るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
185件ヒット [1-100件を表示] (0.046秒)
トップページ > クエリ:Hash[x] > クエリ:CONFIG[x]

別のキーワード

  1. _builtin hash
  2. hash []
  3. matrix hash
  4. dbm to_hash
  5. _builtin to_hash

検索結果

<< 1 2 > >>

RbConfig::CONFIG -> Hash (21202.0)

設定値を格納したハッシュです。

設定値を格納したハッシュです。

格納されている要素のキーと値は Ruby のバージョンや使用しているプラット
フォームによって変わります。

@see autoconf(1), make(1)

Kernel::CONFIG -> Hash (18218.0)

RbConfig::MAKEFILE_CONFIG と同じです。

...RbConfig::MAKEFILE_CONFIG と同じです。...

RbConfig::MAKEFILE_CONFIG -> Hash (9292.0)

RbConfig::CONFIG と同じですが、その値は以下のような形 で他の変数への参照を含みます。 MAKEFILE_CONFIG["bindir"] = "$(exec_prefix)/bin" これは、Makefile の変数参照の形式で MAKEFILE_CONFIG は、 Makefile 作成の際に利用されることを想定しています。

...RbConfig::CONFIG
と同じですが、その値は以下のような形
で他の変数への参照を含みます。
MAKEFILE_CONFIG["bindir"] = "$(exec_prefix)/bin"
これは、Makefile の変数参照の形式で MAKEFILE_CONFIG は、
Makefile 作成の際に利用されることを想定し...
...ています。

require 'rbconfig'

print <<-END_OF_MAKEFILE
prefix = #{RbConfig::MAKEFILE_CONFIG['prefix']}
exec_prefix = #{RbConfig::MAKEFILE_CONFIG['exec_prefix']}
bindir = #{RbConfig::MAKEFILE_CONFIG['bindir']}
END_OF_MAKEFILE

=> prefix = /usr/local
exec_prefix = $(prefi...
...RbConfig.expand
は、このような参照を解決する
メソッドとして rbconfig 内部で利用されています。
(CONFIG 変数は、MAKEFILE_CONFIG の内容から
RbConfig.expand
を使って生成されています)

require 'rbconfig'
p Config.expand(RbConfig::MAKEFILE_CONFIG["...

Gem::ConfigFile#hash -> Hash (9202.0)

設定ファイルの各項目のキーと値を要素として持つハッシュです。

設定ファイルの各項目のキーと値を要素として持つハッシュです。

Gem::ConfigMap -> Hash (6217.0)

RbConfig::CONFIG の中からこのライブラリで使用するものを抽出して定義したハッシュ。

...RbConfig::CONFIG の中からこのライブラリで使用するものを抽出して定義したハッシュ。...

絞り込み条件を変える

DRb::DRbServer#config -> Hash (6202.0)

サーバの設定を返します。

サーバの設定を返します。

@see DRb::DRbServer.new, DRb.#start_service

WEBrick::CGI#config -> Hash (6202.0)

自身の設定を保持したハッシュを返します。

自身の設定を保持したハッシュを返します。

@see WEBrick::CGI.new

WEBrick::GenericServer#config -> Hash (6202.0)

サーバの設定を保存したハッシュを返します。

サーバの設定を保存したハッシュを返します。

WEBrick::HTTPResponse#config -> Hash (6202.0)

自身が生成される時に指定されたハッシュを返します。

自身が生成される時に指定されたハッシュを返します。

RbConfig.expand(val, config = CONFIG) -> String (3220.0)

与えられたパスを展開します。

...パスを展開します。

RbConfig.expand("$(bindir)") # => /home/foobar/all-ruby/ruby19x/bin

@param val 展開したい変数名を Makefile に書く形式で指定します。

@param config 変数展開に使用する設定を Hash で指定します。

@see RbConfig::MAKEFILE_CONFIG...

絞り込み条件を変える

WEBrick::Config::General -> Hash (3117.0)

WEBrick::Config::SSL の内容がマージされます。

...WEBrick::Config::SSL の内容がマージされます。...

WEBrick::Config::HTTP -> Hash (3117.0)

WEBrick::Config::SSL の内容がマージされています。

...WEBrick::Config::SSL の内容がマージされています。...

WEBrick::Config::BasicAuth -> Hash (3107.0)

WEBrick::HTTPAuth::BasicAuth の設定のデフォルト値を保持したハッシュです。

...WEBrick::HTTPAuth::BasicAuth の設定のデフォルト値を保持したハッシュです。

require 'webrick'
WEBrick::Config::BasicAuth = {
:AutoReloadUserDB => true,
}...

WEBrick::Config::DigestAuth -> Hash (3107.0)

WEBrick::HTTPAuth::DigestAuth の設定のデフォルト値を保持したハッシュです。

...WEBrick::HTTPAuth::DigestAuth の設定のデフォルト値を保持したハッシュです。

require 'webrick'
WEBrick::Config::DigestAuth = {
:Algorithm => 'MD5-sess', # or 'MD5'
:Domain => nil, # an array includes domain names.
:Qop...

WEBrick::Config::FileHandler -> Hash (3107.0)

WEBrick::HTTPServlet::FileHandler の設定のデフォルト値を保持したハッシュです。

...WEBrick::HTTPServlet::FileHandler の設定のデフォルト値を保持したハッシュです。

require 'webrick'
WEBrick::Config::FileHandler = {
:NondisclosureName => [".ht*", "*~"],
:FancyIndexing => false,
:HandlerTable => {},
:HandlerCallback =>...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 > >>