るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
14件ヒット [1-14件を表示] (0.007秒)
トップページ > モジュール:Warning[x]

ライブラリ

キーワード

検索結果

Warning#warn(*message) -> nil (1.0)

引数 message を標準エラー出力 $stderr に出力します。

...力します。

Kernel.#warnの挙動を変更する際は、このメソッドではなくクラスメソッドであるWarning.warnをオーバーライドする必要があります。

@param message 出力するオブジェクトを任意個指定します。


@see Kernel.#warn, Warning.warn...

Warning.[](category) -> bool (1.0)

category の種類の警告を表示するかどうかのフラグを返します。

@param category 警告の種類を指定します。

サポートされている category は以下の通りです。

: :deprecated
非推奨の警告。
例: nil ではない値を $, や $; に設定する、キーワード引数、ブロックなしで proc / lambda を呼び出す、等

: :experimental
実験的な機能。

例: パターンマッチング

Warning.[]=(category, flag) -> flag (1.0)

category の警告を表示するかどうかのフラグを設定します。 サポートされている category については Warning.[] を参照してください。

...category の警告を表示するかどうかのフラグを設定します。
サポートされている category については Warning.[] を参照してください。

@param category 警告の種類を指定します。
@param flag 真、または偽を指定します。

@see Warning.[]...

Warning.warn(*message) -> nil (1.0)

引数 message を標準エラー出力 $stderr に出力します。

...odule Warning
# 警告メッセージの末尾に !!! を追加する
def self.warn(*message)
super(*message.map { |msg| msg.chomp + "!!!\n" })
end
end

warn "hoge" # => hoge!!!
//}

@param message 出力するオブジェクトを任意個指定します。

@see Kernel.#warn, Warning#war...