るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
63件ヒット [1-63件を表示] (0.019秒)
トップページ > クエリ:GC[x] > クエリ:pack[x]

別のキーワード

  1. gc stat
  2. gc latest_gc_info
  3. _builtin latest_gc_info
  4. _builtin gc
  5. gc start

検索結果

Array#pack(template) -> String (19212.0)

配列の内容を template で指定された文字列にしたがって、 バイナリとしてパックした文字列を返します。

...です。長さと
して * が指定された時は「残りのデータ全て」の長さを
表します。型指定文字は以下で述べる pack テンプレート文字列の通りです。

buffer が指定されていれば、バッファとして使って返値として返します。
...
...ないことに注意してください。
buffer のサイズ(capacity)が足りなければ、packはメモリを確保します。

例:
['!'].pack('@1a', buffer: 'abc') # => "a!"
['!'].pack('@5a', buffer: 'abc') # => "abc\u0000\u0000!"

@param template 自身のバイナリとしてパッ...
...266\021\010".unpack("L")[0] # => 0x0811b638
//}

アドレスが指す先のオブジェクト(この例で "foo\0") は、pack の結
果が GC されるまではGCされないことが保証されています。

unpack("p"), unpack("P") は、pack の結果からしか unpack できませ...

Array#pack(template, buffer: String.new) -> String (19212.0)

配列の内容を template で指定された文字列にしたがって、 バイナリとしてパックした文字列を返します。

...です。長さと
して * が指定された時は「残りのデータ全て」の長さを
表します。型指定文字は以下で述べる pack テンプレート文字列の通りです。

buffer が指定されていれば、バッファとして使って返値として返します。
...
...ないことに注意してください。
buffer のサイズ(capacity)が足りなければ、packはメモリを確保します。

例:
['!'].pack('@1a', buffer: 'abc') # => "a!"
['!'].pack('@5a', buffer: 'abc') # => "abc\u0000\u0000!"

@param template 自身のバイナリとしてパッ...
...266\021\010".unpack("L")[0] # => 0x0811b638
//}

アドレスが指す先のオブジェクト(この例で "foo\0") は、pack の結
果が GC されるまではGCされないことが保証されています。

unpack("p"), unpack("P") は、pack の結果からしか unpack できませ...

Array#pack(template) -> String (19193.0)

配列の内容を template で指定された文字列にしたがって、 バイナリとしてパックした文字列を返します。

...指定文字は以下で述べる pack テンプレート文字列の通りです。


@param template 自身のバイナリとしてパックするためのテンプレートを文字列で指定します。


以下にあげるものは、Array#pack、String#unpack
のテンプレート文字の...
...中、Array#pack と String#unpack で違いのあるものは `/' で区切って
「Array#pack の説明 / String#unpack の説明」としています。

: a

ASCII文字列(null文字を詰める/後続するnull文字やスペースを残す)
//emlist[][ruby]{
["abc"].pack("a") # => "...
...266\021\010".unpack("L")[0] # => 0x0811b638
//}

アドレスが指す先のオブジェクト(この例で "foo\0") は、pack の結
果が GC されるまではGCされないことが保証されています。

unpack("p"), unpack("P") は、pack の結果からしか unpack できませ...

TkMsgCatalog.package_name (9100.0)

@todo

@todo

TkMsgCatalog::PACKAGE_NAME (9100.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

String#unpack(template) -> Array (7208.0)

Array#pack で生成された文字列を テンプレート文字列 template にしたがってアンパックし、 それらの要素を含む配列を返します。

...Array#pack で生成された文字列を
テンプレート文字列 template にしたがってアンパックし、
それらの要素を含む配列を返します。

@param template pack テンプレート文字列
@return オブジェクトの配列


以下にあげるもの...
...は、Array#pack、String#unpack
のテンプレート文字の一覧です。テンプレート文字は後に「長さ」を表す数字
を続けることができます。「長さ」の代わりに`*'とすることで「残り全て」
を表すこともできます。

長さの意味はテ...
...266\021\010".unpack("L")[0] # => 0x0811b638
//}

アドレスが指す先のオブジェクト(この例で "foo\0") は、pack の結
果が GC されるまではGCされないことが保証されています。

unpack("p"), unpack("P") は、pack の結果からしか unpack できませ...

pack テンプレート文字列 (7101.0)

pack テンプレート文字列

...pack テンプレート文字列

以下にあげるものは、Array#pack、String#unpack
のテンプレート文字の一覧です。テンプレート文字は後に「長さ」を表す数字
を続けることができます。「長さ」の代わりに`*'とすることで「残り全て」...
...中、Array#pack と String#unpack で違いのあるものは `/' で区切って
「Array#pack の説明 / String#unpack の説明」としています。

: a

ASCII文字列(null文字を詰める/後続するnull文字やスペースを残す)
//emlist[][ruby]{
["abc"].pack("a") # => "...
...266\021\010".unpack("L")[0] # => 0x0811b638
//}

アドレスが指す先のオブジェクト(この例で "foo\0") は、pack の結
果が GC されるまではGCされないことが保証されています。

unpack("p"), unpack("P") は、pack の結果からしか unpack できませ...

NEWS for Ruby 2.1.0 (156.0)

NEWS for Ruby 2.1.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...ます。

* GC
* 改良: RGenGC として知られている世代別GCが導入しました
* 追加した環境変数
* RUBY_GC_HEAP_INIT_SLOTS
* RUBY_GC_HEAP_FREE_SLOTS
* RUBY_GC_HEAP_GROWTH_FACTOR
* RUBY_GC_HEAP_GROWTH_MAX_SLOTS
* RUBY_GC_MALLOC_LIMIT_MAX...
..._GROWTH_FACTOR
* RUBY_GC_OLDMALLOC_LIMIT
* RUBY_GC_OLDMALLOC_LIMIT_MAX
* RUBY_GC_OLDMALLOC_LIMIT_GROWTH_FACTOR
* 廃止した環境変数
* RUBY_FREE_MIN (RUBY_GC_HEAP_FREE_SLOTS を代わりに使います)
* RUBY_HEAP_MIN_SLOTS (RUBY_GC_HEAP_INIT_SLOTS を代わ...
...いたいときは string-scrub gem を使います。

* Symbol
* 全てのシンボルは freeze されるようになりました

* pack/unpack (Array/String)
* プラットフォームが対応していれば Q! と q! は long long 型を表します

* toplevel
* main.using...

NEWS for Ruby 2.2.0 (120.0)

NEWS for Ruby 2.2.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...: File#birthtime

* File::Stat
* 追加: File::Stat#birthtime

* GC
* GC.latest_gc_info は現在のGCのステータスを再現するために :state を返すようになりました。
* 改善: メジャーGCにインクリメンタルマーキングを導入しました。 1013...
...ize!
* 追加: String#unicode_normalized?

* Symbol
* 改善: String#to_sym, String#intern によって返される多くのシンボルがGC可能になりました

* Method
* 追加: Method#curry([arity]) はカリー化された Proc オブジェクトを返します
* 追加...
...除しました 9502
* Check_SafeStr -> SafeStringValue
* rb_check_safe_str -> SafeStringValue
* rb_quad_pack -> rb_integer_pack
* rb_quad_unpack -> rb_integer_unpack
* rb_read_check : access struct FILE internal. no replacement.
* rb_struct_iv_get : internal function. no re...

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (84.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...== Socket

: ((<Socket/Socket.pack_sockaddr_in>)) [new]
: ((<Socket/Socket.unpack_sockaddr_in>)) [new]

追加。ソケットアドレス構造体(INET domain)のpack/unpack

: ((<Socket/Socket.pack_sockaddr_un>)) [new]
: ((<Socket/Socket.unpack_sockaddr_un>)) [new]...
...追加。ソケットアドレス構造体(UNIX domain)のpack/unpack

: ((<UNIXSocket/UNIXSocket.pair>)) [new]
: ((<UNIXSocket/UNIXSocket.socketpair>)) [new]
: ((<UNIXSocket#recv_io|UNIXSocket/recv_io>)) [new]
: ((<UNIXSocket#send_io|UNIXSocket/send_io>)) [new]

追加...
...、型変換結果が GC される可能性があります。
((<ruby-dev:12731>))

version 1.7 以降では代わりに StringValuePtr() を使用します。こちら
は、引数の参照先が暗黙の型変換の結果に置き換わるため変換結果が GC
されません...

絞り込み条件を変える

ruby 1.9 feature (78.0)

ruby 1.9 feature ruby version 1.9.0 は開発版です。 以下にあげる機能は将来削除されたり互換性のない仕様変更がなされるかもしれません。 1.9.1 以降は安定版です。 バグ修正がメインになります。

...08>)) [compat]
: Array#flatten, Array#flatten! がオプショナルな level 引数を受け取るようになりました [compat]
: String#unpack("M") で CRLF を単独の LF と同様に無視するようになりました ((<ruby-dev:28601>)) [compat]

* M17N
: 以下、ここでいう...
..._reverse_lookup のデフォルトが true になりました。

=== 2006-01-10
: ((<GC/GC.stress>)) [new]
: ((<GC/GC.stress=>)) [new]

GC
.stress = true とすると、GC を行えるすべての機会で GC を行います。

=== 2005-12-15

: sub [obsolete]
: gsub [obso...
...最初の引数に対して to_open を呼ぶようになりました。

: Exception#to_str [ruby] [obsolete]

=== 2004-03-31
: Array#pack [ruby] [change]
pack
("U") 時に、ユニコードとして不適切な値が来ているときは
RangeError を投げるようになりました。
((<r...

ruby 1.6 feature (30.0)

ruby 1.6 feature ruby version 1.6 は安定版です。この版での変更はバグ修正がメイン になります。

...回のライブラリロードを行
うときの速度が向上しました。(Bison を使用しない場合、ロードの都度明
示的に GC が実行されるためライブラリロードの実行速度が低下するのだそ
うです) ((<ruby-dev:18145>))

: 2002-08-20 File.expand_...
.../\//

: 2002-04-15: pack('U')

pack
('U') を unpack('U') すると元に戻らないバグが修正されました。
(unpack は、バイト単位でなく文字単位の処理になりました)
((<ruby-bugs-ja:PR#220>))

p [128].pack("U")
p [128].pack("U").unpack("U")

=> ruby...
...のマイナーバージョンが1あがりました

p Marshal.dump(Object.new).unpack("CC").join(".")
=> ruby 1.6.4 (2001-06-04) [i586-linux]
"4.5"
p Marshal.dump(Object.new).unpack("CC").join(".")
=> ruby 1.6.4 (2001-06-11) [i586-linux]
"4.6"

: $SAFE...

NEWS for Ruby 2.3.0 (12.0)

NEWS for Ruby 2.3.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...ロック )が必須になりました。
ブロックが与えられない場合は ArgumentError が発生します。
11283

* pack/unpack (Array/String)
* `j`と`J`が追加されました。
11215


=== 標準添付ライブラリの更新 (優れたもののみ)

* Lo...
...かわりに :wait_readable, :wait_writable を返すためです。
10532
11229
* BasicSocket#recv と BasicSocket#recv_nonblock は GC のオーバーヘッドを減らすために
IO#read や IO#read_nonblock と同じように出力用の文字列を引数として受けと...

NEWS for Ruby 2.4.0 (12.0)

NEWS for Ruby 2.4.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...を配列に対して呼び出しても無視されます。
このようなときは Array#max も再定義してください。
* Array#pack 12754
既にアロケートされているバッファを再利用するためにオプションキーワード引数 buffer: を取るよう...
...ines 省略可能なキーワード引数 chomp を受け付けるようになりました 12553
* String#match? を追加 12898
* String#unpack1 を追加 12752
* String#upcase, String#downcase, String#capitalize, String#swapcase,
String#upcase!, String#downcase!, String#capitaliz...
...show_version() will no longer exits the process, if
RUBY_SHOW_COPYRIGHT_TO_DIE is set to 0. This will be the default in
the future.

* rb_gc_adjust_memory_usage() [Feature #12690]

=== サポートするプラットフォームの変更

* FreeBSD < 4 はもうサポートしていま...