るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
55件ヒット [1-55件を表示] (0.038秒)
トップページ > クエリ:IO[x] > クエリ:write[x] > クエリ:write_nonblock[x]

別のキーワード

  1. rexml/document write
  2. _builtin write
  3. io write
  4. stringio write_nonblock
  5. tuple write

ライブラリ

クラス

モジュール

検索結果

IO#write_nonblock(string, exception: true) -> Integer | :wait_writable (45370.0)

IO をノンブロッキングモードに設定し、string を write(2) システムコールで書き出します。

...
IO
をノンブロッキングモードに設定し、string を write(2) システムコールで書き出します。

write
(2) が成功した場合、書き込んだ長さを返します。
EAGAIN, EINTR などは例外 Errno::EXXX として呼出元に報告されます。

書き込んだバ...
...ブジェクトに IO::WaitWritable が Object#extend
されます。よって IO::WaitWritable を write_nonblock のリトライが必要
かの判定に用いることができます。

@param string 自身に書き込みたい文字列を指定します。

@param exception false を指定す...
...込み時に Errno::EAGAIN、Errno::EWOULDBLOCK が発生
する代わりに :wait_writable を返します。

@raise IOError 自身が書き込み用にオープンされていなければ発生します。

@raise Errno::EXXX write(2) が失敗した場合に発生します。...

OpenSSL::Buffering#write_nonblock(s) -> Integer (24238.0)

文字列 s をノンブロッキングモードで書き込みます。

...の時点で
ブロックする可能性があります。

基本的には IO#write_nonblock と同様です。しかし以下のような
違いもあります。

このメソッドはソケットが読み込み不可能(IO::WaitReadable)
という理由で
例外を発生させる可能性があ...
...ある場合に発生します。
読み込み可能状態を待つ必要がある場合には IO::WaitReadable を、
書き込み可能状態を待つ必要がある場合には IO::WaitWritable を、
それぞれ extend した例外オブジェクトが生成されます。...

StringIO#write_nonblock(obj) -> Integer (24218.0)

自身に obj を書き込みます。StringIO#write と同じです。

...自身に obj を書き込みます。StringIO#write と同じです。

@param obj 書き込みたいオブジェクトを指定します。

@raise IOError 自身が書き込み用にオープンされていなければ発生します。...

StringIO#syswrite(obj) -> Integer (9118.0)

自身に obj を書き込みます。StringIO#write と同じです。

...自身に obj を書き込みます。StringIO#write と同じです。

@param obj 書き込みたいオブジェクトを指定します。

@raise IOError 自身が書き込み用にオープンされていなければ発生します。...

IO::WaitWritable (3018.0)

例外が書き込み待ちで発生したことを意味します。

...例外が書き込み待ちで発生したことを意味します。

例外オブジェクトに extend されます。詳しくは
IO
#write_nonblock を参照してください。...

絞り込み条件を変える

NEWS for Ruby 2.2.0 (78.0)

NEWS for Ruby 2.2.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...* 改善: メジャーGCにインクリメンタルマーキングを導入しました。 10137

* IO
* 改善: Windows上でパイプのための IO#read_nonblock, IO#write_nonblock をサポートしました。

* Kernel
* 追加: Kernel.#itself(Object#itself)
* 改善: Kern...
...るポリシーを変更しました 10315
{ **hash1, **hash2 } は重複するキーについては hash2 の値を持ちます

* IO
* 非互換: IO#flush を使ったとき、ファイルのメタデータが即時更新されることを仮定できなくなりました。
...
...はファイルシステムの負荷が下がるまで遅延されます。
メタデータが更新されることを保証したい場合は IO#fsync を使ってください。

* Math
* 非互換: Math.#log は 基底が 0 より小さいとき NaN を返すかわりに Math::DomainE...

NEWS for Ruby 2.1.0 (66.0)

NEWS for Ruby 2.1.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...i'という接尾辞を付けられるようになりました
//emlist{
# r を付けると有理数になる
42r # => Rational(42, 1)
3.14 # => 3.14.rationalize
6.022e+23r # 指数形式と一緒には使えない

# i を付けると虚数単位 i を掛けた数になる...
...張: IO#seek 第2引数としてシンボルを受け付けるようになりました (:CUR, :END, :SET, :DATA, :HOLE)
* 拡張: IO#read_nonblock シンボルを返すためにキーワード引数 `exception: false` を受け付けるようになりました
* 拡張: IO#write_nonblock...
...ィールドに同じ名前を使うことをサポートしました (Set-Cookieのように)

* Pathname
* 追加: Pathname#write
* 追加: Pathname#binwrite

* rake
* 10.1.0 に更新しました。古い名前空間を削除しました。また、古い rake の機能も削除...

NEWS for Ruby 2.5.0 (66.0)

NEWS for Ruby 2.5.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...非推奨になりました。C拡張のベースクラスでしたが、Rubyレベルに公開するのをやめました。3072

* Exception
* Exception#full_message を追加 14141 [実験的]
例外の文字列表現を取得します。その文字列は捕捉されない例外をRu...
...加 8499

* IO
* IO.copy_stream は copy_file_range(2) を使うようになりました。また、その実装が使えない場合は他の実装へフォールバックするようにしました 13867
* IO#pread を追加 4532
* IO#pwrite を追加 4532
* IO#write 複数の引...
...をやめました 14216

* zlip
* Zlib::GzipWriter#write は複数の引数を受け取れるようになりました

=== 互換性 (機能追加とバグ修正以外)

* Socket
* BasicSocket#read_nonblock と BasicSocket#write_nonblock
副作用として O_NONBLOCK フラグ...

OpenSSL::Buffering (46.0)

OpenSSL::SSL::SSLSocket にバッファリング付きIO機能を提供する モジュールです。

...OpenSSL::SSL::SSLSocket にバッファリング付きIO機能を提供する
モジュールです。


IO
クラスと同様のメソッドを提供しています。

内部的には sysread, syswrite, sysread_nonblock, syswrite_nonblock,
sysclose といった OpenSSL::SSL::SSLSocket が提供...
...LSocket がラップしているソケット
をバッファ経由でデータを暗号化してやりとりを行います。

=== IO との違い
このクラスは IO クラスと同様のメソッドを提供していますが、
以下の点で異なります。これらは今後のバージョ...
...モードはなく
nil を渡すとエラーとなります
* read_nonblock が書き込み不可能で例外を発生させたり、
write_nonblock
が読み込み不可能で例外を発生させたりします。
これは暗号化通信でのデータの送信には双方向のメ...

ruby 1.8.5 feature (24.0)

ruby 1.8.5 feature ruby 1.8.4 から ruby 1.8.5 までの変更点です。

...s10 = RSS::Parser.parse(File.read("1.0.rdf"))
File.open("2.0.rss", "w") {|f| f.print(rss10.to_xml("2.0"))}

((<ruby-talk:197284>))

: RSS::VERSION

"0.1.5"から"0.1.6"になりました。

=== 2006-06-14

: Process.getrlimit(resource) [new]
: Process.setrlimit(resource, limit) [new]
: Pro...
...om_nonblock [new]
: TCPServer#accept_nonblock [new]
: UNIXServer#accept_nonblock [new]

((<ruby-core:7925>))

=== 2006-05-22

: IO#read_nonblock [new]
: IO#write_nonblock [new]
: Socket#connect_nonblock [new]
: Socket#accept_nonblock [new]
: Socket#recvfrom_nonblock [new]

((<ruby-core:7917>))...

絞り込み条件を変える