るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
63件ヒット [1-63件を表示] (0.010秒)

別のキーワード

  1. gc stat
  2. gc latest_gc_info
  3. _builtin latest_gc_info
  4. _builtin gc
  5. gc start

検索結果

TkMsgCatalog#[](*args) (21100.0)

@todo

@todo

TkMsgCatalog.[](*args) (21100.0)

@todo

@todo

ObjectSpace::WeakMap#[](key) -> object | nil (18106.0)

引数 key で指定されたオブジェクトが参照するオブジェクトを返します。

...ey で指定されたオブジェクトが参照するオブジェクトを返します。

参照先のオブジェクトが存在しない場合、GC されている場合、対象外のオブジェ
クトを参照している場合に nil を返します。

@param key 参照元のオブジェク...

TkMsgCatalog#mc(*args) (6000.0)

@todo

@todo

TkMsgCatalog#translate(*args) (6000.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

TkMsgCatalog.mc(*args) (6000.0)

@todo

@todo

TkMsgCatalog.translate(*args) (6000.0)

@todo

@todo

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (72.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...を返すことができます。

: 多重代入 [change]

多重代入の規則を見直しました。

# # derived from sample/test.rb
# a = *[]; p a # special case
# def f; yield; end; f {|a| p a} # add (warning)
# def r; return; end; a = r(); p a
#...
...); p a
# a = 1; p a
# def f; yield 1; end; f {|a| p a}
# def r; return 1; end; a = r(); p a
# a = []; p a
# def f; yield []; end; f {|a| p a}
# def r; return []; end; a = r(); p a
# a = [1]; p a
# def f; yield [1]; end; f {|a| p a}
# def r; return [1]; end; a = r();...
...、型変換結果が GC される可能性があります。
((<ruby-dev:12731>))

version 1.7 以降では代わりに StringValuePtr() を使用します。こちら
は、引数の参照先が暗黙の型変換の結果に置き換わるため変換結果が GC
されません...

ruby 1.9 feature (72.0)

ruby 1.9 feature ruby version 1.9.0 は開発版です。 以下にあげる機能は将来削除されたり互換性のない仕様変更がなされるかもしれません。 1.9.1 以降は安定版です。 バグ修正がメインになります。

...1文字の String を返すようになりました
: sprintf の %c が 1文字の String を受け付けるようになりました
: String#[]= が右辺の整数を受け付けなくなりました
: String#chr という先頭の1文字を返すメソッドが追加されました
: I...
...引数で、* の後にも必須引数をとれるようになりました
: 実引数にいくつでも * を使えるようになりました
: [] メソッドの実引数で、通常のメソッド呼び出しの実引数に使える記法が全て使えるようになりました

* obsolete...
..._reverse_lookup のデフォルトが true になりました。

=== 2006-01-10
: ((<GC/GC.stress>)) [new]
: ((<GC/GC.stress=>)) [new]

GC
.stress = true とすると、GC を行えるすべての機会で GC を行います。

=== 2005-12-15

: sub [obsolete]
: gsub [obso...

ruby 1.6 feature (54.0)

ruby 1.6 feature ruby version 1.6 は安定版です。この版での変更はバグ修正がメイン になります。

...回のライブラリロードを行
うときの速度が向上しました。(Bison を使用しない場合、ロードの都度明
示的に GC が実行されるためライブラリロードの実行速度が低下するのだそ
うです) ((<ruby-dev:18145>))

: 2002-08-20 File.expand_...
...範囲外の文字列を指定したときに例外を返す場合がありましたが、常に nil
を返すようになりました。(String#[]やString#slice と同じ結果を返すと
いうことです)

p "foo".slice!("bar") # <- 以前からこちらは nil を返してい...
...ymlink("foo", "bar")
p Dir.glob("bar")
=> ruby 1.6.7 (2002-03-01) [i586-linux]
[]

=> ruby 1.6.7 (2002-08-01) [i586-linux]
["bar"]

: 2002-06-13 Hash[]

Hash[] で、キーとなる文字列を dup & freeze していませんでした。

a = "k...

絞り込み条件を変える

Array#pack(template) -> String (18.0)

配列の内容を template で指定された文字列にしたがって、 バイナリとしてパックした文字列を返します。

...tring#unpack の説明」としています。

: a

ASCII文字列(null文字を詰める/後続するnull文字やスペースを残す)
//emlist[][ruby]{
["abc"].pack("a") # => "a"
["abc"].pack("a*") # => "abc"
["abc"].pack("a4") # => "abc\0"

"abc\0".unpack("a4") # => ["...
...]
"abc ".unpack("a4") # => ["abc "]
//}

: A

ASCII文字列(スペースを詰める/後続するnull文字やスペースを削除)
//emlist[][ruby]{
["abc"].pack("A") # => "a"
["abc"].pack("A*") # => "abc"
["abc"].pack("A4") # => "abc "

"abc ".unpack("A4") # => ["a...
...表記で見ること
が出来ます
//emlist[][ruby]{
printf "%#010x\n", "8\266\021\010".unpack("L")[0] # => 0x0811b638
//}

アドレスが指す先のオブジェクト(この例で "foo\0") は、pack の結
果が GC されるまではGCされないことが保証されています...

Array#pack(template, buffer: String.new) -> String (18.0)

配列の内容を template で指定された文字列にしたがって、 バイナリとしてパックした文字列を返します。

...tring#unpack の説明」としています。

: a

ASCII文字列(null文字を詰める/後続するnull文字やスペースを残す)
//emlist[][ruby]{
["abc"].pack("a") # => "a"
["abc"].pack("a*") # => "abc"
["abc"].pack("a4") # => "abc\0"

"abc\0".unpack("a4") # => ["...
...]
"abc ".unpack("a4") # => ["abc "]
//}

: A

ASCII文字列(スペースを詰める/後続するnull文字やスペースを削除)
//emlist[][ruby]{
["abc"].pack("A") # => "a"
["abc"].pack("A*") # => "abc"
["abc"].pack("A4") # => "abc "

"abc ".unpack("A4") # => ["a...
...表記で見ること
が出来ます
//emlist[][ruby]{
printf "%#010x\n", "8\266\021\010".unpack("L")[0] # => 0x0811b638
//}

アドレスが指す先のオブジェクト(この例で "foo\0") は、pack の結
果が GC されるまではGCされないことが保証されています...

String#unpack(template) -> Array (18.0)

Array#pack で生成された文字列を テンプレート文字列 template にしたがってアンパックし、 それらの要素を含む配列を返します。

...tring#unpack の説明」としています。

: a

ASCII文字列(null文字を詰める/後続するnull文字やスペースを残す)
//emlist[][ruby]{
["abc"].pack("a") # => "a"
["abc"].pack("a*") # => "abc"
["abc"].pack("a4") # => "abc\0"

"abc\0".unpack("a4") # => ["...
...]
"abc ".unpack("a4") # => ["abc "]
//}

: A

ASCII文字列(スペースを詰める/後続するnull文字やスペースを削除)
//emlist[][ruby]{
["abc"].pack("A") # => "a"
["abc"].pack("A*") # => "abc"
["abc"].pack("A4") # => "abc "

"abc ".unpack("A4") # => ["a...
...表記で見ること
が出来ます
//emlist[][ruby]{
printf "%#010x\n", "8\266\021\010".unpack("L")[0] # => 0x0811b638
//}

アドレスが指す先のオブジェクト(この例で "foo\0") は、pack の結
果が GC されるまではGCされないことが保証されています...

pack テンプレート文字列 (18.0)

pack テンプレート文字列

...tring#unpack の説明」としています。

: a

ASCII文字列(null文字を詰める/後続するnull文字やスペースを残す)
//emlist[][ruby]{
["abc"].pack("a") # => "a"
["abc"].pack("a*") # => "abc"
["abc"].pack("a4") # => "abc\0"

"abc\0".unpack("a4") # => ["...
...]
"abc ".unpack("a4") # => ["abc "]
//}

: A

ASCII文字列(スペースを詰める/後続するnull文字やスペースを削除)
//emlist[][ruby]{
["abc"].pack("A") # => "a"
["abc"].pack("A*") # => "abc"
["abc"].pack("A4") # => "abc "

"abc ".unpack("A4") # => ["a...
...表記で見ること
が出来ます
//emlist[][ruby]{
printf "%#010x\n", "8\266\021\010".unpack("L")[0] # => 0x0811b638
//}

アドレスが指す先のオブジェクト(この例で "foo\0") は、pack の結
果が GC されるまではGCされないことが保証されています...