るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
234件ヒット [1-100件を表示] (0.026秒)
トップページ > モジュール:Kernel[x] > クエリ:$[x] > クエリ:require[x]

別のキーワード

  1. kernel $program_name
  2. kernel $rs
  3. kernel $fs
  4. kernel $2
  5. kernel $3

検索結果

<< 1 2 3 > >>

Kernel.#require(feature) -> bool (18138.0)

Ruby ライブラリ feature をロードします。拡張子補完を行い、 同じファイルの複数回ロードはしません。

...feature からロードします。
feature が相対パスのときは組み込み変数 $:
に示されるパスを順番に探し、最初に見付かったファイルを
ロードします。このとき、$: の要素文字列の先頭文字が
`~' (チルダ) だと、環境変数 HOME の値...
... $"
に含まれていた場合はロードせずに false を返します。

@param feature ファイル名の文字列です。
@raise LoadError ロードに失敗した場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
$
LOADED_FEATURES.grep(/prime/).size # => 0
require
"prime" # => true
$
LO...
...ADED_FEATURES.grep(/prime/).size # => 1
require
"prime" # => false
begin
require
"invalid"
rescue LoadError => e
e.message # => "cannot load such file -- invalid"
end
//}

@see Kernel.#load,Kernel.#autoload,Kernel.#require_relative...

Kernel.#require_relative(relative_feature) -> bool (6160.0)

現在のファイルからの相対パスで require します。

...現在のファイルからの相対パスで require します。

require
File.expand_path(relative_feature, File.dirname(__FILE__))
とほぼ同じです。

Kernel
.#eval などで文字列を評価した場合に、そこから
require
_relative を呼出すと必ず失敗します。

@param r...
...elative_feature ファイル名の文字列です。
@raise LoadError ロードに失敗した場合に発生します。
@see Kernel.#require

=== require と load のスコープ

ローカル変数はファイル間では共有されません。ですので、
ロードしたライブラリのロ...
...得することはできません。
このスコープの扱い方はKernel.#loadでも同様です。

---------- some.rb -----------
$
a = 1
@a = 1
A = 1
a = 1
---------- end some.rb -------

require
'some'
p $a #=> 1
p @a #=> 1
p A #=> 1
p a # undefined local variable or m...

Kernel$$DEFAULT_OUTPUT -> IO (6132.0)

$> の別名

...
$
> の別名

require
"English"

dout = $DEFAULT_OUTPUT.dup
$
DEFAULT_OUTPUT.reopen("out.txt", "w")
print "foo"
$
DEFAULT_OUTPUT.close
$
DEFAULT_OUTPUT = dout
p "bar" # => bar
p File.read("out.txt") #=> foo...

Kernel$$-I -> [String] (6126.0)

Rubyライブラリをロードするときの検索パスです。

...Rubyライブラリをロードするときの検索パスです。

Kernel
.#load や Kernel.#require
がファイルをロードする時に検索するディレクトリのリストを含む配列です。

起動時にはコマンドラインオプション -I で指定したディレクトリ、...
...位置からの相対で決まります。
platform/DJGPP と platform/emx (OS/2) では
ruby.exe の位置からの相対で決まります。


require
'foo' を実行すると、
以下のように foo.rb と foo.so が交互に探索されます。

/usr/local/lib/ruby/site_ruby/VERSION/foo.rb...
...す。
例えば HP-UX では require 'foo.so' とすると foo.sl を検索します。
したがって Ruby で記述されたコードでは常に .so を使うべきです。

なお、ロードパスをコマンドラインから調べるには

$
ruby -e 'puts $:'

とします。

この変...

Kernel$$: -> [String] (6126.0)

Rubyライブラリをロードするときの検索パスです。

...Rubyライブラリをロードするときの検索パスです。

Kernel
.#load や Kernel.#require
がファイルをロードする時に検索するディレクトリのリストを含む配列です。

起動時にはコマンドラインオプション -I で指定したディレクトリ、...
...位置からの相対で決まります。
platform/DJGPP と platform/emx (OS/2) では
ruby.exe の位置からの相対で決まります。


require
'foo' を実行すると、
以下のように foo.rb と foo.so が交互に探索されます。

/usr/local/lib/ruby/site_ruby/VERSION/foo.rb...
...す。
例えば HP-UX では require 'foo.so' とすると foo.sl を検索します。
したがって Ruby で記述されたコードでは常に .so を使うべきです。

なお、ロードパスをコマンドラインから調べるには

$
ruby -e 'puts $:'

とします。

この変...

絞り込み条件を変える

Kernel$$LAST_MATCH_INFO -> MatchData | nil (6126.0)

$~ の別名

...
$
~ の別名

require
"English"

str = "<a href=https://www.ruby-lang.org/en/about/license.txt>license</a>"

if /<a href=(.+?)>/ =~ str
p $LAST_MATCH_INFO[0] #=> "<a href=https://www.ruby-lang.org/en/about/license.txt>"
p $LAST_MATCH_INFO[1] #=> "https://www.ruby-lang.org/en/about/lic...
...ense.txt"
p $LAST_MATCH_INFO[2] #=> nil
end...

Kernel$$LOAD_PATH -> [String] (6126.0)

Rubyライブラリをロードするときの検索パスです。

...Rubyライブラリをロードするときの検索パスです。

Kernel
.#load や Kernel.#require
がファイルをロードする時に検索するディレクトリのリストを含む配列です。

起動時にはコマンドラインオプション -I で指定したディレクトリ、...
...位置からの相対で決まります。
platform/DJGPP と platform/emx (OS/2) では
ruby.exe の位置からの相対で決まります。


require
'foo' を実行すると、
以下のように foo.rb と foo.so が交互に探索されます。

/usr/local/lib/ruby/site_ruby/VERSION/foo.rb...
...す。
例えば HP-UX では require 'foo.so' とすると foo.sl を検索します。
したがって Ruby で記述されたコードでは常に .so を使うべきです。

なお、ロードパスをコマンドラインから調べるには

$
ruby -e 'puts $:'

とします。

この変...

Kernel$$" -> [String] (6124.0)

Kernel.#require でロードされたファイル名を含む配列です。

...
Kernel
.#require でロードされたファイル名を含む配列です。

Kernel
.#require で同じファイルを
複数回ロードしないようにするためのロックとして使われます。

この変数はグローバルスコープです。...

Kernel$$LOADED_FEATURES -> [String] (6124.0)

Kernel.#require でロードされたファイル名を含む配列です。

...
Kernel
.#require でロードされたファイル名を含む配列です。

Kernel
.#require で同じファイルを
複数回ロードしないようにするためのロックとして使われます。

この変数はグローバルスコープです。...

Kernel$$ERROR_INFO -> Exception | nil (6120.0)

$! の別名

...
$
! の別名

require
"English"
class SomethingError < StandardError; end

begin
raise SomethingError
rescue
p $ERROR_INFO.backtrace #=> ["sample.rb:5"]
p $ERROR_INFO.to_s #=> "SomethingError"
end...

絞り込み条件を変える

Kernel$$IGNORECASE -> bool (6120.0)

過去との互換性のために残されていますが、もはや何の意味もありません。

...りません。

値は常に false です。代入しても無視されます。

$
= の別名

require
"English"

$
IGNORECASE = true # => warning: variable $= is no longer effective; ignored
$
IGNORECASE # => warning: variable $= is no longer effective
# false...

Kernel$$FIELD_SEPARATOR -> String | nil (6115.0)

$; の別名

...
$
; の別名

require
"English"

str = "hoge,fuga,ugo,bar,foo"
p str.split #=> ["hoge,fuga,ugo,bar,foo"]
$
FIELD_SEPARATOR = ","
p str.split #=> ["hoge", "fuga", "ugo", "bar", "foo"]...

Kernel$$FS -> String | nil (6115.0)

$; の別名

...
$
; の別名

require
"English"

str = "hoge,fuga,ugo,bar,foo"
p str.split #=> ["hoge,fuga,ugo,bar,foo"]
$
FIELD_SEPARATOR = ","
p str.split #=> ["hoge", "fuga", "ugo", "bar", "foo"]...

Kernel$$INPUT_LINE_NUMBER -> Integer (6115.0)

$. の別名

...
$
. の別名

1 e
2 f
3 g
4 h
5 i
# end of a.txt

require
"English"

File.foreach(ARGV.at(0)){|line|
# read line
}
p $INPUT_LINE_NUMBER
# end of sample.rb

ruby sample.rb a.txt
#=> 5...

Kernel$$INPUT_RECORD_SEPARATOR -> String | nil (6115.0)

$/ の別名

...
$
/ の別名

require
"English"

$
INPUT_RECORD_SEPARATOR = '|'
array = []
while line = DATA.gets
array << line
end
p array #=> ["ugo|", "ego|", "fogo\n"]

__END__
ugo|ego|fogo...

絞り込み条件を変える

Kernel$$NR -> Integer (6115.0)

$. の別名

...
$
. の別名

1 e
2 f
3 g
4 h
5 i
# end of a.txt

require
"English"

File.foreach(ARGV.at(0)){|line|
# read line
}
p $INPUT_LINE_NUMBER
# end of sample.rb

ruby sample.rb a.txt
#=> 5...

Kernel$$OFS -> String | nil (6115.0)

$, の別名

...
$
, の別名

require
"English"

array = %w|hoge fuga ugo bar foo|
p array.join #=> "hogefugaugobarfoo"
$
OUTPUT_FIELD_SEPARATOR = ","
p array.join #=> "hoge,fuga,ugo,bar,foo"...
<< 1 2 3 > >>