るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
7420件ヒット [1-100件を表示] (0.180秒)
トップページ > クエリ:>[x] > クエリ:OBJECT[x]

別のキーワード

  1. _builtin >
  2. bigdecimal >
  3. >
  4. filter >
  5. float >

ライブラリ

クラス

オブジェクト

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

OpenSSL::ASN1::OBJECT -> Integer (18217.0)

ASN.1 UNIVERSAL タグの、 OBJECT のタグ番号 6 を表す定数です。

...ASN.1 UNIVERSAL タグの、
OBJECT
のタグ番号 6 を表す定数です。...

Module#>(other) -> bool | nil (18142.0)

比較演算子。 self が other の先祖である場合、true を返します。 self が other の子孫か同一クラスである場合、false を返します。

...Awesome
end

Included.ancestors # => [Included, Awesome]
Awesome > Included # => true
Included > Awesome # => false

Prepended.ancestors # => [Awesome, Prepended]
Awesome > Prepended # => true
Prepended > Awesome # => false

Awesome > Awesome # => false
Awesome > Object # => nil...

Object#object_id -> Integer (15279.0)

各オブジェクトに対して一意な整数を返します。あるオブジェクトに対し てどのような整数が割り当てられるかは不定です。

...られるかは不定です。

Rubyでは、(Garbage Collectされていない)アクティブなオブジェクト間で
重複しない整数(object_id)が各オブジェクトにひとつずつ割り当てられています。この
メソッドはその値を返します。

TrueClass, FalseCla...
...ず同じ object_id になります。

これは、Immutable ならば複数の場所から参照されても`破壊的操作'による問題が発生しないので、
同じ内容のインスタンスを複数生成しないという内部実装が理由です。

p "ruby".object_id #=> 2275950...
...0
p "ruby".object_id #=> 22759400

p [].object_id #=> 22759360
p [].object_id #=> 22759340

p :ruby.object_id #=> 103538
p :ruby.object_id #=> 103538

p 11.object_id #=> 23
p 11.object_id #=> 23

p true.object_id #=> 2
p true.object_id #=> 2

@see Object#equal?,Symbol...
...同じ object_id になります。

これは、Immutable ならば複数の場所から参照されても`破壊的操作'による問題が発生しないので、
同じ内容のインスタンスを複数生成しないという内部実装が理由です。


p "ruby".object_id #=> 22759500...
...p "ruby".object_id #=> 22759400

p [].object_id #=> 22759360
p [].object_id #=> 22759340

p :ruby.object_id #=> 103538
p :ruby.object_id #=> 103538

p 11.object_id #=> 23
p 11.object_id #=> 23

p true.object_id #=> 2
p true.object_id #=> 2

@see Object#equal?,Symbol...

Object#<=>(other) -> 0 | nil (15118.0)

self === other である場合に 0 を返します。そうでない場合には nil を返します。

...ある場合に 0 を返します。そうでない場合には nil を返します。

//emlist[例][ruby]{
a = Object.new
b = Object.new
a <=> a # => 0
a <=> b # => nil
//}

@see Object#===...

ObjectSpace.#each_object {|object| ...} -> Integer (9352.0)

指定された klass と Object#kind_of? の関係にある全ての オブジェクトに対して繰り返します。引数が省略された時には全てのオブ ジェクトに対して繰り返します。 繰り返した数を返します。

...指定された klass と Object#kind_of? の関係にある全ての
オブジェクトに対して繰り返します。引数が省略された時には全てのオブ
ジェクトに対して繰り返します。
繰り返した数を返します。

ブロックが与えられなかった場合...
...]{
p ObjectSpace.each_object
# => #<Enumerator: ObjectSpace:each_object(false)>
//}

//emlist[例: 全てのオブジェクトを扱う][ruby]{
Object
Space.each_object.take(5).each { |x| p x }
count = ObjectSpace.each_object { |x| x }
puts "Total count: #{count}"

# => "scope"
# => "scopes"
# => "sy...
...m"
# => "class_names"
# => "@corrections"
# => Total count: 9938
//}

//emlist[例: 任意のクラスを扱う][ruby]{
Person = Struct.new(:name)
s1 = Person.new("tanaka")
s2 = Person.new("sato")

count = ObjectSpace.each_object(Person) { |x| p x }
puts "Total count: #{count}"

# => #<struct Person...

絞り込み条件を変える

ObjectSpace.#each_object(klass) {|object| ...} -> Integer (9352.0)

指定された klass と Object#kind_of? の関係にある全ての オブジェクトに対して繰り返します。引数が省略された時には全てのオブ ジェクトに対して繰り返します。 繰り返した数を返します。

...指定された klass と Object#kind_of? の関係にある全ての
オブジェクトに対して繰り返します。引数が省略された時には全てのオブ
ジェクトに対して繰り返します。
繰り返した数を返します。

ブロックが与えられなかった場合...
...]{
p ObjectSpace.each_object
# => #<Enumerator: ObjectSpace:each_object(false)>
//}

//emlist[例: 全てのオブジェクトを扱う][ruby]{
Object
Space.each_object.take(5).each { |x| p x }
count = ObjectSpace.each_object { |x| x }
puts "Total count: #{count}"

# => "scope"
# => "scopes"
# => "sy...
...m"
# => "class_names"
# => "@corrections"
# => Total count: 9938
//}

//emlist[例: 任意のクラスを扱う][ruby]{
Person = Struct.new(:name)
s1 = Person.new("tanaka")
s2 = Person.new("sato")

count = ObjectSpace.each_object(Person) { |x| p x }
puts "Total count: #{count}"

# => #<struct Person...

Object#initialize_copy(obj) -> object (9279.0)

(拡張ライブラリによる) ユーザ定義クラスのオブジェクトコピーの初期化メソッド。

...は self を obj の内容で置き換えます。ただ
し、self のインスタンス変数や特異メソッドは変化しません。
Object
#clone, Object#dupの内部で使われています。

initialize_copy は、Ruby インタプリタが知り得ない情報をコピーするた
めに...
...alize_copy でコピーするよう定義しておくことで、dup や clone
を再定義する必要がなくなります。

デフォルトの Object#initialize_copy は、 freeze チェックおよび型のチェックを行い self
を返すだけのメソッドです。

initialize_copy と...
....taint

check Object.new.send(:initialize_copy, obj)
#=> instance variables: #<Object:0x4019c9d4>
# tainted?: false
# singleton methods: #<NoMethodError: ...>
check obj.dup
#=> instance variables: #<Object:0x4019c9c0 @foo=1>
#...

ObjectSpace.#each_object -> Enumerator (9252.0)

指定された klass と Object#kind_of? の関係にある全ての オブジェクトに対して繰り返します。引数が省略された時には全てのオブ ジェクトに対して繰り返します。 繰り返した数を返します。

...指定された klass と Object#kind_of? の関係にある全ての
オブジェクトに対して繰り返します。引数が省略された時には全てのオブ
ジェクトに対して繰り返します。
繰り返した数を返します。

ブロックが与えられなかった場合...
...]{
p ObjectSpace.each_object
# => #<Enumerator: ObjectSpace:each_object(false)>
//}

//emlist[例: 全てのオブジェクトを扱う][ruby]{
Object
Space.each_object.take(5).each { |x| p x }
count = ObjectSpace.each_object { |x| x }
puts "Total count: #{count}"

# => "scope"
# => "scopes"
# => "sy...
...m"
# => "class_names"
# => "@corrections"
# => Total count: 9938
//}

//emlist[例: 任意のクラスを扱う][ruby]{
Person = Struct.new(:name)
s1 = Person.new("tanaka")
s2 = Person.new("sato")

count = ObjectSpace.each_object(Person) { |x| p x }
puts "Total count: #{count}"

# => #<struct Person...

ObjectSpace.#each_object(klass) -> Enumerator (9252.0)

指定された klass と Object#kind_of? の関係にある全ての オブジェクトに対して繰り返します。引数が省略された時には全てのオブ ジェクトに対して繰り返します。 繰り返した数を返します。

...指定された klass と Object#kind_of? の関係にある全ての
オブジェクトに対して繰り返します。引数が省略された時には全てのオブ
ジェクトに対して繰り返します。
繰り返した数を返します。

ブロックが与えられなかった場合...
...]{
p ObjectSpace.each_object
# => #<Enumerator: ObjectSpace:each_object(false)>
//}

//emlist[例: 全てのオブジェクトを扱う][ruby]{
Object
Space.each_object.take(5).each { |x| p x }
count = ObjectSpace.each_object { |x| x }
puts "Total count: #{count}"

# => "scope"
# => "scopes"
# => "sy...
...m"
# => "class_names"
# => "@corrections"
# => Total count: 9938
//}

//emlist[例: 任意のクラスを扱う][ruby]{
Person = Struct.new(:name)
s1 = Person.new("tanaka")
s2 = Person.new("sato")

count = ObjectSpace.each_object(Person) { |x| p x }
puts "Total count: #{count}"

# => #<struct Person...

Object.new -> Object (9235.0)

Objectクラスのインスタンスを生成して返します。

...
Object
クラスのインスタンスを生成して返します。

some = Object.new
p some #=> #<Object:0x2b696d8>...

絞り込み条件を変える

Object#instance_variable_set(var, value) -> object (9225.0)

オブジェクトのインスタンス変数 var に値 value を設定します。

...return value を返します。

obj = Object.new
p obj.instance_variable_set("@foo", 1) #=> 1
p obj.instance_variable_set(:@foo, 2) #=> 2
p obj.instance_variable_get(:@foo) #=> 2

@see Object#instance_variable_get,Object#instance_variables,Object#instance_variable_defined?...

Object#instance_variable_get(var) -> object | nil (9219.0)

オブジェクトのインスタンス変数の値を取得して返します。

...@foo = 1
end
end

obj = Foo.new
p obj.instance_variable_get("@foo") #=> 1
p obj.instance_variable_get(:@foo) #=> 1
p obj.instance_variable_get(:@bar) #=> nil

@see Object#instance_variable_set,Object#instance_variables,Object#instance_variable_defined?...

Object#__send__(name, *args) -> object (9216.0)

オブジェクトのメソッド name を args を引数に して呼び出し、メソッドの実行結果を返します。

...Symbol で指定するメソッド名です。
@param args 呼び出すメソッドに渡す引数です。

p -365.send(:abs) #=> 365
p "ruby".send(:sub,/./,"R") #=> "Ruby"


class Foo
def foo() "foo" end
def bar() "bar" end
def baz() "baz" end
end

# 任意のキーと...
...methods = {1 => :foo,
2 => :bar,
3 => :baz}

# キーを使って関連するメソッドを呼び出す
# レシーバは任意(Foo クラスのインスタンスである必要もない)
p Foo.new.send(methods[1]) # => "foo"
p Foo.new.send(methods[2]) # => "bar"
p Foo...
....new.send(methods[3]) # => "baz"

@see Object#public_send, Object#method, Kernel.#eval, Proc, Method...

Object#__send__(name, *args) { .... } -> object (9216.0)

オブジェクトのメソッド name を args を引数に して呼び出し、メソッドの実行結果を返します。

...Symbol で指定するメソッド名です。
@param args 呼び出すメソッドに渡す引数です。

p -365.send(:abs) #=> 365
p "ruby".send(:sub,/./,"R") #=> "Ruby"


class Foo
def foo() "foo" end
def bar() "bar" end
def baz() "baz" end
end

# 任意のキーと...
...methods = {1 => :foo,
2 => :bar,
3 => :baz}

# キーを使って関連するメソッドを呼び出す
# レシーバは任意(Foo クラスのインスタンスである必要もない)
p Foo.new.send(methods[1]) # => "foo"
p Foo.new.send(methods[2]) # => "bar"
p Foo...
....new.send(methods[3]) # => "baz"

@see Object#public_send, Object#method, Kernel.#eval, Proc, Method...

Object#send(name, *args) -> object (9216.0)

オブジェクトのメソッド name を args を引数に して呼び出し、メソッドの実行結果を返します。

...Symbol で指定するメソッド名です。
@param args 呼び出すメソッドに渡す引数です。

p -365.send(:abs) #=> 365
p "ruby".send(:sub,/./,"R") #=> "Ruby"


class Foo
def foo() "foo" end
def bar() "bar" end
def baz() "baz" end
end

# 任意のキーと...
...methods = {1 => :foo,
2 => :bar,
3 => :baz}

# キーを使って関連するメソッドを呼び出す
# レシーバは任意(Foo クラスのインスタンスである必要もない)
p Foo.new.send(methods[1]) # => "foo"
p Foo.new.send(methods[2]) # => "bar"
p Foo...
....new.send(methods[3]) # => "baz"

@see Object#public_send, Object#method, Kernel.#eval, Proc, Method...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 3 ... > >>