るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
147件ヒット [101-147件を表示] (0.010秒)
トップページ > モジュール:ObjectSpace[x] > 種類:モジュール関数[x]

検索結果

<< < 1 2 >>

ObjectSpace.#memsize_of(obj) -> Integer (2.0)

obj が消費するメモリ使用量をバイト単位で返します。

...しくないでしょう。
2.2 以降では RVALUE のサイズを含んだ結果を返します。

本メソッドは C Ruby 以外では動作しません。

//emlist[例][ruby]{
require 'objspace'

ObjectSpace
.memsize_of(10) # => 0
ObjectSpace
.memsize_of("12345" * 10) # => 91
//}...

ObjectSpace.#memsize_of_all(klass = nil) -> Integer (2.0)

すべての生存しているオブジェクトが消費しているメモリ使用量をバイト単位 で返します。

...ッドは以下のような Ruby のコードで定義できます。

def memsize_of_all klass = false
total = 0
ObjectSpace
.each_object{|e|
total += ObjectSpace.memsize_of(e) if klass == false || e.kind_of?(klass)
}
total
end

戻り値の内容は完全ではない事に...

ObjectSpace.#reachable_objects_from(obj) -> Array | nil (2.0)

obj から到達可能なすべてのオブジェクトを返します。マーク不能なオブジェ クトを指定した場合は nil を返します。本メソッドを使う事でメモリリークの 調査が行えます。

...本メソッドを使う事でメモリリークの
調査が行えます。

# 配列クラス(Array)と 'a'、'b'、'c' に到達可能。
ObjectSpace
.reachable_objects_from(['a', 'b', 'c'])
# => [Array, 'a', 'b', 'c']

obj が 2 つ以上の同じオブジェクト x への参照を持つ...
...
ObjectSpace
.reachable_objects_from(['a', 'a', 'a'])
# => [Array, 'a', 'a', 'a']

obj にマーク不能なオブジェクト(true、false、nil、Symbol、
Fixnum、Flonum(即値の Float オブジェクト))を指定した場合は
nil を返します。

# 1 はマーク不能
ObjectSpace
...
...参照を持つ場合、
ObjectSpace
::InternalObjectWrapper オブジェクトが戻り値に含まれます。こ
のオブジェクトは obj が内部で持っているオブジェクトを持ちます。内部のオ
ブジェクトの型を確認する場合は ObjectSpace::InternalObjectWrapper...

ObjectSpace.#trace_object_allocations { ... } (2.0)

与えられたブロック内でオブジェクトのトレースを行います。 

...えられたブロック内でオブジェクトのトレースを行います。 

//emlist[例][ruby]{
require 'objspace'

class C
include ObjectSpace

def foo
trace_object_allocations do
obj = Object.new
p "#{allocation_sourcefile(obj)}:#{allocation_sourceline(obj)}"
end...

ObjectSpace.#trace_object_allocations_start -> nil (2.0)

オブジェクト割り当てのトレースを開始します。

...オブジェクト割り当てのトレースを開始します。

@see ObjectSpace#trace_object_allocations_stop...

絞り込み条件を変える

ObjectSpace.#trace_object_allocations_stop -> nil (2.0)

オブジェクト割り当てのトレースを終了します。

...てのトレースを終了します。

トレースを終了する為には、ObjectSpace.#trace_object_allocations_startを呼んだ回数分だけこのメソッドを呼ぶ必要があります。

@see ObjectSpace#trace_object_allocations_start...

ObjectSpace.#undefine_finalizer(obj) -> object (2.0)

obj に対するファイナライザをすべて解除します。 obj を返します。

...ze"
}
end

def initialize
ObjectSpace
.define_finalizer(self, Sample.callback)
end

def undef
ObjectSpace
.undefine_finalizer(self)
end
end

Sample.new
GC.start
# => finalize

Sample.new
sample.undef
GC.start
# ※何も出力されない
//}

@see ObjectSpace.#define_finalizer...
<< < 1 2 >>