るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
171件ヒット [1-100件を表示] (0.029秒)

別のキーワード

  1. each enumerator
  2. enumerator each
  3. enumerator new
  4. enumerator with_index
  5. enumerator with_object

ライブラリ

クラス

モジュール

検索結果

<< 1 2 > >>

IO#lines(limit) -> Enumerator (18215.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに IO#each_line を使用してください。

...を引数として
与えられたブロックを実行します。

ブロックが与えられなかった場合は、自身から生成した
Enumerator
オブジェクトを返します。

テキスト読み込みメソッドとして動作します。

limit で最大読み込みバイト数...

IO#lines(rs = $/) -> Enumerator (18215.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに IO#each_line を使用してください。

...を引数として
与えられたブロックを実行します。

ブロックが与えられなかった場合は、自身から生成した
Enumerator
オブジェクトを返します。

テキスト読み込みメソッドとして動作します。

limit で最大読み込みバイト数...

IO#lines(rs, limit) -> Enumerator (18215.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに IO#each_line を使用してください。

...を引数として
与えられたブロックを実行します。

ブロックが与えられなかった場合は、自身から生成した
Enumerator
オブジェクトを返します。

テキスト読み込みメソッドとして動作します。

limit で最大読み込みバイト数...

ARGF.class#lines(limit) -> Enumerator (18209.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。 使用すると警告メッセージが表示されます。

このメソッドは obsolete です。
代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。
使用すると警告メッセージが表示されます。

@see $/, ARGF.class#each_line

ARGF.class#lines(rs = $/) -> Enumerator (18209.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。 使用すると警告メッセージが表示されます。

このメソッドは obsolete です。
代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。
使用すると警告メッセージが表示されます。

@see $/, ARGF.class#each_line

絞り込み条件を変える

ARGF.class#lines(rs, limit) -> Enumerator (18209.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。 使用すると警告メッセージが表示されます。

このメソッドは obsolete です。
代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。
使用すると警告メッセージが表示されます。

@see $/, ARGF.class#each_line

IO#lines(limit) {|line| ... } -> self (18115.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに IO#each_line を使用してください。

...を引数として
与えられたブロックを実行します。

ブロックが与えられなかった場合は、自身から生成した
Enumerator
オブジェクトを返します。

テキスト読み込みメソッドとして動作します。

limit で最大読み込みバイト数...

IO#lines(rs = $/) {|line| ... } -> self (18115.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに IO#each_line を使用してください。

...を引数として
与えられたブロックを実行します。

ブロックが与えられなかった場合は、自身から生成した
Enumerator
オブジェクトを返します。

テキスト読み込みメソッドとして動作します。

limit で最大読み込みバイト数...

IO#lines(rs, limit) {|line| ... } -> self (18115.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに IO#each_line を使用してください。

...を引数として
与えられたブロックを実行します。

ブロックが与えられなかった場合は、自身から生成した
Enumerator
オブジェクトを返します。

テキスト読み込みメソッドとして動作します。

limit で最大読み込みバイト数...

ARGF.class#lines(limit) { |line| ... } -> self (18109.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。 使用すると警告メッセージが表示されます。

このメソッドは obsolete です。
代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。
使用すると警告メッセージが表示されます。

@see $/, ARGF.class#each_line

絞り込み条件を変える

ARGF.class#lines(rs = $/) { |line| ... } -> self (18109.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。 使用すると警告メッセージが表示されます。

このメソッドは obsolete です。
代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。
使用すると警告メッセージが表示されます。

@see $/, ARGF.class#each_line

ARGF.class#lines(rs, limit) { |line| ... } -> self (18109.0)

このメソッドは obsolete です。 代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。 使用すると警告メッセージが表示されます。

このメソッドは obsolete です。
代わりに ARGF.class#each_line を使用してください。
使用すると警告メッセージが表示されます。

@see $/, ARGF.class#each_line

StringIO#lines(rs = $/) -> Enumerator (15205.0)

自身から 1 行ずつ読み込み、それを引数として与えられたブロックを実行します。

自身から 1 行ずつ読み込み、それを引数として与えられたブロックを実行します。

@param rs 行の区切りを文字列で指定します。rs に nil を指定すると行区切りなしとみなします。空文字列 "" を指定すると連続する改行を行の区切りとみなします(パラグラフモード)。

@raise IOError 自身が読み取り不可なら発生します。

require "stringio"
a = StringIO.new("hoge\nfoo\n")
a.each{|l| p l }

#=>
"hoge\n"
"foo\n"

@see $/

StringIO#lines(rs = $/) {|line| ... } -> self (15105.0)

自身から 1 行ずつ読み込み、それを引数として与えられたブロックを実行します。

自身から 1 行ずつ読み込み、それを引数として与えられたブロックを実行します。

@param rs 行の区切りを文字列で指定します。rs に nil を指定すると行区切りなしとみなします。空文字列 "" を指定すると連続する改行を行の区切りとみなします(パラグラフモード)。

@raise IOError 自身が読み取り不可なら発生します。

require "stringio"
a = StringIO.new("hoge\nfoo\n")
a.each{|l| p l }

#=>
"hoge\n"
"foo\n"

@see $/

Enumerable#chunk {|elt| ... } -> Enumerator (190.0)

要素を前から順にブロックで評価し、その結果によって 要素をチャンクに分けた(グループ化した)要素を持つ Enumerator を返します。

...)要素を持つ
Enumerator
を返します。

ブロックの評価値が同じ値が続くものを一つのチャンクとして
取り扱います。すなわち、ブロックの評価値が一つ前と
異なる所でチャンクが区切られます。

返り値の Enumerator は各チャ...
...の文字のコードポイントを返す
open("/usr/share/dict/words", "r:iso-8859-1") {|f|
f.chunk {|line| line.ord }.each {|ch, lines| p [ch.chr, lines.length] }
}
#=> ["\n", 1]
# ["A", 1327]
# ["B", 1372]
# ["C", 1507]
# ["D", 791]
# ...

さらにこのメソッ...
...each {|_, lines|
pp lines
}
}
#=> ["r20018 | knu | 2008-10-29 13:20:42 +0900 (Wed, 29 Oct 2008) | 2 lines\n",
# "\n",
# "* README, README.ja: Update the portability section.\n",
# "\n"]
# ["r16725 | knu | 2008-05-31 23:34:23 +0900 (Sat, 31 May 2008) | 2 lines\n",
#...

絞り込み条件を変える

Enumerable#chunk(initial_state) {|elt, state| ... } -> Enumerator (190.0)

要素を前から順にブロックで評価し、その結果によって 要素をチャンクに分けた(グループ化した)要素を持つ Enumerator を返します。

...)要素を持つ
Enumerator
を返します。

ブロックの評価値が同じ値が続くものを一つのチャンクとして
取り扱います。すなわち、ブロックの評価値が一つ前と
異なる所でチャンクが区切られます。

返り値の Enumerator は各チャ...
...の文字のコードポイントを返す
open("/usr/share/dict/words", "r:iso-8859-1") {|f|
f.chunk {|line| line.ord }.each {|ch, lines| p [ch.chr, lines.length] }
}
#=> ["\n", 1]
# ["A", 1327]
# ["B", 1372]
# ["C", 1507]
# ["D", 791]
# ...

さらにこのメソッ...
...each {|_, lines|
pp lines
}
}
#=> ["r20018 | knu | 2008-10-29 13:20:42 +0900 (Wed, 29 Oct 2008) | 2 lines\n",
# "\n",
# "* README, README.ja: Update the portability section.\n",
# "\n"]
# ["r16725 | knu | 2008-05-31 23:34:23 +0900 (Sat, 31 May 2008) | 2 lines\n",
#...

Enumerable#chunk {|elt| ... } -> Enumerator (189.0)

要素を前から順にブロックで評価し、その結果によって 要素をチャンクに分けた(グループ化した)要素を持つ Enumerator を返します。

...)要素を持つ
Enumerator
を返します。

ブロックの評価値が同じ値が続くものを一つのチャンクとして
取り扱います。すなわち、ブロックの評価値が一つ前と
異なる所でチャンクが区切られます。

返り値の Enumerator は各チャ...
...の文字のコードポイントを返す
open("/usr/share/dict/words", "r:iso-8859-1") {|f|
f.chunk {|line| line.ord }.each {|ch, lines| p [ch.chr, lines.length] }
}
#=> ["\n", 1]
# ["A", 1327]
# ["B", 1372]
# ["C", 1507]
# ["D", 791]
# ...

さらにこのメソッ...
...each {|_, lines|
pp lines
}
}
#=> ["r20018 | knu | 2008-10-29 13:20:42 +0900 (Wed, 29 Oct 2008) | 2 lines\n",
# "\n",
# "* README, README.ja: Update the portability section.\n",
# "\n"]
# ["r16725 | knu | 2008-05-31 23:34:23 +0900 (Sat, 31 May 2008) | 2 lines\n",
#...

Enumerable#slice_before {|elt| bool } -> Enumerator (137.0)

パターンがマッチした要素、もしくはブロックが真を返した要素から 次にマッチする手前までを チャンク化(グループ化)したものを繰り返す Enumerator を 返します。

...くはブロックが真を返した要素から
次にマッチする手前までを
チャンク化(グループ化)したものを繰り返す Enumerator
返します。

パターンを渡した場合は各要素に対し === が呼び出され、
それが真になったところをチャ...
...# これは一要素が複数行にまたがっている

IO.popen([{"LC_ALL"=>"C"}, "svn", "proplist", "-R"]) {|f|
f.lines.slice_before(/\AProp/).each {|lines| p lines }
}
#=> ["Properties on '.':\n", " svn:ignore\n", " svk:merge\n"]
# ["Properties on 'goruby.c':\n", " svn:eol-sty...

Enumerable#slice_before(initial_state) {|elt, state| bool } -> Enumerator (137.0)

パターンがマッチした要素、もしくはブロックが真を返した要素から 次にマッチする手前までを チャンク化(グループ化)したものを繰り返す Enumerator を 返します。

...くはブロックが真を返した要素から
次にマッチする手前までを
チャンク化(グループ化)したものを繰り返す Enumerator
返します。

パターンを渡した場合は各要素に対し === が呼び出され、
それが真になったところをチャ...
...# これは一要素が複数行にまたがっている

IO.popen([{"LC_ALL"=>"C"}, "svn", "proplist", "-R"]) {|f|
f.lines.slice_before(/\AProp/).each {|lines| p lines }
}
#=> ["Properties on '.':\n", " svn:ignore\n", " svk:merge\n"]
# ["Properties on 'goruby.c':\n", " svn:eol-sty...

Enumerable#slice_before(pattern) -> Enumerator (137.0)

パターンがマッチした要素、もしくはブロックが真を返した要素から 次にマッチする手前までを チャンク化(グループ化)したものを繰り返す Enumerator を 返します。

...くはブロックが真を返した要素から
次にマッチする手前までを
チャンク化(グループ化)したものを繰り返す Enumerator
返します。

パターンを渡した場合は各要素に対し === が呼び出され、
それが真になったところをチャ...
...# これは一要素が複数行にまたがっている

IO.popen([{"LC_ALL"=>"C"}, "svn", "proplist", "-R"]) {|f|
f.lines.slice_before(/\AProp/).each {|lines| p lines }
}
#=> ["Properties on '.':\n", " svn:ignore\n", " svk:merge\n"]
# ["Properties on 'goruby.c':\n", " svn:eol-sty...

絞り込み条件を変える

String#each_line(rs = $/) -> Enumerator (137.0)

文字列中の各行に対して繰り返します。 行の区切りは rs に指定した文字列で、 そのデフォルト値は変数 $/ の値です。 各 line には区切りの文字列も含みます。

...# => "cc\n"

p "aa\nbb\ncc\n".lines.to_a # => ["aa\n", "bb\n", "cc\n"]
p "aa\n".lines.to_a # => ["aa\n"]
p "".lines.to_a # => []

s = "aa\nbb\ncc\n"
p s.lines("\n").to_a #=> ["aa\n", "bb\n", "cc\n"]
p s.lines("bb").to_a #=> ["aa\nbb", "\ncc\n"]
//}

@see String#lines...
<< 1 2 > >>