るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
201件ヒット [1-100件を表示] (0.047秒)

別のキーワード

  1. each enumerator
  2. enumerator each
  3. enumerator new
  4. enumerator with_index
  5. enumerator with_object

ライブラリ

クラス

モジュール

検索結果

<< 1 2 3 > >>

IO#lines(limit) -> Enumerator (18215.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに IO#each_line を使用してください。

...を引数として
与えられたブロックを実行します。

ブロックが与えられなかった場合は、自身から生成した
Enumerator
オブジェクトを返します。

テキスト読み込みメソッドとして動作します。

limit で最大読み込みバイト数...

IO#lines(rs = $/) -> Enumerator (18215.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに IO#each_line を使用してください。

...を引数として
与えられたブロックを実行します。

ブロックが与えられなかった場合は、自身から生成した
Enumerator
オブジェクトを返します。

テキスト読み込みメソッドとして動作します。

limit で最大読み込みバイト数...

IO#lines(rs, limit) -> Enumerator (18215.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに IO#each_line を使用してください。

...を引数として
与えられたブロックを実行します。

ブロックが与えられなかった場合は、自身から生成した
Enumerator
オブジェクトを返します。

テキスト読み込みメソッドとして動作します。

limit で最大読み込みバイト数...

ARGF.class#lines(limit) -> Enumerator (18209.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。 使用すると警告メッセージが表示されます。

このメソッドは obsolete です。
代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。
使用すると警告メッセージが表示されます。

@see $/, ARGF.class#each_line

ARGF.class#lines(rs = $/) -> Enumerator (18209.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。 使用すると警告メッセージが表示されます。

このメソッドは obsolete です。
代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。
使用すると警告メッセージが表示されます。

@see $/, ARGF.class#each_line

絞り込み条件を変える

ARGF.class#lines(rs, limit) -> Enumerator (18209.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。 使用すると警告メッセージが表示されます。

このメソッドは obsolete です。
代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。
使用すると警告メッセージが表示されます。

@see $/, ARGF.class#each_line

IO#lines(limit) {|line| ... } -> self (18115.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに IO#each_line を使用してください。

...を引数として
与えられたブロックを実行します。

ブロックが与えられなかった場合は、自身から生成した
Enumerator
オブジェクトを返します。

テキスト読み込みメソッドとして動作します。

limit で最大読み込みバイト数...

IO#lines(rs = $/) {|line| ... } -> self (18115.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに IO#each_line を使用してください。

...を引数として
与えられたブロックを実行します。

ブロックが与えられなかった場合は、自身から生成した
Enumerator
オブジェクトを返します。

テキスト読み込みメソッドとして動作します。

limit で最大読み込みバイト数...

IO#lines(rs, limit) {|line| ... } -> self (18115.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに IO#each_line を使用してください。

...を引数として
与えられたブロックを実行します。

ブロックが与えられなかった場合は、自身から生成した
Enumerator
オブジェクトを返します。

テキスト読み込みメソッドとして動作します。

limit で最大読み込みバイト数...

ARGF.class#lines(limit) { |line| ... } -> self (18109.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。 使用すると警告メッセージが表示されます。

このメソッドは obsolete です。
代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。
使用すると警告メッセージが表示されます。

@see $/, ARGF.class#each_line

絞り込み条件を変える

ARGF.class#lines(rs = $/) { |line| ... } -> self (18109.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。 使用すると警告メッセージが表示されます。

このメソッドは obsolete です。
代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。
使用すると警告メッセージが表示されます。

@see $/, ARGF.class#each_line

ARGF.class#lines(rs, limit) { |line| ... } -> self (18109.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。 使用すると警告メッセージが表示されます。

このメソッドは obsolete です。
代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。
使用すると警告メッセージが表示されます。

@see $/, ARGF.class#each_line

StringIO#lines(rs = $/) -> Enumerator (15205.0)

自身から 1 行ずつ読み込み、それを引数として与えられたブロックを実行します。

自身から 1 行ずつ読み込み、それを引数として与えられたブロックを実行します。

@param rs 行の区切りを文字列で指定します。rs に nil を指定すると行区切りなしとみなします。空文字列 "" を指定すると連続する改行を行の区切りとみなします(パラグラフモード)。

@raise IOError 自身が読み取り不可なら発生します。

require "stringio"
a = StringIO.new("hoge\nfoo\n")
a.each{|l| p l }

#=>
"hoge\n"
"foo\n"

@see $/

StringIO#lines(rs = $/) {|line| ... } -> self (15105.0)

自身から 1 行ずつ読み込み、それを引数として与えられたブロックを実行します。

自身から 1 行ずつ読み込み、それを引数として与えられたブロックを実行します。

@param rs 行の区切りを文字列で指定します。rs に nil を指定すると行区切りなしとみなします。空文字列 "" を指定すると連続する改行を行の区切りとみなします(パラグラフモード)。

@raise IOError 自身が読み取り不可なら発生します。

require "stringio"
a = StringIO.new("hoge\nfoo\n")
a.each{|l| p l }

#=>
"hoge\n"
"foo\n"

@see $/

Enumerable#chunk {|elt| ... } -> Enumerator (196.0)

要素を前から順にブロックで評価し、その結果によって 要素をチャンクに分けた(グループ化した)要素を持つ Enumerator を返します。

...)要素を持つ
Enumerator
を返します。

ブロックの評価値が同じ値が続くものを一つのチャンクとして
取り扱います。すなわち、ブロックの評価値が一つ前と
異なる所でチャンクが区切られます。

返り値の Enumerator は各チャ...
...ファイルに合わせてください。
open("/usr/share/dict/words", "r:iso-8859-1") {|f|
f.chunk {|line| line[0].upcase }.each {|ch, lines| p [ch, lines.length] }
}
# => ["A", 17096]
# ["B", 11070]
# ["C", 19901]
# ["D", 10896]
# ...
//}

さらにこのメソッドは以下の値...
...[ruby]{
[1, 2].chunk { |item| :_underscore }.to_a
# => RuntimeError: symbols beginning with an underscore are reserved

# 「.to_a」無しだと Enumerator を返すのみで例外は発生しない
//}

nil、 :_separator はある要素を無視したい場合に用います。
例として svn l...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 3 > >>