るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
82件ヒット [1-82件を表示] (0.047秒)

別のキーワード

  1. _builtin hash
  2. hash []
  3. matrix hash
  4. dbm to_hash
  5. _builtin to_hash

検索結果

Hash#default_proc -> Proc | nil (21036.0)

ハッシュのデフォルト値を返す Proc オブジェクトを返します。 ハッシュがブロック形式のデフォルト値を持たない場合 nil を返します。

...い場合 nil を返します。

h = Hash.new {|hash, key| "The #{key} not exist in #{hash.inspect}"}
p h.default #=> nil
p block = h.default_proc #=> #<Proc:0x0x401a9ff4>
p block.call({},:foo) #=> "The foo not exist in {}"

h = Hash.new("default")
p h.default...
...#=> "default"
p h.default_proc #=> nil

@see Hash#default...

メソッド呼び出し(super・ブロック付き・yield) (3018.0)

メソッド呼び出し(super・ブロック付き・yield) * super * block * yield * block_arg

...シュ式の解説(d:spec/literal#hash)にも書かれている通り、
メソッド呼出の末尾にHashを渡す場合は {, } を省略することができます。
これを用いることでキーワード引数を渡すことができます。
この Hash はd:spec/def#methodで解説され...

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (186.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...クがゆるい。break が例外になる。

Proc.new {|a,b,c| p [a,b,c]}.call(1,2)
=> -:1: wrong # of arguments (2 for 3) (ArgumentError)
from -:1:in `call'
from -:1
ruby 1.6.8 (2002-12-24) [i586-linux]...
...=> ruby 1.8.0 (2003-06-21) [i586-linux]
[1, 2, nil]

Proc.new { break }.call

=> ruby 1.6.8 (2002-12-24) [i586-linux]

=> -:1:in `call': break from proc-closure (LocalJumpError)
from -:1
ruby 1....
...((<ENV/ENV.clear>)) [new]
: ((<ENV/ENV.shift>)) [new]
: ((<ENV/ENV.invert>)) [new]
: ((<ENV/ENV.replace>)) [new]
: ((<ENV/ENV.update>)) [new]

((<Hash>)) との互換性のために定義されました。

=== Enumerable

: ((<Enumerable#partition|Enumerable/partition>)) [new]

追加

: ((<Enu...

ruby 1.9 feature (126.0)

ruby 1.9 feature ruby version 1.9.0 は開発版です。 以下にあげる機能は将来削除されたり互換性のない仕様変更がなされるかもしれません。 1.9.1 以降は安定版です。 バグ修正がメインになります。

...: digest.rb
: Digest::Base.file

=== 2006-09-13

: Hash#compare_by_identity
: Hash#compare_by_identity?
: Hash#identical
: Hash#identical?

=== 2006-09-12

: Hash#compare_by_identity
: Hash#compare_by_identity?

=== 2006-09-11

: Hash#identical
: Hash#identical?

=== 2006-08-31

: Array#shuffle
: Ar...
...lk:197512>))

=== 2006-06-13

: IPsocket
: TCPsocket
: SOCKSsocket
: TCPserver
: UDPsocket
: UNIXsocket
: UNIXserver

削除

=== 2006-06-11

: __callee__ [new]
: __method__ [new]

((<URL:http://www.dm4lab.to/~usa/ruby/d/200606a.html#id20060610_P1_7>))

: Symbol#to_proc

=== 2006-06-10

* 新機...
...: いくらか obsolete な構文が除去されました
: Values はなくなりました

* その他
: 文字列のハッシュに FNV-1a hash を使用するようになりました
: Regexp#initialize でリテラルの正規表現を変更できなくなりました
: $SAFE=4 で...

ruby 1.6 feature (108.0)

ruby 1.6 feature ruby version 1.6 は安定版です。この版での変更はバグ修正がメイン になります。

...うです。
((<ruby-win32:273>))

: 2002-08-12 Hash#==

Hash
オブジェクトはデフォルト値 (((<Hash/default>))) も == で等しい
ときに等しいとみなされるようになりました。

p Hash.new("foo") == Hash.new("bar")

=> ruby 1.6.7 (2002-03-01) [i586...
...[]
=> ruby 1.6.7 (2002-08-01) [i586-linux]
["bar"]

: 2002-06-13 Hash[]

Hash
[] で、キーとなる文字列を dup & freeze していませんでした。

a = "key"
h = Hash[a,"val"]
h.keys[0].upcase!
p a
=> ruby 1.6.7 (2002-03-01) [...
...-:9: warning: p (...) interpreted as method call
ruby 1.6.5 (2001-09-19) [i586-linux]
Bar
[1, 2, 3]
Bar
Array
Array
Array
=> -:9: warning: p (...) interpreted as method call
ruby 1.6.5 (2001-10-05) [i586-...

絞り込み条件を変える

NEWS for Ruby 2.6.0 (90.0)

NEWS for Ruby 2.6.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...と :order を受け付けるようになりました。 14324

* Hash
* 変更されたメソッド
* Hash#merge, Hash#merge!, Hash#update が引数を複数受け付けるようになりました。 15111
* Hash#to_h はブロックを受け取りキーと値のペアを新し...
...いキーと値に変換できるようになりました。 15143
* 別名
* Hash#filter が Hash#select の別名として追加されました。 13784
* Hash#filter! が Hash#select! の別名として追加されました。 13784

* IO
* 新規オプション
* 排...
...Proc
* 新規メソッド
* 関数合成用に Proc#<< と Proc#>> が追加されました。 6284
* 非互換な変更
* Proc#call が $SAFE を変更しなくなりました。 14250

* Random
* 新規メソッド
* Random.bytes が追加されました。 4938...

NEWS for Ruby 2.2.0 (84.0)

NEWS for Ruby 2.2.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...ださい。

== 2.1.0 以降の変更

=== 言語仕様の変更

* nil/true/false
* nil/true/false はフリーズされました 8923

* Hash リテラル
* 後ろにコロンのあるシンボルをキーにしたときそれをクオートできるようになりました 4276

*...
...Ua4uBr6o0k-nORrZLEIIUkHJ9JRzRR0NyZfrhEEnc8/edit?usp=sharing

* Hash
* 非互換: 重複するキーの上書きに関するポリシーを変更しました 10315
{ **hash1, **hash2 } は重複するキーについては hash2 の値を持ちます

* IO
* 非互換: IO#flush を...
...2以前は読み込みモードで開いていました。

=== 標準添付ライブラリの更新 (優れたもののみ)

* continuation
* callcc は廃止されました。Fiberを使ってください。

* digest
* Kernel.#Digest はスレッドセーフになりました。...

ruby 1.8.4 feature (84.0)

ruby 1.8.4 feature ruby 1.8.4 での ruby 1.8.3 からの変更点です。

...re/set_trace_func [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/set_trace_func [change]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/printf [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/Hash [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/test [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/File.identical? [new]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/FileTest.identical? [...
...)
* ((<ruby 1.8.4 feature/mkmf: find_executable() [compat]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/拡張ライブラリAPI>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/rb_funcall2() [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/rb_respond_to() [change]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/rb_obj_respond_to() [new]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/...
...cted '(', expecting $end

#Tue Nov 1 14:20:11 2005 Yukihiro Matsumoto <matz@ruby-lang.org>
#
# * eval.c (rb_call_super): should call method_missing if super is
# called from Kernel method.
#
# * eval.c (exec_under): frame during eval should preserve external
# informat...

NEWS for Ruby 2.3.0 (78.0)

NEWS for Ruby 2.3.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...に対応する File::TMPFILE(File::Constants::TMPFILE) を追加

* Hash
* Hash#fetch_values を追加
10017
* Hash#dig を追加
11643
* Hash#<=, Hash#<, Hash#>=, Hash#> を追加
10984
* Hash#to_proc を追加
11653

* IO
* 新しいフラグ File::...
...umeric#negative? を追加
11151

* Proc
* Proc#call ( Proc#[] , Proc#===, Proc#yield) は最適化されました。
Backtrace doesn't show each method (show block lines directly).
TracePoint also ignores these calls.
11569

* Queue (Thread::Queue)
* 終了を通...
...に 0 を返していましたが、
BY_HANDLE_FILE_INFORMATION.nFileIndexHigh/Low を返すようになりました。
11216

* Hash
* Hash#inspect はその要素の文字列が Encoding.default_external と
互換性のないエンコーディングであっても例外が...

NEWS for Ruby 2.5.0 (54.0)

NEWS for Ruby 2.5.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...ime, File.lstat はGVLを解放するようになりました
* File.lutime を追加 4052

* Hash
* Hash#transform_keys を追加 13583
* Hash#transform_keys! を追加 13583
* Hash#slice を追加 8499

* IO
* IO.copy_stream は copy_file_range(2) を使うようになり...
...Kernel.#warn :uplevel というキーワード引数を追加しました 12882

* Method
* Method#=== は Proc#===と同じようにMethod#callを呼び出します 14142

* Module
* Module#attr, Module#attr_accessor, Module#attr_reader, Module#attr_writer はパブリックメソッ...
...ions when comparing begin and
end with #<=> and raise a "bad value for range" ArgumentError
but instead lets the exception from the #<=> call go through.
7688

* Regexp
* Onigmo 6.1.3-669ac9997619954c298da971fcfacccf36909d05 に更新
* 非包含オペレータ(absence...

絞り込み条件を変える

NEWS for Ruby 2.1.0 (18.0)

NEWS for Ruby 2.1.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...support refinement inheritance by Module#include

=== 組み込みクラスの互換性 (機能追加とバグ修正を除く)

* Hash
* 非互換: Hash#reject は将来のバージョンでは単なるハッシュオブジェクトを返すようにする予定です。
サブクラ...
...BJ
* RUBY_INTERNAL_EVENT_FREEOBJ
* RUBY_INTERNAL_EVENT_GC_START
* RUBY_INTERNAL_EVENT_GC_END_MARK
* RUBY_INTERNAL_EVENT_GC_END_SWEEP
* 内部的なイベントを通常のイベントと同時に使うことはできません。
(例: RUBY_EVENT_CALL と RUBY_EVENT_RETURN)...

xmlrpc (18.0)

XML-RPC を扱うためのライブラリです。

...der the same term of license as Ruby.

=== Overview

XMLRPC is a lightweight protocol that enables remote procedure calls over
HTTP. It is defined at http://www.xmlrpc.com.

XMLRPC allows you to create simple distributed computing solutions that span
computer languages. Its distinctive feature is...
...'xmlrpc' enables you to create a server that
implements remote procedures and a client that calls them. Very little code
is required to achieve either of these.

=== Example

Try the following code. It calls a standard demonstration remote procedure.

require 'xmlrpc/client'
require 'pp'

s...
...ossible to choose between XMLParser module (Expat wrapper) and REXML/NQXML (pure Ruby) parsers
* Marshalling Ruby objects to Hashs and reconstruct them later from a Hash
* SandStorm component architecture Client interface

=== Choosing a different XML Parser or XML Writer

The examples above...

rdoc (12.0)

RDoc は Ruby のドキュメント生成を行うためのライブラリです。rdoc という ドキュメント生成のためのコマンドも含んでいます。

...に指定した --op を上書きします。デフォルトのディレクトリ
は ri のデフォルトのサーチパスです。

: --show-hash

コメント内の name というところからインスタンスメソッドへのハイパーリ
ンクを生成します。このオプシ...
.....
end
//}

:section: とは異なり、以降のドキュメントには影響しません。直後の要素
のみに影響します。

: :call-seq:

デフォルトではメソッドの引数や yield の引数をパースして出力しますが、
これを指定した次の行から...

tsort (12.0)

tsort はトポロジカルソートと強連結成分に関するモジュールを提供します。

...tsort はトポロジカルソートと強連結成分に関するモジュールを提供します。

=== Example

require 'tsort'

class Hash
include TSort
alias tsort_each_node each_key
def tsort_each_child(node, &block)
fetch(node).each(&block)
end
end

{1=>[2, 3],...
...inputs_time != nil && outputs_time <= inputs_time
sleep 1 if inputs_time != nil && inputs_time.to_i == Time.now.to_i
block.call
end
end
}
end

def tsort_each_child(node, &block)
@dep[node].each(&block)
end
include TSort
end...