るりまサーチ (Ruby 2.6.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
1件ヒット [1-1件を表示] (0.086秒)
トップページ > クエリ:IO[x] > バージョン:2.6.0[x] > モジュール:Psych[x] > クエリ:safe_load[x]

別のキーワード

  1. fileutils safe_unlink
  2. pstore ultra_safe
  3. pstore ultra_safe=
  4. psych safe_load
  5. etc sc_thread_safe_functions

ライブラリ

検索結果

Psych.safe_load(yaml, whitelist_classes = [], whitelist_symbols = [], aliases = false, filename = nil, symbolize_names: false) -> object (54433.0)

安全に YAML フォーマットの文書を読み込み Ruby のオブジェクトを生成して返します。

...ださい:

Psych
.safe_load(yaml, [Date])

すると上のクラス一覧に加えて Date クラスが読み込まれます。

エイリアスは aliases パラメーターを変更することで明示的に許可できます。

例:

x = []
x << x
yaml = Psych.dump x
Psych
.safe_load y...
...aml # => 例外発生
Psych
.safe_load yaml, [], [], true # => エイリアスが読み込まれる

yaml にホワイトリストにないクラスが含まれていた場合は、
Psych
::DisallowedClass 例外が発生します。

yaml がエイリアスを含んでいて aliases...
...
Psych
::BadAlias 例外が発生します。

filename はパース中に発生した例外のメッセージに用います。

キーワード引数 symbolize_names に true を指定した場合はハッシュのキー
を Symbol に変換して返します。

//emlist[例][ruby]{
Psych
.safe_...