るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
73件ヒット [1-73件を表示] (0.075秒)
トップページ > クエリ:Float::NAN[x]

別のキーワード

  1. _builtin float
  2. float to_d
  3. json float
  4. float rationalize
  5. fiddle type_float

ライブラリ

クラス

モジュール

キーワード

検索結果

Float::NAN -> Float (23000.0)

浮動小数点数における NaN(Not a number)です。

浮動小数点数における NaN(Not a number)です。

@see Float#nan?

Complex#inspect -> String (12.0)

自身を人間が読みやすい形の文字列表現にして返します。

...lex(2).inspect # => "(2+0i)"
Complex('-8/6').inspect # => "((-4/3)+0i)"
Complex('1/2i').inspect # => "(0+(1/2)*i)"
Complex(0, Float::INFINITY).inspect # => "(0+Infinity*i)"
Complex(Float::NAN, Float::NAN).inspect # => "(NaN+NaN*i)"
//}...

Complex#to_s -> String (12.0)

自身を "実部 + 虚部i" 形式の文字列にして返します。

...

//emlist[例][ruby]{
Complex(2).to_s # => "2+0i"
Complex('-8/6').to_s # => "-4/3+0i"
Complex('1/2i').to_s # => "0+1/2i"
Complex(0, Float::INFINITY).to_s # => "0+Infinity*i"
Complex(Float::NAN, Float::NAN).to_s # => "NaN+NaN*i"
//}...

Float#next_float -> Float (12.0)

浮動小数点数で表現可能な self の次の値を返します。

...な self の次の値を返します。

Float::MAX.next_float、Float::INFINITY.next_float は
Float::INFINITY を返します。Float::NAN.next_float は
Float::NAN
を返します。

//emlist[例][ruby]{
p 0.01.next_float # => 0.010000000000000002
p 1.0.next_float # => 1.0000000000000002
p 10...

Float#prev_float -> Float (12.0)

浮動小数点数で表現可能な self の前の値を返します。

...f の前の値を返します。

(-Float::MAX).prev_float と (-Float::INFINITY).prev_float
は -Float::INFINITY を返します。Float::NAN.prev_float は
Float::NAN
を返します。

//emlist[例][ruby]{
p 0.01.prev_float # => 0.009999999999999998
p 1.0.prev_float # => 0.9999999999999999
p...

絞り込み条件を変える

Kernel.#format(format, *arg) -> String (6.0)

format 文字列を C 言語の sprintf と同じように解釈し、 引数をフォーマットした文字列を返します。

...尾の0は取り除かれ
ます。

a, A は指数表現の16進数("-h.hhh±pd") で数値を出力します。ただし、Float::INFINITY、Float::NAN はそれぞれ 'Inf'、'NaN' になります。詳しくは 40650 を参照してください。

//emlist[][ruby]{
p sprintf("%a", -0.0)...
...尾の0は取り除かれ
ます。

a, A は指数表現の16進数("-h.hhh±pd") で数値を出力します。ただし、Float::INFINITY、Float::NAN はそれぞれ 'Inf'、'NaN' になります。詳しくは 40650 を参照してください。

//emlist[][ruby]{
p sprintf("%a", -0.0)...

Kernel.#sprintf(format, *arg) -> String (6.0)

format 文字列を C 言語の sprintf と同じように解釈し、 引数をフォーマットした文字列を返します。

...尾の0は取り除かれ
ます。

a, A は指数表現の16進数("-h.hhh±pd") で数値を出力します。ただし、Float::INFINITY、Float::NAN はそれぞれ 'Inf'、'NaN' になります。詳しくは 40650 を参照してください。

//emlist[][ruby]{
p sprintf("%a", -0.0)...
...尾の0は取り除かれ
ます。

a, A は指数表現の16進数("-h.hhh±pd") で数値を出力します。ただし、Float::INFINITY、Float::NAN はそれぞれ 'Inf'、'NaN' になります。詳しくは 40650 を参照してください。

//emlist[][ruby]{
p sprintf("%a", -0.0)...

Math.#log(x) -> Float (6.0)

x の対数を返します。

...x の対数を返します。

引数 x, b の両方に 0 を指定した場合は Float::NAN を返します。

@param x 正の実数を指定します。

@param b 底を指定します。省略した場合は自然対数を計算します。

@raise TypeError 引数のどちらかに数値以...

Math.#log(x, b) -> Float (6.0)

x の対数を返します。

...x の対数を返します。

引数 x, b の両方に 0 を指定した場合は Float::NAN を返します。

@param x 正の実数を指定します。

@param b 底を指定します。省略した場合は自然対数を計算します。

@raise TypeError 引数のどちらかに数値以...

String#%(args) -> String (6.0)

printf と同じ規則に従って args をフォーマットします。

...尾の0は取り除かれ
ます。

a, A は指数表現の16進数("-h.hhh±pd") で数値を出力します。ただし、Float::INFINITY、Float::NAN はそれぞれ 'Inf'、'NaN' になります。詳しくは 40650 を参照してください。

//emlist[][ruby]{
p sprintf("%a", -0.0)...
...尾の0は取り除かれ
ます。

a, A は指数表現の16進数("-h.hhh±pd") で数値を出力します。ただし、Float::INFINITY、Float::NAN はそれぞれ 'Inf'、'NaN' になります。詳しくは 40650 を参照してください。

//emlist[][ruby]{
p sprintf("%a", -0.0)...

絞り込み条件を変える

sprintf フォーマット (6.0)

sprintf フォーマット === sprintf フォーマット

...尾の0は取り除かれ
ます。

a, A は指数表現の16進数("-h.hhh±pd") で数値を出力します。ただし、Float::INFINITY、Float::NAN はそれぞれ 'Inf'、'NaN' になります。詳しくは 40650 を参照してください。

//emlist[][ruby]{
p sprintf("%a", -0.0)...
...尾の0は取り除かれ
ます。

a, A は指数表現の16進数("-h.hhh±pd") で数値を出力します。ただし、Float::INFINITY、Float::NAN はそれぞれ 'Inf'、'NaN' になります。詳しくは 40650 を参照してください。

//emlist[][ruby]{
p sprintf("%a", -0.0)...