るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
197件ヒット [1-100件を表示] (0.020秒)
トップページ > クエリ:Math::PI[x]

別のキーワード

  1. math log
  2. math sqrt
  3. _builtin math
  4. bigdecimal/math pi
  5. bigdecimal/math sin

ライブラリ

クラス

モジュール

キーワード

検索結果

<< 1 2 > >>

Math::PI -> Float (23006.0)

円周率

...円周率

//emlist[例][ruby]{
p Math::PI
# => 3.141592654
//}...

Numeric#angle -> 0 | Math::PI (119.0)

自身の偏角(正の数なら 0、負の数なら Math::PI)を返します。

...自身の偏角(正の数なら 0、負の数なら Math::PI)を返します。

例:

1.arg # => 0
-1.arg # => 3.141592653589793

Numeric のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。

@see Complex#arg...

Numeric#arg -> 0 | Math::PI (119.0)

自身の偏角(正の数なら 0、負の数なら Math::PI)を返します。

...自身の偏角(正の数なら 0、負の数なら Math::PI)を返します。

例:

1.arg # => 0
-1.arg # => 3.141592653589793

Numeric のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。

@see Complex#arg...

Numeric#phase -> 0 | Math::PI (119.0)

自身の偏角(正の数なら 0、負の数なら Math::PI)を返します。

...自身の偏角(正の数なら 0、負の数なら Math::PI)を返します。

例:

1.arg # => 0
-1.arg # => 3.141592653589793

Numeric のサブクラスは、このメソッドを適切に再定義しなければなりません。

@see Complex#arg...

CMath.#cos!(x) -> Float (18.0)

実数 x の余弦関数の値を返します。Math.#cos のエイリアス です。

...に発生します。

@raise RangeError x に実数以外の数値を指定した場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
require "cmath"
CMath.cos!(0 * Math::PI / 4) # => 1.0
CMath.cos!(1 * Math::PI / 4) # => 0.7071067811865476
CMath.cos!(4 * Math::PI / 4) # => -1.0
//}

@see Math.#cos...

絞り込み条件を変える

CMath.#sin!(x) -> Float (18.0)

実数 x の正弦関数の値を返します。Math.#sin のエイリアス です。

...に発生します。

@raise RangeError x に実数以外の数値を指定した場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
require "cmath"
CMath.sin!(0 * Math::PI / 4) # => 0.0
CMath.sin!(1 * Math::PI / 4) # => 0.7071067811865475
CMath.sin!(2 * Math::PI / 4) # => 1.0
//}

@see Math.#sin...

CMath.#tan!(x) -> Float (18.0)

実数 x の正接関数の値を返します。Math.#tan のエイリアス です。

...定した場合に発生します。

@raise RangeError x に実数以外の数値を指定した場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
require "cmath"
CMath.tan!(0 * Math::PI / 4) # => 0.0
CMath.tan!(1 * Math::PI / 4) # => 1.0
CMath.tan!(4 * Math::PI / 4) # => 0.0
//}

@see Math.#tan...

Marshal フォーマット (18.0)

Marshal フォーマット 2002-04-04 ドラフトのドラフトのドラフトの....

...8, "foo"]
//}

: Float

'f'

//emlist{
| 'f' | 数値列の長さ(Fixnum形式) | "%.16g" の文字列 |
//}

例:
//emlist{
p Marshal.dump(Math::PI).unpack("x2 a c a*")
# => ["f", 22, "3.141592653589793"]

p Marshal.dump(0.0/0).unpack("x2 a c a*") # => ["f", 8, "nan"]
p Marshal.dump(1.0/0).u...
...to "%.16g"
if $version_dependent_behavior and RUBY_VERSION <= '1.6.3'
assert_dumpable_but_not_equal Math::PI
else
assert_dumpable_and_equal Math::PI
end
end

def test_Proc
assert_no_dumpable proc { }
end

def test_Process__S...

Float#angle -> 0 | Float (16.0)

自身の偏角(正の数なら 0、負の数なら Math::PI)を返します。

...自身の偏角(正の数なら 0、負の数なら Math::PI)を返します。

//emlist[例][ruby]{
1.arg # => 0
-1.arg # => 3.141592653589793
//}

ただし、自身が NaN(Not a number) であった場合は、NaN を返します。...

Float#arg -> 0 | Float (16.0)

自身の偏角(正の数なら 0、負の数なら Math::PI)を返します。

...自身の偏角(正の数なら 0、負の数なら Math::PI)を返します。

//emlist[例][ruby]{
1.arg # => 0
-1.arg # => 3.141592653589793
//}

ただし、自身が NaN(Not a number) であった場合は、NaN を返します。...

絞り込み条件を変える

Float#phase -> 0 | Float (16.0)

自身の偏角(正の数なら 0、負の数なら Math::PI)を返します。

...自身の偏角(正の数なら 0、負の数なら Math::PI)を返します。

//emlist[例][ruby]{
1.arg # => 0
-1.arg # => 3.141592653589793
//}

ただし、自身が NaN(Not a number) であった場合は、NaN を返します。...

Numeric#polar -> [Numeric, Numeric] (16.0)

自身の絶対値と偏角を配列にして返します。正の数なら [self, 0]、負の数な ら [-self, Math::PI] を返します。

...自身の絶対値と偏角を配列にして返します。正の数なら [self, 0]、負の数な
ら [-self, Math::PI] を返します。

例:

1.0.polar # => [1.0, 0]
2.0.polar # => [2.0, 0]
-1.0.polar # => [1.0, 3.141592653589793]
-2.0.polar # => [2.0, 3.141592653589793]

Numeric...

CMath.#exp(z) -> Float | Complex (12.0)

z の指数関数(Math::E の z 乗)の値を返します。

...@raise TypeError z に数値以外を指定した場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
require "cmath"
CMath.exp(Complex(0, 0))# => (1.0+0.0i)
CMath.exp(Complex(0, Math::PI)) # => (-1.0+1.2246063538223773e-16i)
CMath.exp(Complex(0, Math::PI / 2.0)) # => (6.123031769111886e-17+1.0i)
//}...

Complex#angle -> Float (6.0)

自身の偏角を[-π,π]の範囲で返します。

...自身の偏角を[-π,π]の範囲で返します。

//emlist[例][ruby]{
Complex.polar(3, Math::PI/2).arg # => 1.5707963267948966
//}

非正の実軸付近での挙動に注意してください。以下の例のように虚部が 0.0 と
-0.0 では値が変わります。

//emlist[例][ruby]...

Complex#arg -> Float (6.0)

自身の偏角を[-π,π]の範囲で返します。

...自身の偏角を[-π,π]の範囲で返します。

//emlist[例][ruby]{
Complex.polar(3, Math::PI/2).arg # => 1.5707963267948966
//}

非正の実軸付近での挙動に注意してください。以下の例のように虚部が 0.0 と
-0.0 では値が変わります。

//emlist[例][ruby]...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 > >>