るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
35件ヒット [1-35件を表示] (0.014秒)
トップページ > モジュール:Kernel[x] > クエリ:module[x]

別のキーワード

  1. module new
  2. erb def_module
  3. module constants
  4. module module_eval
  5. module class_eval

ライブラリ

キーワード

検索結果

Kernel.#eval(expr) -> object (25.0)

文字列 expr を Ruby プログラムとして評価してその結果を返しま す。第2引数に Binding オブジェクトを与えた場合、 そのオブジェクトを生成したコンテキストで文字列を評価します。

...し替えることが
できます。

bind によらずに特定のオブジェクトのコンテキストで expr を評価したい場合、
Module
#module_eval, BasicObject#instance_eval が使えます。

@param expr 評価する文字列です。
@param bind 評価コンテキストです。...
...Y_RELEASE_DATE')
p a #=> "2007-03-13"

eval('def fuga;p 777 end')
fuga #=> 777

eval('raise RuntimeError', binding, 'XXX.rb', 4)
#=> XXX.rb:4: RuntimeError (RuntimeError)
# from ..:9

@see Kernel.#binding,Module#module_eval,BasicObject#instance_eval,Object#method,Object#send...

Kernel.#eval(expr, bind, fname = "(eval)", lineno = 1) -> object (25.0)

文字列 expr を Ruby プログラムとして評価してその結果を返しま す。第2引数に Binding オブジェクトを与えた場合、 そのオブジェクトを生成したコンテキストで文字列を評価します。

...し替えることが
できます。

bind によらずに特定のオブジェクトのコンテキストで expr を評価したい場合、
Module
#module_eval, BasicObject#instance_eval が使えます。

@param expr 評価する文字列です。
@param bind 評価コンテキストです。...
...Y_RELEASE_DATE')
p a #=> "2007-03-13"

eval('def fuga;p 777 end')
fuga #=> 777

eval('raise RuntimeError', binding, 'XXX.rb', 4)
#=> XXX.rb:4: RuntimeError (RuntimeError)
# from ..:9

@see Kernel.#binding,Module#module_eval,BasicObject#instance_eval,Object#method,Object#send...

Kernel.#global_variables -> [Symbol] (19.0)

プログラム中で定義されているグローバル変数(`$'で始まる変数)名の 配列を返します。

...で始まる変数)名の
配列を返します。

p global_variables #=> [:$;, :$-F, :$@, ... ]

@see Kernel.#local_variables,Object#instance_variables,Module.constants,Module#constants,Module#class_variables...

Kernel.#local_variables -> [Symbol] (19.0)

現在のスコープで定義されているローカル変数名の配列を返します。

...いるローカル変数名の配列を返します。

yuyu = 0
p local_variables #=> [:yuyu]

@see Kernel.#global_variables,Object#instance_variables,Module.constants,Module#constants,Module#class_variables...

Kernel.#autoload(const_name, feature) -> nil (13.0)

定数 const_name を最初に参照した時に feature を Kernel.#require するように設定します。

...定数 const_name を最初に参照した時に feature を
Kernel
.#require するように設定します。

const_name には、 "::" 演算子を含めることはできません。
ネストした定数を指定する方法は Module#autoload を参照してください。

@param const_name...
...対象を指定します。
@raise LoadError featureのロードに失敗すると発生します。

//emlist[][ruby]{
# ------- /tmp/foo.rb ---------
class Bar
end
# ----- end of /tmp/foo.rb ----

autoload :Bar, '/tmp/foo'
p Bar #=> Bar
//}

@see Kernel.#autoload?,Module#autoload,Kernel.#require...
...定数 const_name を最初に参照した時に feature を
Kernel
.#require するように設定します。

const_name には、 "::" 演算子を含めることはできません
(ネストした定数を指定する方法は後述)。

@param const_name 定数をString または Symbol...
...した定義内の定数

const_name には、 "::" 演算子を含めることはできないので、 Kernel.#autoload
ではトップレベルの定数しか指定できません。

Module
#autoload と組み合わせることで、任意のクラス/モジュールの定数を autoload でき...
...nil

これは以下のようにネストせずに定義したのと同じことです。

class Foo
end
class Bar
end
p Foo::Bar
#=> -:5: warning: toplevel constant Bar referenced by Foo::Bar
# Bar

@see Kernel.#autoload?,Module#autoload,Kernel.#require...

絞り込み条件を変える