るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
189件ヒット [1-100件を表示] (0.257秒)
トップページ > クエリ:OpenSSL::X509::Request[x]

別のキーワード

  1. new openssl::bn
  2. new openssl::asn1::asn1data
  3. new openssl::x509::certificate
  4. new openssl::pkey::ec::group
  5. new openssl::cipher.ciphers

検索結果

<< 1 2 > >>

OpenSSL::X509::Request (23006.0)

X.509 の証明書署名要求(Certificate Signing Request, CSR)を表わす クラスです。

...ら秘密鍵を読み込む
rsa = OpenSSL::PKey::RSA.new(File.read("privkey.pem"))
# 新しい CSR オブジェクトを生成
csr = OpenSSL::X509::Request.new
# DN を生成
name = OpenSSL::X509::Name.new
name.add_entry('C', 'JP')
name.add_entry('ST', 'Osaka')
name.add_entry('CN', '...

OpenSSL::X509::Request.new -> OpenSSL::X509::Request (21130.0)

新しい OpenSSL::X509::Request オブジェクトを生成します。

...新しい OpenSSL::X509::Request オブジェクトを生成します。

引数なしの場合は空の OpenSSL::X509::Request オブジェクトを生成します。

引数が文字列の場合は、PEM 形式もしくは DER 形式であると
みなしてオブジェクトを生成します。...
...引数が IO オブジェクトである場合は、そのファイルの中身から
オブジェクトを生成します。

引数が OpenSSL::X509::Request である場合には、その内容を
コピーしたオブジェクトを生成します。

引数が to_der メソッドを持つ場...
...合は、そのメソッドによって
DER 形式の文字列に変換してからオブジェクトを生成します。

@param obj CSR のデータ
@raise OpenSSL::X509::RequestError CSR のフォーマットが不正であるなど、読み込みに失敗した場合に発生します...

OpenSSL::X509::Request.new(obj) -> OpenSSL::X509::Request (21130.0)

新しい OpenSSL::X509::Request オブジェクトを生成します。

...新しい OpenSSL::X509::Request オブジェクトを生成します。

引数なしの場合は空の OpenSSL::X509::Request オブジェクトを生成します。

引数が文字列の場合は、PEM 形式もしくは DER 形式であると
みなしてオブジェクトを生成します。...
...引数が IO オブジェクトである場合は、そのファイルの中身から
オブジェクトを生成します。

引数が OpenSSL::X509::Request である場合には、その内容を
コピーしたオブジェクトを生成します。

引数が to_der メソッドを持つ場...
...合は、そのメソッドによって
DER 形式の文字列に変換してからオブジェクトを生成します。

@param obj CSR のデータ
@raise OpenSSL::X509::RequestError CSR のフォーマットが不正であるなど、読み込みに失敗した場合に発生します...

OpenSSL::X509::Request#add_attribute(attr) -> OpenSSL::X509::Attribute (21012.0)

新たな attribute を CSR に追加します。

...nSSL::X509::Attribute の
インスタンス)
@return 渡した attribute オブジェクトを返します
@see OpenSSL::X509::Request#attribute,
OpenSSL::X509::Request
#attribute=...

OpenSSL::X509::Request#attributes -> [OpenSSL::X509::Attribute] (21012.0)

CSR が保持している attribute を OpenSSL::X509::Attribute の配列で返します。

...名要求 に含まれる申請者に関する
追加的な情報です。必須ではありません。X.509v3 拡張領域を
CSR に含めるときは "reqExt" という oid の attribute を追加
します。

@see OpenSSL::X509::Request#attribute=,
OpenSSL::X509::Request
#add_attribute...

絞り込み条件を変える

OpenSSL::X509::Request#attributes=(attrs) (21012.0)

CSR の attribute をクリアして新しい attribute を設定します。

...


@param attrs 新たに設定する attribute(OpenSSL::X509::Attribute の
インスタンス)の配列
@see OpenSSL::X509::Request#attribute
OpenSSL::X509::Request
#add_attribute...

OpenSSL::X509::Request#sign(key, digest) -> self (21006.0)

証明書署名要求に秘密鍵で署名をします。

...秘密鍵で署名されます。

@param key 秘密鍵(OpenSSL::PKey::PKey のサブクラスのオブジェクト)
@param digest ハッシュ関数を表す文字列("sha1" など)
@raise OpenSSL::X509::RequestError 署名に失敗した場合に発生します
@see OpenSSL::X509::Request#verify...

OpenSSL::X509::Request#subject -> OpenSSL::X509::Name (21006.0)

証明書署名要求の申請者名を返します。

...証明書署名要求の申請者名を返します。

@raise OpenSSL::X509::RequestError 名前の取得に失敗した場合に発生します
@see OpenSSL::X509::Request#subject=...

OpenSSL::X509::Request#subject=(subject) (21006.0)

証明書署名要求の申請者名を設定します。

...します。

@param subject 設定する名前を OpenSSL::X509::Name で渡します
@raise OpenSSL::X509::RequestError 名前の設定に失敗した場合に発生します
@see OpenSSL::X509::Request#subject...

OpenSSL::X509::Request#verify(key) -> bool (21006.0)

署名を検証します。

...には true を、失敗した場合には false を返します。

@param key 検証に利用する公開鍵(OpenSSL::PKey::PKey のサブクラスのインスタンス)
@raise OpenSSL::X509::RequestError 検証時にエラーが生じた場合に発生します
@see OpenSSL::X509::Request#sign...

絞り込み条件を変える

OpenSSL::X509::Request#version -> Integer (21006.0)

バージョンを返します。

...バージョンを返します。

PKCS#10 v1.7(2986)では0を返します。

@see OpenSSL::X509::Request#version=...

OpenSSL::X509::Request#version=(version) (21006.0)

バージョンを設定します。

...バージョンを設定します。

@param version 設定するバージョンの整数
@see OpenSSL::X509::Request#version...

OpenSSL::X509::Request#public_key -> OpenSSL::PKey::PKey (21000.0)

申請者の公開鍵を返します。

...返します。

実際には OpenSSL::PKey::PKey 自体のインスタンスでなく、
そのサブクラスを返します。

@raise OpenSSL::X509::RequestError 公開鍵の取得に失敗した場合に発生します
@raise OpenSSL::PKey::PKeyError 鍵の形式が不正であった場合に...

OpenSSL::X509::Request#public_key=(pkey) (21000.0)

申請者の公開鍵を設定します。

...設定します。

@param pkey 設定する公開鍵を OpenSSL::PKey::PKey のサブクラスのインスタンスで渡します
@raise OpenSSL::X509::RequestError 公開鍵の設定に失敗した場合に発生します...

OpenSSL::X509::Request#signature_algorithm -> String (21000.0)

証明書署名要求の署名に使われているアルゴリズム名を文字列で返します。

証明書署名要求の署名に使われているアルゴリズム名を文字列で返します。

絞り込み条件を変える

<< 1 2 > >>