るりまサーチ (Ruby 3.1)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
2件ヒット [1-2件を表示] (0.018秒)

別のキーワード

  1. kernel exec
  2. kernel spawn
  3. kernel system
  4. kernel open
  5. kernel fail

ライブラリ

検索結果

URI.open(name, mode = 'r', perm = nil, options = {}) -> StringIO | Tempfile | IO (76.0)

name が http:// や https://、ftp:// で始まっている文字列なら URI のリソースを 取得した上で StringIO オブジェクトまたは Tempfile オブジェクトとして返します。 返されるオブジェクトは OpenURI::Meta モジュールで extend されています。

...tp:// や https://、ftp:// で始まっている文字列なら URI のリソースを
取得した上で StringIO オブジェクトまたは Tempfile オブジェクトとして返します。
返されるオブジェクトは OpenURI::Meta モジュールで extend されています。

name...
...:// で
始まっている文字列なら URI のリソースを取得した上で StringIO オブジェクト
または Tempfile オブジェクトを引数としてブロックを評価します。後は同様です。
引数のオブジェクトは OpenURI::Meta モジュールで extend され...
...は OpenURI.open_uri を参照してください。

@raise OpenURI::HTTPError 対象となる URI のスキームが http または https であり、
かつリソースの取得に失敗したときに発生します。

@raise Net::FTPError 対象となる URI のスキ...

URI.open(name, mode = 'r', perm = nil, options = {}) {|ouri| ...} -> object (76.0)

name が http:// や https://、ftp:// で始まっている文字列なら URI のリソースを 取得した上で StringIO オブジェクトまたは Tempfile オブジェクトとして返します。 返されるオブジェクトは OpenURI::Meta モジュールで extend されています。

...tp:// や https://、ftp:// で始まっている文字列なら URI のリソースを
取得した上で StringIO オブジェクトまたは Tempfile オブジェクトとして返します。
返されるオブジェクトは OpenURI::Meta モジュールで extend されています。

name...
...:// で
始まっている文字列なら URI のリソースを取得した上で StringIO オブジェクト
または Tempfile オブジェクトを引数としてブロックを評価します。後は同様です。
引数のオブジェクトは OpenURI::Meta モジュールで extend され...
...は OpenURI.open_uri を参照してください。

@raise OpenURI::HTTPError 対象となる URI のスキームが http または https であり、
かつリソースの取得に失敗したときに発生します。

@raise Net::FTPError 対象となる URI のスキ...