るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
48件ヒット [1-48件を表示] (0.028秒)
トップページ > クエリ:*[x] > クエリ:to_f[x]

別のキーワード

  1. _builtin to_s
  2. openssl to_der
  3. openssl to_s
  4. openssl to_pem
  5. _builtin to_a

ライブラリ

クラス

モジュール

検索結果

String#to_f -> Float (18179.0)

文字列を 10 進数表現と解釈して、浮動小数点数 Float に変換します。

...p "10".to_f # => 10.0
p "10e2".to_f # => 1000.0
p "1e-2".to_f # => 0.01
p ".1".to_f # => 0.1

p "nan".to_f # => 0.0
p "INF".to_f # => 0.0
p "-Inf".to_f # => -0.0
p(("10" * 1000).to_f) # => Infinity (with warning)

p "".to_f # => 0.0
p "1_0_0".to_f # => 100.0
p " \n10".to_f # => 1...
...0.0 # 先頭の空白は無視される
p "0xa.a".to_f # => 0.0
//}

なお、このメソッドの逆に、数値を文字列に変換するには
Kernel.#sprintf,String#%,Integer#to_s
を使用します。

@see String#hex, String#oct, String#to_i,
Kernel.#Integer, Kernel.#Float...

Integer#to_f -> Float (18131.0)

self を浮動小数点数(Float)に変換します。

...loat の範囲に収まらない場合、Float::INFINITY を返します。

//emlist[][ruby]{
1.to_f # => 1.0
(Float::MAX.to_i * 2).to_f # => Infinity
(-Float::MAX.to_i * 2).to_f # => -Infinity
//}...

NEWS for Ruby 2.6.0 (1692.0)

NEWS for Ruby 2.6.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...言語仕様の変更

*
$SAFE はプロセスグローバルで扱われることになると共に、0以外を設定した後に0に戻せるようになりました。 14250

*
Refinements がブロック引数にも反映されるようになりました。 14223

*
Refinements が Obje...
...るようになりました。 15326

*
Refinements が Object#respond_to? にも反映されるようになりました。 15327

*
rescue 節なしの else 節がシンタックスエラーを発生するようになりました。 [実験的] 14606

*
定数名の先頭の文字に ASCII...
...locate
*
BigDecimal.ver
*
全ての BigDecimal オブジェクトが frozen になりました。 13984
*
Kernel.#BigDecimal() が文字列を Kernel.#Float() のように
パースするようになりました。
*
String#to_d がレシーバの文字列を String#to_f...

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (726.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...の変更点(まとめ)
*
((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>))
*
((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>))
*
((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>))
*
((<1.6.8から1.8.0...
...とめ)/追加された定数>))
*
((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>))
*
((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>))
*
((<1.6.8から1.8.0への変更...
...=== NilClass

: ((<NilClass#to_f|NilClass/to_f>)) [new]

追加

=== Numeric

: ((<Numeric#div|Numeric/div>)) [new]
: ((<Numeric#quo|Numeric/quo>)) [new]

追加 ((<ruby-dev:19423>))

((<ruby-dev:20962>))

*
div - 整除(divmodの第一要素)
*
/ - その数型でもっ...

ruby 1.8.3 feature (138.0)

ruby 1.8.3 feature *((<ruby 1.8 feature>)) *((<ruby 1.8.2 feature>))

...ruby 1.8.3 feature
*
((<ruby 1.8 feature>))
*
((<ruby 1.8.2 feature>))

ruby 1.8.2 から ruby 1.8.3 までの変更点です。

掲載方針

*
バグ修正の影響も含めて動作が変わるものを収録する。
*
単にバグを直しただけのものは収録しない。
*
ライブラリ...
...主観))

*
カテゴリ
*
[ruby]: ruby インタプリタの変更
*
[api]: 拡張ライブラリ API
*
[lib]: ライブラリ
*
レベル
*
[bug]: バグ修正
*
[new]: 追加されたクラス/メソッドなど
*
[compat]: 変更されたクラス/メソッドなど
*
互換...
...た。((<ruby-talk:153859>))

$ ruby-1.8.2 -r time -e 'p Time.parse("23 Aug 2005 19:00:01.1").to_f'
1124791201.0

$ ruby-1.8.3 -r time -e 'p Time.parse("23 Aug 2005 19:00:01.1").to_f'
1124791201.1

=== 2005-08-20
: Logger [lib] [bug]
ファイルをシフト時のレースコ...

絞り込み条件を変える

Numeric (48.0)

数値を表す抽象クラスです。Integer や Float などの数値クラス は Numeric のサブクラスとして実装されています。

...れています。

演算や比較を行うメソッド(+, -, *, /, <=>)は Numeric のサブクラスで定義されま
す。Numeric で定義されているメソッドは、サブクラスで提供されているメソッド
(+, -, *, /, %) を利用して定義されるものがほとんどで...
...定義されているメソッドは、Numeric のサブクラスとして新たに数値クラスを定義した時に、
演算メソッド(+, -, *, /, %, <=>, coerce)だけを定義すれば、数値クラスのそのほかのメソッドが
適切に定義されることを意図して提供さ...
...- - - -
to_c | o - - - - - o
to_f
| - - o o o o o
to_i | - o -...
...times | - o - - -
to_c | o - - - o
to_f
| - o o o o
Numeric Integer Float Rational Complex
-...

Kernel.#Float(arg) -> Float (30.0)

引数を浮動小数点数(Float)に変換した結果を返します。

...し String#to_f よりも厳密な変換を行います。

@param arg 変換対象のオブジェクトです。
@raise ArgumentError 整数や浮動小数点数と見なせない文字列を引数に指定した場合に発生します。
@raise TypeError nil またはメソッド to_f を持た...
...ないオブジェクトを引数に指定したか、
to_f
が浮動小数点数を返さなかった場合に発生します。

p Float(4) #=> 4.0
p Float(4_000) #=> 4000.0
p Float(9.88) #=> 9.88

p Float(Time.gm(1986)) #=> 504921600....
...# invalid value for Float(): "INF" (ArgumentError)
p Float("-Inf") # invalid value for Float(): "-Inf" (ArgumentError)
p Float(("10" * 1000)) #=> Infinity
p Float("0xa.a") # invalid value for Float(): "0xa.a" (ArgumentError)
p Float(" \n10\s \t") #=> 10.0 # 先頭と末...

Kernel.#Float(arg, exception: true) -> Float | nil (30.0)

引数を浮動小数点数(Float)に変換した結果を返します。

...、文字列の場合
は整数や浮動小数点数と見なせるもののみ変換します。

メソッド Float は文字列に対し String#to_f よりも厳密な変換を行います。

@param arg 変換対象のオブジェクトです。
@param exception false を指定すると、変換...
...文字列を引数に指定した場合に発生します。
@raise TypeError nil またはメソッド to_f を持たないオブジェクトを引数に指定したか、
to_f
が浮動小数点数を返さなかった場合に発生します。

p Float(4) #=> 4.0...
...# invalid value for Float(): "INF" (ArgumentError)
p Float("-Inf") # invalid value for Float(): "-Inf" (ArgumentError)
p Float(("10" * 1000)) #=> Infinity
p Float("0xa.a") # invalid value for Float(): "0xa.a" (ArgumentError)
p Float(" \n10\s \t") #=> 10.0 # 先頭と末...

BigDecimal#split -> [Integer, String, Integer, Integer] (28.0)

BigDecimal 値を 0.xxxxxxx*10**n と表現したときに、 符号 (NaNのときは 0、それ以外は+1か-1になります)、 仮数部分の文字列("xxxxxxx")と、基数(10)、更に指数 n を配列で返します。

...BigDecimal 値を 0.xxxxxxx*10**n と表現したときに、
符号 (NaNのときは 0、それ以外は+1か-1になります)、
仮数部分の文字列("xxxxxxx")と、基数(10)、更に指数 n を配列で返します。

require "bigdecimal"
a = BigDecimal("3.14159265")
f, x, y...
..., z = a.split

とすると、f =+ 1、x = "314159265"、y = 10、z = 1 になります。
従って、以下のようにする事で Float に変換することができます。

s = "0."+x
b = f*(s.to_f)*(y**z)

@see BigDecimal#to_f...