るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
49件ヒット [1-49件を表示] (0.013秒)

別のキーワード

  1. kernel $&
  2. _builtin $&
  3. match kernel$&
  4. $& kernel
  5. $& _builtin

ライブラリ

クラス

モジュール

検索結果

Kernel$$& -> String | nil (18107.0)

現在のスコープで最後に成功した正規表現のパターンマッチでマッチした文字列です。 最後のマッチが失敗していた場合には nil となります。

...ルスコープかつスレッドローカル、読み取り専用です。
Ruby起動時の初期値は nil です。

=== 例
str = '<p><a href="http://example.com">example.com</a></p>'
if %r[<a href="(.*?)">(.*?)</a>] =~ str
p $&
end
#=> "<a href=\"http://example.com\">example.com</a>"...

クラス/メソッドの定義 (12.0)

クラス/メソッドの定義 * class * singleton_class * module * method * operator * nest_method * eval_method * singleton_method * class_method * limit

...end
end

=== 定義に関する操作

====[a:alias] alias

例:

alias foo bar
alias :foo :bar
alias $MATCH $&

文法:

alias 新メソッド名 旧メソッド名
alias 新グローバル変数名 旧グローバル変数名

メソッ...
...際に代入は行いませんがローカル変数は定義されます。

/(.)/ =~ "foo"
defined? $& # => "global-variable"
defined? $1 # => "global-variable"
defined? $2 # => nil

$&
, $1, $2, などは直前のマッチの結果値が設定された場合だけ真を返します。...

Enumerable#chunk {|elt| ... } -> Enumerator (6.0)

要素を前から順にブロックで評価し、その結果によって 要素をチャンクに分けた(グループ化した)要素を持つ Enumerator を返します。

...し、それ以外は素通しします。

//emlist[例][ruby]{
pat = /\A[A-Z][A-Za-z0-9_]+\#/
open(filename) {|f|
f.chunk {|line| pat =~ line ? $& : :_alone }.each {|key, lines|
if key != :_alone
print lines.sort.join('')
else
print lines.join('')
end
}
}
//}

チャン...
...し、それ以外は素通しします。

//emlist[例][ruby]{
pat = /\A[A-Z][A-Za-z0-9_]+\#/
open(filename) {|f|
f.chunk {|line| pat =~ line ? $& : :_alone }.each {|key, lines|
if key != :_alone
print lines.sort.join('')
else
print lines.join('')
end
}
}
//}

@raise Ru...

Enumerable#chunk(initial_state) {|elt, state| ... } -> Enumerator (6.0)

要素を前から順にブロックで評価し、その結果によって 要素をチャンクに分けた(グループ化した)要素を持つ Enumerator を返します。

...し、それ以外は素通しします。

//emlist[例][ruby]{
pat = /\A[A-Z][A-Za-z0-9_]+\#/
open(filename) {|f|
f.chunk {|line| pat =~ line ? $& : :_alone }.each {|key, lines|
if key != :_alone
print lines.sort.join('')
else
print lines.join('')
end
}
}
//}

チャン...

Regexp#match?(str, pos = 0) -> bool (6.0)

指定された文字列 str に対して 位置 pos から自身が表す正規表現によるマッチングを行います。 マッチした場合 true を返し、マッチしない場合には false を返します。 また、$~ などパターンマッチに関する組み込み変数の値は変更されません。

...false を返します。
また、$~ などパターンマッチに関する組み込み変数の値は変更されません。

/R.../.match?("Ruby") # => true
/R.../.match?("Ruby", 1) # => false
/P.../.match?("Ruby") # => false
$&
# => nil

@see Regexp#match...

絞り込み条件を変える

String#match?(regexp, pos = 0) -> bool (6.0)

regexp.match?(self, pos) と同じです。 regexp が文字列の場合は、正規表現にコンパイルします。 詳しくは Regexp#match? を参照してください。

...正規表現にコンパイルします。
詳しくは Regexp#match? を参照してください。

//emlist[例][ruby]{
"Ruby".match?(/R.../) #=> true
"Ruby".match?(/R.../, 1) #=> false
"Ruby".match?(/P.../) #=> false
$&
#=> nil
//}

@see Regexp#match?, Symbol#match?...

StringScanner (6.0)

StringScanner は文字列スキャナクラスです。 簡単に高速なスキャナを記述できます。

...require 'strscan'
s = StringScanner.new("るびい") # 文字コードはEUC-JPとします
p s.exist?(/び/) #=> 4

StringScanner は $~ $& $1 $2 …… などの正規表現関連変数を
セットしません。代わりに StringScanner#[] , StringScanner#matched? などの
マッ...

Symbol#match?(regexp, pos = 0) -> bool (6.0)

regexp.match?(self, pos) と同じです。 regexp が文字列の場合は、正規表現にコンパイルします。 詳しくは Regexp#match? を参照してください。

...p#match? を参照してください。

例:

:Ruby.match?(/R.../) # => true
:Ruby.match?('Ruby') # => true
:Ruby.match?('Ruby',1) # => false
:Ruby.match?('uby',1) # => true
:Ruby.match?(/P.../) # => false
$&
# => nil

@see Regexp#match?, String#match?...

変数と定数 (6.0)

変数と定数 * local * instance * class * class_var_scope * global * pseudo * const * prio

...と分類
組み込み変数の一部は、通常の変数としては使用できない特殊な名前を持っています。

例えば、 $' や $& あるいは $1, $2, $3 がそうです。
このように 「'$' + 特殊文字一文字」、または「'$' + 10進数字」という名前を...