るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
24件ヒット [1-24件を表示] (0.040秒)
トップページ > クエリ:IO[x] > モジュール:Psych[x] > クエリ:dump[x]

別のキーワード

  1. io popen
  2. io pipe
  3. io each
  4. io readlines
  5. io each_line

ライブラリ

検索結果

Psych.dump(o, io, options = {}) -> () (18388.0)

Ruby のオブジェクト o を YAML ドキュメントに変換します。

...換します。

io
IO オブジェクトを指定した場合は、変換されたドキュメントが
その IO に書き込まれます。
指定しなかった場合は変換されたドキュメントが文字列としてメソッドの返り値と
なります。

options で出力に関...
...am io 出力先
@param options 出力オプション

//emlist[例][ruby]{
# Dump an array, get back a YAML string
Psych
.dump(['a', 'b']) # => "---\n- a\n- b\n"

# Dump an array to an IO object
Psych
.dump(['a', 'b'], StringIO.new) # => #<StringIO:0x000001009d0890>

# Dump an array with indentation...
...set
Psych
.dump(['a', ['b']], :indentation => 3) # => "---\n- a\n- - b\n"

# Dump an array to an IO with indentation set
Psych
.dump(['a', ['b']], StringIO.new, :indentation => 3)
//}...

Psych.dump(o, options = {}) -> String (18288.0)

Ruby のオブジェクト o を YAML ドキュメントに変換します。

...換します。

io
IO オブジェクトを指定した場合は、変換されたドキュメントが
その IO に書き込まれます。
指定しなかった場合は変換されたドキュメントが文字列としてメソッドの返り値と
なります。

options で出力に関...
...am io 出力先
@param options 出力オプション

//emlist[例][ruby]{
# Dump an array, get back a YAML string
Psych
.dump(['a', 'b']) # => "---\n- a\n- b\n"

# Dump an array to an IO object
Psych
.dump(['a', 'b'], StringIO.new) # => #<StringIO:0x000001009d0890>

# Dump an array with indentation...
...set
Psych
.dump(['a', ['b']], :indentation => 3) # => "---\n- a\n- - b\n"

# Dump an array to an IO with indentation set
Psych
.dump(['a', ['b']], StringIO.new, :indentation => 3)
//}...

Psych.safe_load(yaml, whitelist_classes = [], whitelist_symbols = [], aliases = false, filename = nil) -> object (19.0)

安全に YAML フォーマットの文書を読み込み Ruby のオブジェクトを生成して返します。

...[ruby]{
Psych
.safe_load(yaml, [Date])
//}

すると上のクラス一覧に加えて Date クラスが読み込まれます。

エイリアスは aliases パラメーターを変更することで明示的に許可できます。

//emlist[例][ruby]{
x = []
x << x
yaml = Psych.dump x
Psych
.safe_l...
...oad yaml # => 例外発生
Psych
.safe_load yaml, [], [], true # => エイリアスが読み込まれる
//}

yaml にホワイトリストにないクラスが含まれていた場合は、
Psych
::DisallowedClass 例外が発生します。

yaml がエイリアスを含んでいて al...
...lse の時、
Psych
::BadAlias 例外が発生します。

filename はパース中に発生した例外のメッセージに用います。

キーワード引数 symbolize_names に true を指定した場合はハッシュのキー
を Symbol に変換して返します。


@param io YAMLフォ...

Psych.safe_load(yaml, whitelist_classes = [], whitelist_symbols = [], aliases = false, filename = nil, symbolize_names: false) -> object (19.0)

安全に YAML フォーマットの文書を読み込み Ruby のオブジェクトを生成して返します。

...[ruby]{
Psych
.safe_load(yaml, [Date])
//}

すると上のクラス一覧に加えて Date クラスが読み込まれます。

エイリアスは aliases パラメーターを変更することで明示的に許可できます。

//emlist[例][ruby]{
x = []
x << x
yaml = Psych.dump x
Psych
.safe_l...
...oad yaml # => 例外発生
Psych
.safe_load yaml, [], [], true # => エイリアスが読み込まれる
//}

yaml にホワイトリストにないクラスが含まれていた場合は、
Psych
::DisallowedClass 例外が発生します。

yaml がエイリアスを含んでいて al...
...返します。

//emlist[例][ruby]{
Psych
.safe_load("---\n foo: bar") # => {"foo"=>"bar"}
Psych
.safe_load("---\n foo: bar", symbolize_names: true) # => {:foo=>"bar"}
//}

@param io YAMLフォーマットの文書の読み込み先のIOオブジェクト。
@param whitelist...