るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
699件ヒット [601-699件を表示] (0.086秒)
トップページ > クエリ:Hash#key[x] > クエリ:new[x] > クエリ:keep_if[x] > クエリ:fetch[x] > クエリ:default[x]

別のキーワード

  1. openssl new
  2. _builtin new
  3. rexml/document new
  4. new openssl
  5. resolv new

ライブラリ

オブジェクト

検索結果

<< < ... 5 6 7 >>

cgi (36.0)

CGI プログラムの支援ライブラリです。

...cgi = CGI.new
values = cgi['field_name'] # <== 'field_name' の配列
# 'field_name' が指定されていなかったら、 ""を返す。
fields = cgi.keys # <== field nameの配列

# フォームに 'field_name' というfield nameがあるときに真
cgi.has_key?('field_...
...cgi"
cgi = CGI.new
params = cgi.params

また CGI#params は毎回同じ Hash オブジェクトを返すので
以下のような使いかたもできます。

cgi.params['new_field_name'] = ["value"] # 新しいパラメータを加える
cgi.params['field_name'] = ["new_value"] # パ...
...PStore を使うのが最も簡単です。

# 保存
require 'pstore'
db = PStore.new("query.db")
db.transaction do
db["params"] = cgi.params
end

# 復帰
require 'pstore'
db = PStore.new("query.db")
db.transaction do
cgi.params = db["params"]
end

ただし、PStore...

URI.encode_www_form(enum) -> String (24.0)

enum から URL-encoded form data を生成します。

...enum には通常 [key, value] という形の配列の配列を渡します。
以下の例を見てください。

require 'uri'
URI.encode_www_form([["a", "1"], ["b", "2"], ["c", "x yz"]])
# => "a=1&b=2&c=x+yz"

実際には、each のブロック呼び出しで [key, value] の形のデ...
...ータを渡すものであれば
何でも渡すことができます(例えば Hash など)。

require 'uri'
URI.encode_www_form({"a"=>"1", "b"=>"2", "c"=>"x yz"})
# => "a=1&b=2&c=x+yz"

このメソッドは引数のエンコーディングを変換しません。そのため
送るデー...
...ています。

このメソッドは
https://www.w3.org/TR/html5/sec-forms.html#urlencoded-form-data
にもとづいて実装されています。

@param enum エンコードするデータ列([key, value] という形のデータの列)
@see URI.encode_www_form_component, URI.decode_www_form...

ENV.reject -> Enumerator (18.0)

環境変数のうち、ブロックを評価した値が真であるものをとり除きます。 Enumerable#reject と異なり Hash を返します。また、とり除いた結果 は実際の環境変数に影響を与えません。

...環境変数のうち、ブロックを評価した値が真であるものをとり除きます。
Enumerable#reject と異なり Hash を返します。また、とり除いた結果
は実際の環境変数に影響を与えません。...

ENV.filter! -> Enumerator (15.0)

キーと値を引数としてブロックを評価した結果が真であ るような要素を環境変数に残します。

...

keep_if
は常に self を返します。
select! と filter! はオブジェクトが変更された場合に self を、
されていない場合に nil を返します。

ブロックが省略された場合には Enumerator を返します。

@see ENV.delete_if,ENV.reject!, Hash#keep_if,...

ENV.keep_if -> Enumerator (15.0)

キーと値を引数としてブロックを評価した結果が真であ るような要素を環境変数に残します。

...

keep_if
は常に self を返します。
select! と filter! はオブジェクトが変更された場合に self を、
されていない場合に nil を返します。

ブロックが省略された場合には Enumerator を返します。

@see ENV.delete_if,ENV.reject!, Hash#keep_if,...

絞り込み条件を変える

ENV.select! -> Enumerator (15.0)

キーと値を引数としてブロックを評価した結果が真であ るような要素を環境変数に残します。

...

keep_if
は常に self を返します。
select! と filter! はオブジェクトが変更された場合に self を、
されていない場合に nil を返します。

ブロックが省略された場合には Enumerator を返します。

@see ENV.delete_if,ENV.reject!, Hash#keep_if,...

ENV.keep_if -> Enumerator (14.0)

キーと値を引数としてブロックを評価した結果が真であ るような要素を環境変数に残します。

...す。

keep_if
は常に self を返します。
select! はオブジェクトが変更された場合に self を、
されていない場合に nil を返します。

ブロックが省略された場合には Enumerator を返します。

@see ENV.delete_if,ENV.reject!, Hash#keep_if, Hash#sele...

ENV.select! -> Enumerator (14.0)

キーと値を引数としてブロックを評価した結果が真であ るような要素を環境変数に残します。

...す。

keep_if
は常に self を返します。
select! はオブジェクトが変更された場合に self を、
されていない場合に nil を返します。

ブロックが省略された場合には Enumerator を返します。

@see ENV.delete_if,ENV.reject!, Hash#keep_if, Hash#sele...

PStore#root?(name) -> bool (12.0)

ルート name がデータベースに格納されている場合に真を返します。

...索するルート。

@raise PStore::Error トランザクション外でこのメソッドが呼び出された場合に発生します。

@see Hash#key?...

TSort#each_strongly_connected_component -> Enumerator (12.0)

TSort#strongly_connected_components メソッドのイテレータ版です。 obj.each_strongly_connected_component は obj.strongly_connected_components.each に似ていますが、 ブロックの評価中に obj が変更された場合は予期しない結果になる ことがあります。

...ch_strongly_connected_component は nil を返します。

使用例
require 'tsort'

class Hash
include TSort
alias tsort_each_node each_key
def tsort_each_child(node, &block)
fetch
(node).each(&block)
end
end

non_sort = {1=>[2], 2=>[3, 4], 3=>[2], 4=>[]}

non_sort....

絞り込み条件を変える

TSort#each_strongly_connected_component {|nodes| ...} -> nil (12.0)

TSort#strongly_connected_components メソッドのイテレータ版です。 obj.each_strongly_connected_component は obj.strongly_connected_components.each に似ていますが、 ブロックの評価中に obj が変更された場合は予期しない結果になる ことがあります。

...ch_strongly_connected_component は nil を返します。

使用例
require 'tsort'

class Hash
include TSort
alias tsort_each_node each_key
def tsort_each_child(node, &block)
fetch
(node).each(&block)
end
end

non_sort = {1=>[2], 2=>[3, 4], 3=>[2], 4=>[]}

non_sort....

TSort#each_strongly_connected_component_from(node, id_map={}, stack=[]) -> Enumerator (12.0)

node から到達可能な強連結成分についてのイテレータです。

...を指定します。

#例 到達可能なノードを表示する
require 'tsort'

class Hash
include TSort
alias tsort_each_node each_key
def tsort_each_child(node, &block)
fetch
(node).each(&block)
end
end

non_sort = {1=>[2], 2=>[3, 4], 3=>[2], 4=>[]}

non_sort....

TSort#each_strongly_connected_component_from(node, id_map={}, stack=[]) {|nodes| ...} -> () (12.0)

node から到達可能な強連結成分についてのイテレータです。

...を指定します。

#例 到達可能なノードを表示する
require 'tsort'

class Hash
include TSort
alias tsort_each_node each_key
def tsort_each_child(node, &block)
fetch
(node).each(&block)
end
end

non_sort = {1=>[2], 2=>[3, 4], 3=>[2], 4=>[]}

non_sort....

TSort#strongly_connected_components -> Array (12.0)

強連結成分の集まりを配列の配列として返します。 この配列は子から親に向かってソートされています。 各要素は強連結成分を表す配列です。

...す。
各要素は強連結成分を表す配列です。

使用例
require 'tsort'

class Hash
include TSort
alias tsort_each_node each_key
def tsort_each_child(node, &block)
fetch
(node).each(&block)
end
end

non_sort = {1=>[2], 2=>[3, 4], 3=>[2], 4=>[]}

p non_sor...

TSort#tsort -> Array (12.0)

頂点をトポロジカルソートして得られる配列を返します。 この配列は子から親に向かってソートされています。 すなわち、最初の要素は子を持たず、最後の要素は親を持ちません。

...t::Cyclic 閉路が存在するとき、発生します。

使用例
require 'tsort'

class Hash
include TSort
alias tsort_each_node each_key
def tsort_each_child(node, &block)
fetch
(node).each(&block)
end
end

sorted = {1=>[2, 3], 2=>[3], 3=>[], 4=>[]}.tsort
p sorte...

絞り込み条件を変える

TSort#tsort_each -> Enumerator (12.0)

TSort#tsort メソッドのイテレータ版です。 obj.tsort_each は obj.tsort.each と似ていますが、 ブロックの評価中に obj が変更された場合は予期しない結果になる ことがあります。

...ort::Cyclic 閉路が存在するとき、発生します.

使用例
require 'tsort'

class Hash
include TSort
alias tsort_each_node each_key
def tsort_each_child(node, &block)
fetch
(node).each(&block)
end
end

non_sort = {1=>[2, 3], 2=>[3], 3=>[], 4=>[]}

non_sort.t...

TSort#tsort_each {|node| ...} -> nil (12.0)

TSort#tsort メソッドのイテレータ版です。 obj.tsort_each は obj.tsort.each と似ていますが、 ブロックの評価中に obj が変更された場合は予期しない結果になる ことがあります。

...ort::Cyclic 閉路が存在するとき、発生します.

使用例
require 'tsort'

class Hash
include TSort
alias tsort_each_node each_key
def tsort_each_child(node, &block)
fetch
(node).each(&block)
end
end

non_sort = {1=>[2, 3], 2=>[3], 3=>[], 4=>[]}

non_sort.t...

URI.decode_www_form(str, enc=Encoding::UTF_8) -> [[String, String]] (12.0)

文字列から URL-encoded form data をデコードします。

...文字列から URL-encoded form data をデコードします。

application/x-www-form-urlencoded 形式のデータをデコードし、
[key, value] という形の配列の配列を返します。

enc で指定したエンコーディングの文字列が URL エンコードされたもの...
...#=> [['a', '1'], ['a', '2'], ['b', '3']]
p ary.assoc('a').last #=> '1'
p ary.assoc('b').last #=> '3'
p ary.rassoc('a').last #=> '2'
p Hash[ary] # => {"a"=>"2", "b"=>"3"}

@param str デコード対象の文字列
@param enc エンコーディング
@raise ArgumentError str...

digest/hmac (12.0)

キー付きハッシュアルゴリズム HMAC(Keyed-Hashing for Message Authentication code) の実装の一つを提供するライブラリです。

...キー付きハッシュアルゴリズム HMAC(Keyed-Hashing for Message Authentication code)
の実装の一つを提供するライブラリです。

このライブラリは 2.2.0 で削除されました。また、2.2.0 以前でも実験的な実装なので openssl に含まれている Ope...
...ています。

=== 例

require 'digest/hmac'

# one-liner example
puts Digest::HMAC.hexdigest("data", "hash key", Digest::SHA1)

# rather longer one
hmac = Digest::HMAC.new("foo", Digest::RMD160)

buf = ""
while stream.read(16384, buf)
hmac.update(buf)
end

puts hmac.bubbleb...

tsort (12.0)

tsort はトポロジカルソートと強連結成分に関するモジュールを提供します。

...成分に関するモジュールを提供します。

=== Example

require 'tsort'

class Hash
include TSort
alias tsort_each_node each_key
def tsort_each_child(node, &block)
fetch
(node).each(&block)
end
end

{1=>[2, 3], 2=>[3], 3=>[], 4=>[]}.tsort
#=> [3, 2, 1, 4]...
...`make' に似たツールは以下のように実装できます。

require 'tsort'

class Make
def initialize
@dep = {}
@dep.default = []
end

def rule(outputs, inputs=[], &block)
triple = [outputs, inputs, block]
outputs.each {|f| @dep[f] = [triple]}...
...trongly_connected_component_from(target) {|ns|
if ns.length != 1
fs = ns.delete_if {|n| Array === n}
raise TSort::Cyclic.new("cyclic dependencies: #{fs.join ', '}")
end
n = ns.first
if Array === n
outputs, inputs, block = n
inpu...

絞り込み条件を変える

ENV.filter -> Enumerator (4.0)

環境変数名と値についてブロックを評価し、真を返したものを集めたハッシュ を返します。

環境変数名と値についてブロックを評価し、真を返したものを集めたハッシュ
を返します。

ENV.select -> Enumerator (4.0)

環境変数名と値についてブロックを評価し、真を返したものを集めたハッシュ を返します。

環境変数名と値についてブロックを評価し、真を返したものを集めたハッシュ
を返します。
<< < ... 5 6 7 >>