るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
152件ヒット [1-100件を表示] (0.112秒)
トップページ > クエリ:>[x] > クエリ:filename=[x]

別のキーワード

  1. _builtin >
  2. bigdecimal >
  3. >
  4. filter >
  5. float >

ライブラリ

クラス

モジュール

キーワード

検索結果

<< 1 2 > >>

ERB#filename= -> String (18213.0)

エラーメッセージを表示する際のファイル名を設定します。

...filename を設定していない場合は、エラー発生箇所は「 (ERB) 」という出力となります。

//emlist[例][ruby]{
require 'erb'
filename =
'example.rhtml'
erb = ERB.new(File.read(filename))
erb.filename # => nil
erb.filename = filename
erb.filename # =>"example.rhtml"
//}...
エラーメッセージを表示する際のファイル名を設定します。

filename を設定しておくことにより、エラーが発生した eRuby スクリプトの特定が容易になります。filename を設定していない場合は、エラー発生箇所は「 (ERB) 」という出力となります。

Psych.load_stream(yaml, filename=nil) -> [object] (202.0)

複数の YAML ドキュメントを含むデータを Ruby のオブジェクトに変換します。

...("--- foo\n...\n--- bar\n...") # => ['foo', 'bar']

ブロックありの場合は各オブジェクト引数としてそのブロックを呼び出します。
list = []
Psych.load_stream("--- foo\n...\n--- bar\n...") do |ruby|
list << ruby
end
list # => ['foo', 'bar']

filename はパ...

Psych.load_stream(yaml, filename=nil) {|obj| ... } -> () (202.0)

複数の YAML ドキュメントを含むデータを Ruby のオブジェクトに変換します。

...("--- foo\n...\n--- bar\n...") # => ['foo', 'bar']

ブロックありの場合は各オブジェクト引数としてそのブロックを呼び出します。
list = []
Psych.load_stream("--- foo\n...\n--- bar\n...") do |ruby|
list << ruby
end
list # => ['foo', 'bar']

filename はパ...

ERB#def_class(superklass=Object, methodname=&#39;erb&#39;) -> Class (112.0)

変換した Ruby スクリプトをメソッドとして定義した無名のクラスを返します。

...@arg1 = arg1; @arg2 = arg2
end
end
filename =
'example.rhtml' # @arg1 と @arg2 が使われている example.rhtml

erb = ERB.new(File.read(filename))
erb.filename = filename
MyClass = erb.def_class(MyClass_, 'render()')
print MyClass.new('foo', 123).render()

# => test1foo
# test2123
//}...

ERB#def_module(methodname=&#39;erb&#39;) -> Module (112.0)

変換した Ruby スクリプトをメソッドとして定義した無名のモジュールを返します。

...ジュールを返します。

@param methodname メソッド名

//emlist[例][ruby]{
require 'erb'
filename =
'example.rhtml'
erb = ERB.new("test1<%= arg1 %>\ntest2<%= arg2 %>\n")
erb.filename = filename
MyModule = erb.def_module('render(arg1, arg2)')
class MyClass
include MyModule
end
print My...

絞り込み条件を変える

ERB#filename -> String (112.0)

エラーメッセージを表示する際のファイル名を取得します。

...示する際のファイル名を取得します。

//emlist[例][ruby]{
require 'erb'
filename =
'example.rhtml'
erb = ERB.new(File.read(filename))
erb.filename # => nil
erb.filename = filename
erb.filename # =>"example.rhtml"
//}...

OpenSSL::Config.load(filename = nil) -> OpenSSL::Config (102.0)

OpenSSL::Config オブジェクトを生成します。

OpenSSL::Config オブジェクトを生成します。

filename で指定したファイルから設定データを読みこみます。

filename を省略した場合は空のオブジェクトが生成されます。

@param filename ファイル名文字列
@raise OpenSSL::ConfigError 設定ファイルの文法が正しくない場合に発生します

OpenSSL::Config.new(filename = nil) -> OpenSSL::Config (102.0)

OpenSSL::Config オブジェクトを生成します。

OpenSSL::Config オブジェクトを生成します。

filename で指定したファイルから設定データを読みこみます。

filename を省略した場合は空のオブジェクトが生成されます。

@param filename ファイル名文字列
@raise OpenSSL::ConfigError 設定ファイルの文法が正しくない場合に発生します

BasicObject#instance_eval {|obj| ... } -> object (101.0)

オブジェクトのコンテキストで文字列 expr またはオブジェクト自身をブロックパラメータとするブロックを 評価してその結果を返します。

...data
end
private
def do_fuga
p 'secret'
end
end

some = Foo.new 'XXX'
some.instance_eval{p @key} #=> "XXX"
some.instance_eval{do_fuga } #=> "secret" # private メソッドも呼び出せる

some.instance_eval 'raise' # ..:10: (eval):1: (RuntimeError)
messg = '...
...timeError)

例:

class Bar < BasicObject
def call1
instance_eval("::ENV.class")
end
def call2
instance_eval("ENV.class")
end
end

bar = Bar.new
bar.call1 # => Object
bar.call2 # raise NameError

@see Module#module_eval, Kernel.#eval, BasicObject#instance_exec...

BasicObject#instance_eval(expr, filename = "(eval)", lineno = 1) -> object (101.0)

オブジェクトのコンテキストで文字列 expr またはオブジェクト自身をブロックパラメータとするブロックを 評価してその結果を返します。

...data
end
private
def do_fuga
p 'secret'
end
end

some = Foo.new 'XXX'
some.instance_eval{p @key} #=> "XXX"
some.instance_eval{do_fuga } #=> "secret" # private メソッドも呼び出せる

some.instance_eval 'raise' # ..:10: (eval):1: (RuntimeError)
messg = '...
...timeError)

例:

class Bar < BasicObject
def call1
instance_eval("::ENV.class")
end
def call2
instance_eval("ENV.class")
end
end

bar = Bar.new
bar.call1 # => Object
bar.call2 # raise NameError

@see Module#module_eval, Kernel.#eval, BasicObject#instance_exec...

絞り込み条件を変える

OptionParser#load(filename = nil) -> bool (101.0)

指定された filename を読み込んで各行をまとめたものに対して OptionParser#parse を行ないます。

...e("options.txt", %w(-a --b).join("\n"))
options = { a: false, b: false }
OptionParser.new do |opt|
opt.on('-a') { |v| options[:a] = v }
opt.on('--b') {|v| options[:b] = v }
opt.load("options.txt") # => true
opt.load("not_exist.txt") # => false
end

p options # => {:a=>true, :b=>true}
//}...

Psych.load(yaml, filename = nil, fallback = false) -> object (101.0)

YAML ドキュメントを Ruby のデータ構造(オブジェクト)に変換します。

...h.parse

//emlist[例][ruby]{
Psych.load("--- a") # => 'a'
Psych.load("---\n - a\n - b") # => ['a', 'b']

begin
Psych.load("--- `", "file.txt")
rescue Psych::SyntaxError => ex
p ex.file # => 'file.txt'
p ex.message # => "(file.txt): found character that cannot start any token whil...

Psych.load(yaml, filename = nil, fallback: false, symbolize_names: false) -> object (101.0)

YAML ドキュメントを Ruby のデータ構造(オブジェクト)に変換します。

...h.parse

//emlist[例][ruby]{
Psych.load("--- a") # => 'a'
Psych.load("---\n - a\n - b") # => ['a', 'b']

begin
Psych.load("--- `", "file.txt")
rescue Psych::SyntaxError => ex
p ex.file # => 'file.txt'
p ex.message # => "(file.txt): found character that cannot start any token whil...
...ード引数 symbolize_names に true を指定した場合はハッシュのキー
を Symbol に変換して返します。

//emlist[例][ruby]{
Psych.load("---\n foo: bar") # => {"foo"=>"bar"}
Psych.load("---\n foo: bar", symbolize_names: true) # => {:foo=>"bar"}
//}...

Psych.parse(yaml, filename = nil) -> Psych::Nodes::Document (101.0)

YAML ドキュメントをパースし、YAML の AST を返します。

...
@see Psych.load

=== 例

Psych.parse("---\n - a\n - b") # => #<Psych::Nodes::Document:...>

begin
Psych.parse("--- `", "file.txt")
rescue Psych::SyntaxError => ex
p ex.file # => 'file.txt'
p ex.message # => "(file.txt): found character that cannot start any token while scan...

Psych.safe_load(yaml, whitelist_classes = [], whitelist_symbols = [], aliases = false, filename = nil) -> object (101.0)

安全に YAML フォーマットの文書を読み込み Ruby のオブジェクトを生成して返します。

...明示的に許可できます。

例:

x = []
x << x
yaml = Psych.dump x
Psych.safe_load yaml # => 例外発生
Psych.safe_load yaml, [], [], true # => エイリアスが読み込まれる

yaml にホワイトリストにないクラスが含まれていた場合は、
Psy...

絞り込み条件を変える

Psych.safe_load(yaml, whitelist_classes = [], whitelist_symbols = [], aliases = false, filename = nil, symbolize_names: false) -> object (101.0)

安全に YAML フォーマットの文書を読み込み Ruby のオブジェクトを生成して返します。

...明示的に許可できます。

例:

x = []
x << x
yaml = Psych.dump x
Psych.safe_load yaml # => 例外発生
Psych.safe_load yaml, [], [], true # => エイリアスが読み込まれる

yaml にホワイトリストにないクラスが含まれていた場合は、
Psy...
...して返します。

//emlist[例][ruby]{
Psych.safe_load("---\n foo: bar") # => {"foo"=>"bar"}
Psych.safe_load("---\n foo: bar", symbolize_names: true) # => {:foo=>"bar"}
//}

@param io YAMLフォーマットの文書の読み込み先のIOオブジェクト。
@param whi...

Ripper.lex(src, filename = &#39;-&#39;, lineno = 1) -> [[Integer, Integer], Symbol, String] (101.0)

Ruby プログラム str をトークンに分割し、そのリストを返します。 ただし Ripper.tokenize と違い、トークンの種類と位置情報も付属します。

...を指定します。省略すると 1 になります。

使用例

require 'ripper'
require 'pp'

pp Ripper.lex("def m(a) nil end")
#=> [[[1, 0], :on_kw, "def"],
[[1, 3], :on_sp, " "],
[[1, 4], :on_ident, "m"],
[[1, 5], :on_lparen, "("],
[[1...
<< 1 2 > >>