るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
272件ヒット [1-100件を表示] (0.044秒)
トップページ > クエリ:IO[x] > クエリ:write[x] > クエリ:test[x]

別のキーワード

  1. io popen
  2. io pipe
  3. io lines
  4. io readlines
  5. io each

ライブラリ

クラス

モジュール

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 > >>

IO#clone -> IO (21218.0)

レシーバと同じ IO を参照する新しい IO オブジェクトを返します。 参照しているファイル記述子は dup(2) されます。

...シーバと同じ IO を参照する新しい IO オブジェクトを返します。
参照しているファイル記述子は dup(2) されます。

clone の際に self は一旦 IO#flush されます。
フリーズした IO の clone は同様にフリーズされた IO を返しますが、...
...しいフリーズされていない IO を返します。

@raise IOError 既に close されていた場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
clone_io = nil
IO
.write("testfile", "test")
File.open("testfile") do |io|
clone_io = io.clone
end
clone_io.read # => "test"
clone_io.close
//}...

IO#dup -> IO (21218.0)

レシーバと同じ IO を参照する新しい IO オブジェクトを返します。 参照しているファイル記述子は dup(2) されます。

...シーバと同じ IO を参照する新しい IO オブジェクトを返します。
参照しているファイル記述子は dup(2) されます。

clone の際に self は一旦 IO#flush されます。
フリーズした IO の clone は同様にフリーズされた IO を返しますが、...
...しいフリーズされていない IO を返します。

@raise IOError 既に close されていた場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
clone_io = nil
IO
.write("testfile", "test")
File.open("testfile") do |io|
clone_io = io.clone
end
clone_io.read # => "test"
clone_io.close
//}...

IO#close -> nil (21054.0)

入出力ポートをクローズします。

...ポートをクローズします。

以後このポートに対して入出力を行うと例外 IOError が発生しま
す。ガーベージコレクトの際にはクローズされていない IO ポートはクロー
ズされます。
self がパイプでプロセスにつながっていれ...
...e IOError 既に close されていた場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
IO
.write("testfile", "test")
f = File.open("testfile")
f.read # => "test"
f.close
# f.read # => IOError (すでに close しているので read できない)
//}

@see IO#closed?, IO#close_read, IO#close_write...
...se Errno::EXXX close に失敗した場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
IO
.write("testfile", "test")
f = File.open("testfile")
f.read # => "test"
f.close
# f.read # => IOError (すでに close しているので read できない)
//}

@see IO#closed?, IO#close_read, IO#close_write...

IO#closed? -> bool (21054.0)

self が完全に(読み込み用と書き込み用の両方が)クローズされている場合に true を返します。 そうでない場合は false を返します。

...例][ruby]{
IO
.write("testfile", "test")
f = File.new("testfile")
f.close # => nil
f.closed? # => true
f = IO.popen("/bin/sh","r+")
f.close_write # => nil
f.closed? # => false
f.close_read # => nil
f.closed? # => true
//}

@see IO#close, IO#close_read, IO#close_write...

IO#getc -> String | nil (21040.0)

IO ポートから外部エンコーディングに従い 1 文字読み込んで返します。 EOF に到達した時には nil を返します。

...
IO
ポートから外部エンコーディングに従い 1 文字読み込んで返します。
EOF に到達した時には nil を返します。

テキスト読み込みメソッドとして動作します。

IO
#readchar との違いは EOF での振る舞いのみです。

@raise IOError...
...ープンされていなければ発生します。

例:
File.write("testfile", "test")
f = File.new("testfile")
p f.getc #=> "い"
p f.getc #=> "ろ"
p f.getc #=> "は"
f.read
f.getc #=> nil

@see IO#readchar...

絞り込み条件を変える

Kernel.#test(cmd, file1, file2) -> bool (18163.0)

2ファイル間のファイルテストを行います。

...とみなします。
@param file1 テストするファイルのパスを表す文字列か IO オブジェクトを指定します。
@param file2 テストするファイルのパスを表す文字列か IO オブジェクトを指定します。
@return 真偽値を返します。

以下は cmd...
...ファイル1とファイル2が同一のファイルである

//emlist[例][ruby]{
IO
.write("testfile1", "test1")
IO
.write("testfile2", "test2")
%w(= < > -).each do |e|
result = test(e, "testfile1", "testfile2")
puts "#{e}: #{result}"
end
//}

# => =: true
# => <: false
# => >: false
# =>...

Kernel.#test(cmd, file) -> bool | Time | Integer | nil (18153.0)

単体のファイルでファイルテストを行います。

...列の場合はその先頭の文字だけをコマンドとみなします。
@param file テストするファイルのパスを表す文字列か IO オブジェクトを指定します。
@return 下表に特に明記していないものは、真偽値を返します。

以下は cmd として...
...me
: ?A
ファイルの最終アクセス時刻を返す -> Time
: ?C
ファイルの inode 変更時刻を返す -> Time

//emlist[例][ruby]{
IO
.write("testfile", "test")
test
("r", "testfile") # => true
test
("s", "testfile") # => 4
test
("M", "testfile") # => 2018-03-31 07:38:40 +0900
//}...

FileTest.#empty?(file) -> bool (3036.0)

ファイルが存在して、そのサイズが 0 である時に真を返します。 そうでない場合、あるいはシステムコールに失敗した場合には false を返します。

...列か IO オブジェクトを指定します。

@raise IOError 指定された IO オブジェクト file が既に close されていた場合に発生します。

//emlist[例:][ruby]{
IO
.write("zero.txt", "")
FileTest.zero?("zero.txt") # => true
IO
.write("nonzero.txt", "1")
FileTest.zero...
...?("nonzero.txt") # => false
//}

@see FileTest.#size, FileTest.#size?...

FileTest.#zero?(file) -> bool (3036.0)

ファイルが存在して、そのサイズが 0 である時に真を返します。 そうでない場合、あるいはシステムコールに失敗した場合には false を返します。

...列か IO オブジェクトを指定します。

@raise IOError 指定された IO オブジェクト file が既に close されていた場合に発生します。

//emlist[例:][ruby]{
IO
.write("zero.txt", "")
FileTest.zero?("zero.txt") # => true
IO
.write("nonzero.txt", "1")
FileTest.zero...
...?("nonzero.txt") # => false
//}

@see FileTest.#size, FileTest.#size?...

FileTest.#size?(file) -> Integer | nil (3030.0)

ファイルのサイズを返します。ファイルが存在しない時や ファイルのサイズが0の時には nil を返します。

... IO オブジェクトを指定します。

@raise IOError 指定された IO オブジェクト file が既に close されていた場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
IO
.write("testfile", "test")
FileTest.size?("testfile") # => 4
File.delete("testfile")
FileTest.size?("testfile...
...") # => nil
//}

@see FileTest.#size, FileTest.#zero?...

絞り込み条件を変える

FileTest.#socket?(file) -> bool (3030.0)

ファイルがソケットである時に真を返します。そうでない場合、ファイルが存在しない場合、あるいはシステムコールに失敗した場合などには false を返します。

...を表す文字列か IO オブジェクトを指定します。

@raise IOError 指定された IO オブジェクト file が既に close されていた場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
require "socket"

IO
.write("testfile", "test")
p FileTest.socket?("testfile")...
...# => false
Socket.unix_server_socket('testsock') { p FileTest.socket?('testsock') } # => true
//}...

FileTest.#grpowned?(file) -> bool (3024.0)

ファイルのグループ ID がカレントプロセスの実効グループ ID と等しい時に真を返 します。そうでない場合、ファイルが存在しない場合、あるいはシステムコールに失敗した場合などには false を返します。

...文字列か IO オブジェクトを指定します。

@raise IOError 指定された IO オブジェクト file が既に close されていた場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
IO
.write("testfile", "")
File.chown(-1, Process.gid, "testfile")
FileTest.grpowned?("testfile") # =...
...> true
File.chown(-1, Process.gid + 10, "testfile")
FileTest.grpowned?("testfile") # => false
//}...

FileTest.#owned?(file) -> bool (3024.0)

ファイルのユーザがカレントプロセスの実効ユーザと等しい時に真を返します。そうでない場合、ファイルが存在しない場合、あるいはシステムコールに失敗した場合などには false を返します。

...す文字列か IO オブジェクトを指定します。

@raise IOError 指定された IO オブジェクト file が既に close されていた場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
IO
.write("testfile", "")
File.chown(Process.uid, -1, "testfile")
FileTest.owned?("testfile") # =...
...> true
File.chown(501, -1, "testfile")
FileTest.owned?("testfile") # => false
//}...

FileTest.#setuid?(file) -> bool (3024.0)

ファイルが setuid(2) されている時に真を返 します。そうでない場合、ファイルが存在しない場合、あるいはシステムコールに失敗した場合などには false を返します。

...列か IO オブジェクトを指定します。

@raise IOError 指定された IO オブジェクト file が既に close されていた場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
require 'fileutils'
IO
.write("testfile", "")
FileUtils.chmod("u+s", "testfile")
FileTest.setuid?("testfile")...
...# => true
FileUtils.chmod("u-s", "testfile")
FileTest.setuid?("testfile") # => false
//}...

FileTest.#setgid?(file) -> bool (3018.0)

ファイルが setgid(2) されている時に真を返 します。そうでない場合、ファイルが存在しない場合、あるいはシステムコールに失敗した場合などには false を返します。

...ル名を表す文字列か IO オブジェクトを指定します。

//emlist[例][ruby]{
require 'fileutils'
IO
.write("testfile", "")
FileUtils.chmod("g+s", "testfile")
FileTest.setgid?("testfile") # => true
FileUtils.chmod("g-s", "testfile")
FileTest.setgid?("testfile") # => false
//}...

絞り込み条件を変える

FileTest.#sticky?(file) -> bool (3018.0)

ファイルの sticky ビット(chmod(2) 参照)が 立っている時に真を返します。そうでない場合、ファイルが存在しない場合、あるいはシステムコールに失敗した場合などには false を返します。

...ル名を表す文字列か IO オブジェクトを指定します。

//emlist[例][ruby]{
require 'fileutils'
IO
.write("testfile", "")
FileUtils.chmod("o+t", "testfile")
FileTest.sticky?("testfile") # => true
FileUtils.chmod("o-t", "testfile")
FileTest.sticky?("testfile") # => false
//}...

FileTest.#symlink?(file) -> bool (3018.0)

ファイルがシンボリックリンクである時に真を返します。そうでない場合、ファイルが存在しない場合、あるいはシステムコールに失敗した場合などには false を返します。

...た場合などには false を返します。

@param file ファイル名を表す文字列を指定します。

//emlist[例][ruby]{
IO
.write("testfile", "test")
FileTest.symlink?("testfile") # => false
File.symlink("testfile", "testlink")
FileTest.symlink?("testlink") # => true
//}...

FileTest.#writable?(file) -> bool (3018.0)

ファイルがカレントプロセスにより書き込み可能である時に真を返します。そうでない場合、ファイルが存在しない場合、あるいはシステムコールに失敗した場合などには false を返します。

...false を返します。

@param file ファイル名を表す文字列を指定します。

//emlist[例][ruby]{
IO
.write("testfile", "test")
File.chmod(0600, "testfile")
FileTest.writable?("testfile") # => true
File.chmod(0400, "testfile")
FileTest.writable?("testfile") # => false
//}...
<< 1 2 3 > >>