るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
72件ヒット [1-72件を表示] (0.023秒)
トップページ > クエリ:IO[x] > クエリ:write[x] > ライブラリ:zlib[x]

別のキーワード

  1. io popen
  2. io pipe
  3. io lines
  4. io each
  5. io each_line

クラス

キーワード

検索結果

Zlib::GzipWriter#write(*str) -> Integer (21121.0)

自身に str を出力します。str が文字列でなけ れば to_s による文字列化を試みます。

...できたバイト数を返します。

require 'zlib'

filename='hoge1.gz'
fw = File.open(filename, "w")
Zlib
::GzipWriter.wrap(fw, Zlib::BEST_COMPRESSION){|gz|
gz.write "foo"
}
fr = File.open(filename)
Zlib
::GzipReader.wrap(fr){|gz|
puts gz.read
}
#=> foo

@see IO#write...

Zlib::GzipWriter#write(str) -> Integer (21121.0)

自身に str を出力します。str が文字列でなけ れば to_s による文字列化を試みます。

...できたバイト数を返します。

require 'zlib'

filename='hoge1.gz'
fw = File.open(filename, "w")
Zlib
::GzipWriter.wrap(fw, Zlib::BEST_COMPRESSION){|gz|
gz.write "foo"
}
fr = File.open(filename)
Zlib
::GzipReader.wrap(fr){|gz|
puts gz.read
}
#=> foo

@see IO#write...

Zlib::GzipWriter (6046.0)

gzip 形式の圧縮ファイルを書き出すラッパークラスです。 IO クラスのインスタンス (又は IO クラスのインスタンスと同じメソッドを 持つオブジェクト) と関連付けて使用します。

...ラッパークラスです。
IO
クラスのインスタンス (又は IO クラスのインスタンスと同じメソッドを
持つオブジェクト) と関連付けて使用します。

require 'zlib'

Zlib
::GzipWriter.open('hoge.gz') {|gz|
gz.write 'jugemu jugemu gokou no surikire....
.....'
}

f = File.open('hoge.gz', 'w')
gz = Zlib::GzipWriter.new(f)
gz.write 'jugemu jugemu gokou no surikire...'
gz.close

なお、Ruby の finalizer の制約のため、GzipWriter オブジェクトは必ず
Zlib
::GzipWriter#close 等を用いてクローズしてください。
そう...

Zlib::GzipWriter.new(io, level = Zlib::DEFAULT_COMPRESSION, strategy = Zlib::DEFAULT_STRATEGY) -> Zlib::GzipWriter (3429.0)

io と関連付けられた GzipWriter オブジェクトを作成します。 level, strategy は Zlib::Deflate.new と同じです。 GzipWriter オブジェクトは io に gzip 形式のデータを 逐次ライトします。io には少なくとも、IO#write と 同じ動作をする write メソッドが定義されている必要があります。

...
io
と関連付けられた GzipWriter オブジェクトを作成します。
level, strategy は Zlib::Deflate.new と同じです。
GzipWriter オブジェクトは io に gzip 形式のデータを
逐次ライトします。io には少なくとも、IO#write
同じ動作をする write...
...ram io IOオブジェクト、もしくは少なくとも、
IO
#write と 同じ動作をする write メソッドが定義されている必要があります。
@param level 0-9の範囲の整数を指定します。詳細はzlib.hを参照してください。
@param strategy Zlib::...
...FILTERED, Zlib::HUFFMAN_ONLY, Zlib::DEFAULT_STRATEGYなど指定します。詳細はzlib.h を>参照してください。

require 'zlib'

filename='hoge1.gz'
f = File.open(filename, "w")
gz = Zlib::GzipWriter.new(f)
gz.puts "hogehoge" * 100
gz.close
p gz.closed? #=> true
p FileT...

Zlib::GzipWriter.wrap(io, level = Zlib::DEFAULT_COMPRESSION, strategy = Zlib::DEFAULT_STRATEGY) -> Zlib::GzipWriter (3366.0)

io と関連付けられた GzipWriter オブジェクトを作成します。 ブロックが与えられた場合、 それを引数としてブロックを実行します。 ブロックの実行が終了すると、GzipWriter オブジェクトは自動的に クローズされます。関連付けられている IO オブジェクトまで クローズしたくない時は、ブロック中で Zlib::GzipFile#finish メソッドを呼び出して下さい。

...
io
と関連付けられた GzipWriter オブジェクトを作成します。
ブロックが与えられた場合、
それを引数としてブロックを実行します。
ブロックの実行が終了すると、GzipWriter オブジェクトは自動的に
クローズされます。関連...
...られている IO オブジェクトまで
クローズしたくない時は、ブロック中で Zlib::GzipFile#finish
メソッドを呼び出して下さい。

@param io IOオブジェクト、もしくは少なくとも、
IO
#write と 同じ動作をする write メソッドが定...
...zlib.hを参照してください。
@param strategy Zlib::FILTERED, Zlib::HUFFMAN_ONLY, Zlib::DEFAULT_STRATEGYなど指定します。
詳細はzlib.h を参照してください。

require 'zlib'

def case1
filename='hoge1.txt'
f = File.open(filename, "w")
Zlib
:...

絞り込み条件を変える

Zlib::GzipWriter.wrap(io, level = Zlib::DEFAULT_COMPRESSION, strategy = Zlib::DEFAULT_STRATEGY) {|gz| ... } -> object (3266.0)

io と関連付けられた GzipWriter オブジェクトを作成します。 ブロックが与えられた場合、 それを引数としてブロックを実行します。 ブロックの実行が終了すると、GzipWriter オブジェクトは自動的に クローズされます。関連付けられている IO オブジェクトまで クローズしたくない時は、ブロック中で Zlib::GzipFile#finish メソッドを呼び出して下さい。

...
io
と関連付けられた GzipWriter オブジェクトを作成します。
ブロックが与えられた場合、
それを引数としてブロックを実行します。
ブロックの実行が終了すると、GzipWriter オブジェクトは自動的に
クローズされます。関連...
...られている IO オブジェクトまで
クローズしたくない時は、ブロック中で Zlib::GzipFile#finish
メソッドを呼び出して下さい。

@param io IOオブジェクト、もしくは少なくとも、
IO
#write と 同じ動作をする write メソッドが定...
...zlib.hを参照してください。
@param strategy Zlib::FILTERED, Zlib::HUFFMAN_ONLY, Zlib::DEFAULT_STRATEGYなど指定します。
詳細はzlib.h を参照してください。

require 'zlib'

def case1
filename='hoge1.txt'
f = File.open(filename, "w")
Zlib
:...

Zlib::GzipWriter.open(filename, level = Zlib::DEFAULT_COMPRESSION, strategy = Zlib::DEFAULT_STRATEGY) -> Zlib::GzipWriter (3202.0)

filename で指定されるファイルを gzip 圧縮データの 書き出し用にオープンします。GzipWriter オブジェクトを返します。 その他詳細は Zlib::GzipWriter.new や Zlib::GzipWriter.wrap と 同じです。

...します。GzipWriter オブジェクトを返します。
その他詳細は Zlib::GzipWriter.new や Zlib::GzipWriter.wrap と
同じです。

@param filename ファイル名を文字列で指定します。
@param level 0-9の範囲の整数、または Zlib::NO_COMPRESSION, Zlib::BEST_SPEED,...
...PRESSION, Zlib::DEFAULT_COMPRESSION を指定します。
詳細はzlib.hを参照してください。
@param strategy Zlib::FILTERED, Zlib::HUFFMAN_ONLY, Zlib::DEFAULT_STRATEGYなど指定します。
詳細はzlib.h を参照してください。

require 'zlib'...
...filename='hoge1.gz'
gz = Zlib::GzipWriter.open(filename)
gz.puts "hogehoge" * 100
gz.close
p gz.closed? #=> true
p FileTest.size(filename) #=> 32...

Zlib::GzipWriter.open(filename, level = Zlib::DEFAULT_COMPRESSION, strategy = Zlib::DEFAULT_STRATEGY) {|gz| ... } -> object (3102.0)

filename で指定されるファイルを gzip 圧縮データの 書き出し用にオープンします。GzipWriter オブジェクトを返します。 その他詳細は Zlib::GzipWriter.new や Zlib::GzipWriter.wrap と 同じです。

...します。GzipWriter オブジェクトを返します。
その他詳細は Zlib::GzipWriter.new や Zlib::GzipWriter.wrap と
同じです。

@param filename ファイル名を文字列で指定します。
@param level 0-9の範囲の整数、または Zlib::NO_COMPRESSION, Zlib::BEST_SPEED,...
...PRESSION, Zlib::DEFAULT_COMPRESSION を指定します。
詳細はzlib.hを参照してください。
@param strategy Zlib::FILTERED, Zlib::HUFFMAN_ONLY, Zlib::DEFAULT_STRATEGYなど指定します。
詳細はzlib.h を参照してください。

require 'zlib'...
...filename='hoge1.gz'
gz = Zlib::GzipWriter.open(filename)
gz.puts "hogehoge" * 100
gz.close
p gz.closed? #=> true
p FileTest.size(filename) #=> 32...

Zlib::GzipWriter#<<(str) -> self (3008.0)

str を出力します。str が文字列でない場合は to_s を用いて 文字列に変換します。

...ェクトを与えます。

require 'zlib'

filename='hoge1.gz'
fw = File.open(filename, "w")
Zlib
::GzipWriter.wrap(fw, Zlib::BEST_COMPRESSION){|gz|
gz << "hoge" << "fuga"
}
fr = File.open(filename)
Zlib
::GzipReader.wrap(fr){|gz|
puts gz.read
}
#=> hogefuga

@see IO#<<...

Zlib::GzipWriter#print(*str) -> nil (3008.0)

引数を自身に順に出力します。引数を省略した場合は、$_ を出力します。

...トを指定します。

require 'zlib'

filename='hoge1.gz'
fw = File.open(filename, "w")
Zlib
::GzipWriter.wrap(fw, Zlib::BEST_COMPRESSION){|gz|
gz.print "ugo"
}
fr = File.open(filename)
Zlib
::GzipReader.wrap(fr){|gz|
puts gz.read
}
#=> ugo

@see IO#print, Kernel.#print...

絞り込み条件を変える

Zlib::GzipWriter#printf(format, *args) -> nil (3008.0)

C 言語の printf と同じように、format に従い引数 を文字列に変換して、自身に出力します。

...ます。

require 'zlib'

filename='hoge1.gz'
fw = File.open(filename, "w")
Zlib
::GzipWriter.wrap(fw, Zlib::BEST_COMPRESSION){|gz|
gz.printf("\n%9s", "bar")
}
fr = File.open(filename)
Zlib
::GzipReader.wrap(fr){|gz|
puts gz.read
}
#=> bar

@see IO#printf, Kernel.#prin...

Zlib::GzipWriter#putc(ch) -> object (3008.0)

文字 ch を自身に出力します。

...

require 'zlib'

filename='hoge1.gz'
fw = File.open(filename, "w")
Zlib
::GzipWriter.wrap(fw, Zlib::BEST_COMPRESSION){|gz|
gz.putc ?u
gz.putc ?g
gz.putc ?o
}
fr = File.open(filename)
Zlib
::GzipReader.wrap(fr){|gz|
puts gz.read
}
#=> ugo

@see IO#putc, Kernel.#put...

Zlib::GzipWriter#puts(*str) -> nil (3008.0)

各引数を自身に出力し、それぞれの後に改行を出力します。

...トを指定します。

require 'zlib'

filename='hoge1.gz'
fw = File.open(filename, "w")
Zlib
::GzipWriter.wrap(fw, Zlib::BEST_COMPRESSION){|gz|
gz.puts "fuga"
}
fr = File.open(filename)
Zlib
::GzipReader.wrap(fr){|gz|
puts gz.read
}
#=> fuga

@see IO#puts, Kernel.#puts...