るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
415件ヒット [1-100件を表示] (0.023秒)
トップページ > クエリ:IO[x] > クエリ:sock[x]

別のキーワード

  1. io popen
  2. io pipe
  3. io each
  4. io lines
  5. io each_line

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Net::Telnet#sock -> IO (18230.0)

リモートホストに接続している IO オブジェクトを返します。

...接続している IO オブジェクトを返します。

Telnet オブジェクトのメソッドはこのオブジェクトに
移譲されているので、Telnetオブジェクトは IO オブジェクト
オブジェクトのメソッドを持ち、それらを呼ぶと IO オブジェクト...

BasicSocket#setsockopt(socketoption) -> 0 (9342.0)

ソケットのオプションを設定します。setsockopt(2) を参照してください。

...ソケットのオプションを設定します。setsockopt(2)
を参照してください。

level, optname には Socket::SOL_SOCKET や Socket::SO_REUSEADDR
といった整数値の他、文字列("SOL_SOCKET", prefixなしの "SOCKET")や
シンボル(:SO_REUSEADDR, :REUSEADDR)を用いる...
...には setsockopt(2) にはその文字列と
長さが渡されます。整数の場合はintへのポインタが渡されます。
true/falseの場合は0/1という整数と解釈され、そのメモリ領域の
intポインタを渡します。

引数が1つの場合は Socket::Option で設...
...re 'socket'

# 真偽値の場合
#setsockopt could be called like this:
sock
.setsockopt(:SOCKET, :REUSEADDR, true)
sock
.setsockopt(Socket::SOL_SOCKET,Socket::SO_REUSEADDR, true)
sock
.setsockopt(Socket::Option.bool(:INET, :SOCKET, :REUSEADDR, true))

# 整数値の場合
#setsockopt...

UNIXSocket#recv_io(klass=IO, mode=nil) -> Integer|IO|object (9327.0)

ソケットの接続先からファイルディスクリプタを受け取ります。

...い場合、
klass.for_fd(fd[, mode]) が呼ばれ、その値が返されます。

例:

require 'socket'

s1, s2 = UNIXSocket.pair
s1.send_io STDOUT
io
= s2.recv_io
p File.identical?(io, STDOUT) #=> true

@param klass 受け取ったファイルディスクリプタを変換する...

BasicSocket#getsockopt(level, optname) -> Socket::Option (9300.0)

ソケットのオプションを取得します。getsockopt(2) を参照してください。 取得したオプションのデータを Socket::Option で返します。

...得します。getsockopt(2)
を参照してください。
取得したオプションのデータを Socket::Option で返します。

level, optname には Socket::SOL_SOCKET や Socket::SO_REUSEADDR
といった整数値の他、文字列("SOL_SOCKET", prefixなしの "SOCKET")や
シンボル...
...etsockopt(2) の 第二引数のlevel
@param optname getsockopt(2) の 第三引数のoption_name
@see BasicSocket#setsockopt

例:

require 'socket'

serv = Socket.tcp_server_sockets("", 0)[0]
c = serv.local_address.connect
s = serv.accept
opt = c.getsockopt(Socket::IPPROTO_TCP, Socket...
...)
# c.getsockopt("TCP", "NODELAY"), なども可能
p opt #=> #<Socket::Option: INET TCP NODELAY 0>
p opt.bool #=> false (Nagle アルゴリズム有効)
p opt.unpack("i")[0] #=> 0 (Socket::Option#unpack が互換性のために存在する)
# 整数値の場合は Socket::Option#int を...

UNIXSocket#send_io(io) -> nil (9242.0)

引数 io に対応するファイルディスクリプタをソケットの接続先に送ります。

...引数 io に対応するファイルディスクリプタをソケットの接続先に送ります。

require 'socket'

s1, s2 = UNIXSocket.pair

s1.send_io STDOUT
stdout = s2.recv_io

p STDOUT.fileno #=> 1
p stdout.fileno #=> 6

stdout.puts "hello" # outputs "hello\n" to stan...
...dard output.

@param io 送るファイルディスクリプタ(整数 or IOオブジェクト)...

絞り込み条件を変える

Socket.unix_server_socket(path) -> Socket (9231.0)

Unix サーバソケットを生成します。

...トを IO#close します。

require 'socket'

sock
et = Socket.unix_server_socket("/tmp/s")
p socket #=> #<Socket:fd 3>
p socket.local_address #=> #<Addrinfo: /tmp/s SOCK_STREAM>

Sock
et.unix_server_socket("/tmp/sock") {|s|
p s #=> #<Socket:fd...
...3>
p s.local_address #=> # #<Addrinfo: /tmp/sock SOCK_STREAM>
}

@param path 接続を待ち受けるパス(文字列)...

Socket.unix_server_socket(path) {|sock| ... } -> object (9231.0)

Unix サーバソケットを生成します。

...トを IO#close します。

require 'socket'

sock
et = Socket.unix_server_socket("/tmp/s")
p socket #=> #<Socket:fd 3>
p socket.local_address #=> #<Addrinfo: /tmp/s SOCK_STREAM>

Sock
et.unix_server_socket("/tmp/sock") {|s|
p s #=> #<Socket:fd...
...3>
p s.local_address #=> # #<Addrinfo: /tmp/sock SOCK_STREAM>
}

@param path 接続を待ち受けるパス(文字列)...

OpenSSL::SSL::SSLSocket#io -> IO (9204.0)

SSLSocket オブジェクトを生成する時に渡されたソケットを返します。

...SSLSocket オブジェクトを生成する時に渡されたソケットを返します。

@see OpenSSL::SSL::SSLSocket.new...

OpenSSL::SSL::SSLSocket#to_io -> IO (9204.0)

SSLSocket オブジェクトを生成する時に渡されたソケットを返します。

...SSLSocket オブジェクトを生成する時に渡されたソケットを返します。

@see OpenSSL::SSL::SSLSocket.new...

OpenSSL::SSL::SSLSocket#session -> OpenSSL::SSL::Session (9200.0)

利用している SSL セッションを OpenSSL::SSL::Session オブジェクトで返します。

...利用している SSL セッションを OpenSSL::SSL::Session
オブジェクトで返します。

@see OpenSSL::SSL::SSLSocket#session=,
OpenSSL::SSL::SSLSocket#session_reused?...

絞り込み条件を変える

OpenSSL::SSL::SSLSocket#post_connection_check(hostname) -> true (9100.0)

接続後検証を行います。

...返し、失敗した場合は例外
OpenSSL::SSL::SSLError を発生させます。

OpenSSL の API では、
OpenSSL::SSL::SSLSocket#connect や OpenSSL::SSL::SSLSocket#accept
での検証は実用的には不完全です。
CA が証明書に署名してそれが失効していないことし...

OpenSSL::SSL::SSLSocket#session=(sess) (9100.0)

ハンドシェイクで再利用する SSL セッションを 設定します。

...ント側でのみ有用です。
セッションを再利用する場合は、
OpenSSL::SSL::SSLSocket#connect を呼ぶ前に
このメソッドでセッションオブジェクト
(OpenSSL::SSL::Session のインスタンス)
を設定します。

サーバ側の場合 OpenSSL::SSL::SSLContext...
...がキャッシュの保持と
管理を行います。

@param sess 設定するセッション
@see OpenSSL::SSL::SSLSocket#session,
OpenSSL::SSL::SSLSocket#session_reused?...

OpenSSL::SSL::SSLSocket#session_reused? -> bool (9100.0)

利用している SSL セッションが再利用されたものである 場合に真を返します。

...SSL セッションが再利用されたものである
場合に真を返します。

@see OpenSSL::SSL::Session,
OpenSSL::SSL::SSLSocket#session,
OpenSSL::SSL::SSLSocket#session=...

Socket::AF_NETBIOS -> Integer (9100.0)

@todo NetBIOS。 Socket.open の第一引数 domain に使用します。

...@todo
NetBIOS。
Sock
et.open の第一引数 domain に使用します。...

Socket::Constants::AF_NETBIOS -> Integer (9100.0)

@todo NetBIOS。 Socket.open の第一引数 domain に使用します。

...@todo
NetBIOS。
Sock
et.open の第一引数 domain に使用します。...

絞り込み条件を変える

Socket::Constants::IP_OPTIONS -> Integer (9100.0)

IP options to be included in packets。 BasicSocket#getsockopt, BasicSocket#setsockopt の第2引数(optname)に使用します。

...IP options to be included in packets。
BasicSocket#getsockopt, BasicSocket#setsockopt
の第2引数(optname)に使用します。

@see Socket::Constants::IPPROTO_IP,
ip(4freebsd), ip(7linux)...

Socket::Constants::IP_PKTOPTIONS -> Integer (9100.0)

@todo Receive packet options with datagrams

...@todo
Receive packet options with datagrams...

Socket::Constants::PF_NETBIOS -> Integer (9100.0)

@todo NetBIOS。 Socket.open の第一引数 domain に使用します。

...@todo
NetBIOS。
Sock
et.open の第一引数 domain に使用します。...
<< 1 2 3 ... > >>