスと文字列の対応については以下の...
...[2..4] # => 'cde'

range
.last が文字列の長さ以上のときは
(文字列の長さ - 1) を指定したものとみなされます。

range
.first が 0 より小さいか文字列の長さより大きいときは nil を
返します。ただし range.first および range.last のどちら...
...=> ""
'abcd'[ 4 .. 2] # => ""
'abcd'[ 5 .. 2] # => nil

'abcd'[-3 .. 2] # => "bc"
'abcd'[-4 .. 2] # => "abc"
'abcd'[-5 .. 2] # => nil
//}

=== rangeオブジェクトが終端を含まない場合

文字列と「隙間」の関係については以下の模式図を参照してください。...

Random#rand -> Float (151.0)

一様な疑似乱数を発生させます。

...番目の形式では range で指定された範囲の値を返します。
range
の始端と終端が共に整数の場合は整数を、少なくとも片方が実数の場合は実数を返します。
range
に含まれる数が無い場合は nil を返します。
range
が終端を含まな...
...ます。
range
.end - range.begin が整数を返す場合は range.begin + self.rand((range.end - range.begin) + e)
の値を返します(e は終端を含む場合は1、含まない場合は0です)。
range
.end - range.begin が実数を返す場合も同様です。
このため range が Time...
...体は乱数値の範囲に含まれません。
@param range 発生させる乱数値の範囲を Range オブジェクトで指定します。
range
.end - range.begin は数値である必要があり、
range
.begin + 数値 が適切な値を返す必要があります...

Random#rand(max) -> Integer | Float (151.0)

一様な疑似乱数を発生させます。

...番目の形式では range で指定された範囲の値を返します。
range
の始端と終端が共に整数の場合は整数を、少なくとも片方が実数の場合は実数を返します。
range
に含まれる数が無い場合は nil を返します。
range
が終端を含まな...
...ます。
range
.end - range.begin が整数を返す場合は range.begin + self.rand((range.end - range.begin) + e)
の値を返します(e は終端を含む場合は1、含まない場合は0です)。
range
.end - range.begin が実数を返す場合も同様です。
このため range が Time...
...体は乱数値の範囲に含まれません。
@param range 発生させる乱数値の範囲を Range オブジェクトで指定します。
range
.end - range.begin は数値である必要があり、
range
.begin + 数値 が適切な値を返す必要があります...

Rubyで使われる記号の意味(正規表現の複雑な記号は除く) (66.0)

Rubyで使われる記号の意味(正規表現の複雑な記号は除く) ex q num per and or  plus minus ast slash hat sq  period comma langl rangl eq tilde  dollar at under lbrarbra  lbra2rbra2 lbra3rbra3 dq colon ac  backslash semicolon

...a}" #=> "a is 10"
//}

: Range#each

説明文の中でのみ使われます。Ruby言語の要素ではありません。クラスのインスタンスメソッドであることを
簡単に表示するための表記法です。一方、クラスメソッドは「Range.new」のように「....
...クトのメソッド

: Range.new

オブジェクトのメソッドだが、説明文の中では特にクラスのクラスメソッド/モジュールの
モジュールメソッドを示すことに使われます。一方、インスタンスメソッドは「Range#each」のように
...
... Range オブジェクトを作る範囲演算子です。全体で範囲式といいます。d:spec/operator#range

: 1 ... 20

最大値を含まない Range オブジェクトを作る範囲演算子です。
全体で範囲式といいます。d:spec/operator#range

: if /^begin/ .. /...

絞り込み条件を変える

Marshal フォーマット (48.0)

Marshal フォーマット 2002-04-04 ドラフトのドラフトのドラフトの....

...したものをロードできない
この関連バグは他にもあったと思うが再現スクリプトが不明。

: <= 1.6.1
* Range が終端を含むかどうかのフラグがダンプ時に保存されない

以下は、テストスクリプトです(要 RubyUnit)

# test...
...f foo
end
end

class TestMarshal < RUNIT::TestCase

def assert_no_dumpable(obj)
ex = assert_exception(TypeError) {
begin

# Marshal.dump will cause TypeError or ArgumentError
Marshal.dump obj
rescue ArgumentError
case...
...ef test_Range
# Range#== is changed from 1.6.2
# On ruby version 1.6.0 - 1.6.1, Range.new(1,2) != Range.new(1,2)
# assert_dumpable_and_equal 1..2
# assert_dumpable_and_equal 1...2

obj = Marshal.load(Marshal.dump 1..2)
assert_equals(1, obj.begin)...

NEWS for Ruby 2.5.0 (30.0)

NEWS for Ruby 2.5.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...ransform_keys を追加 13583
* Hash#transform_keys! を追加 13583
* Hash#slice を追加 8499

* IO
* IO.copy_stream は copy_file_range(2) を使うようになりました。また、その実装が使えない場合は他の実装へフォールバックするようにしまし...
...しました 11952
* Process.last_status を追加。$? と同じです 14043

* Range
* Range.new no longer hides exceptions when comparing begin and
end with #<=> and raise a "bad value for range" ArgumentError
but instead lets the exception from the #<=> call go through....

String#[](regexp, nth = 0) -> String (21.0)

正規表現 regexp の nth 番目の括弧にマッチする最初の部分文字列を返します。 nth を省略したときや 0 の場合は正規表現がマッチした部分文字列全体を返します。 正規表現が self にマッチしなかった場合や nth に対応する括弧がないときは nil を返します。

...m regexp 取得したい文字列のパターンを示す正規表現
@param nth 取得したい正規表現レジスタのインデックス。整数

//emlist[例][ruby]{
p "foobar"[/bar/] # => "bar"
p $~.begin(0) # => 3
p "def getcnt(line)"[ /def\s+(\w+)/, 1 ] # => "getcnt"
//}...

String#slice(regexp, nth = 0) -> String (21.0)

正規表現 regexp の nth 番目の括弧にマッチする最初の部分文字列を返します。 nth を省略したときや 0 の場合は正規表現がマッチした部分文字列全体を返します。 正規表現が self にマッチしなかった場合や nth に対応する括弧がないときは nil を返します。

...m regexp 取得したい文字列のパターンを示す正規表現
@param nth 取得したい正規表現レジスタのインデックス。整数

//emlist[例][ruby]{
p "foobar"[/bar/] # => "bar"
p $~.begin(0) # => 3
p "def getcnt(line)"[ /def\s+(\w+)/, 1 ] # => "getcnt"
//}...
<< 1 2 > >>