るりまサーチ (Ruby 2.2.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
25件ヒット [1-25件を表示] (0.095秒)
トップページ > ライブラリ:rubygems[x] > バージョン:2.2.0[x] > クエリ:Gem::Version[x]

別のキーワード

  1. rubygems gem
  2. rubygems/gem_openssl ssl_available?
  3. rubygems/gem_openssl ensure_ssl_available
  4. gem user_dir
  5. gem prefix

検索結果

Gem::Version (69094.0)

文字列で表現されたバージョンを比較可能 (Comparable) にするためのクラスです。

...ersion.new("1.10") # => true
//}

gem のバージョンを取り扱うためのクラスですが、バージョン表記が RubyGems の流儀
に則っていれば RubyGems とは無関係に使うこともできます。

//emlist[バージョン表記のソートの例][ruby]{
versions = %w[ 1....

Gem::Version.create(input) -> Gem::Version | nil (63481.0)

Gem::Version のインスタンスを作成するためのファクトリメソッドです。

Gem::Version のインスタンスを作成するためのファクトリメソッドです。

例:

ver1 = Gem::Version.create('1.3.17') # => #<Gem::Version "1.3.17">
ver2 = Gem::Version.create(ver1) # => #<Gem::Version "1.3.17">
ver3 = Gem::Version.create(nil) # => nil

@param input Gem::Version のインスタンスか文字列を指定します。

@raise Argumen...

Gem::Version#release -> Gem::Version (63445.0)

self をリリースバージョンにした Gem::Version オブジェクトを返します。

self をリリースバージョンにした Gem::Version オブジェクトを返します。

プレリリースではないバージョンであれば self を返します。

//emlist[例][ruby]{
Gem::Version.new('1.2.0a').release # => #<Gem::Version "1.2.0">
Gem::Version.new('1.2.0').release # => #<Gem::Version "1.2.0">
//}

@see Gem::Version#prerelease?

Gem::Version#bump -> Gem::Version (63409.0)

最後の一桁を切り上げた新しい Gem::Version のインスタンスを返します。

最後の一桁を切り上げた新しい Gem::Version のインスタンスを返します。

例:

ver1 = Gem::Version.create('5.3.1') # => #<Gem::Version "5.3.1">
ver2 = ver1.bump # => #<Gem::Version "5.4">

Gem::Version#eql?(other) -> bool (63160.0)

self と other の Gem::Version#version が等しいとき真を返します。 そうでなければ偽を返します。

self と other の Gem::Version#version が等しいとき真を返します。
そうでなければ偽を返します。

例:

ver1 = Gem::Version.create('1.0') # => #<Gem::Version "1.0">
ver2 = Gem::Version.create('1') # => #<Gem::Version "1">
ver3 = Gem::Version.create('1.2.3') # => #<Gem::Version "1.2.3">
ver1.eql?(ver2) ...

絞り込み条件を変える

Gem::Version#prerelease? -> bool (63058.0)

self がプレリリースと思われる文字を含むバージョンかどうかを返します。

self がプレリリースと思われる文字を含むバージョンかどうかを返します。

//emlist[例][ruby]{
Gem::Version.new('1.2.0a').prerelease? # => true
Gem::Version.new('1.2.0').prerelease? # => false
//}

@see Gem::Version#release

Gem::Version#<=>(other) -> Integer | nil (63022.0)

self と other を比較して、self が大きい時に 1 等しい時に 0、小さい時に -1 の整数を返します。

self と other を比較して、self が大きい時に 1
等しい時に 0、小さい時に -1 の整数を返します。

@param other 比較対象の Gem::Version のインスタンスを指定します。

Gem::Version#marshal_dump -> Array (63004.0)

完全なオブジェクトではなく、バージョン文字列のみダンプします。

完全なオブジェクトではなく、バージョン文字列のみダンプします。

Gem::Version#marshal_load(array) -> String (63004.0)

ダンプされた情報をロードします。

ダンプされた情報をロードします。

@param array バージョン情報を含む配列を指定します。

Gem::Version#to_s -> String (63004.0)

バージョン情報を文字列として返します。

バージョン情報を文字列として返します。

絞り込み条件を変える

Gem::Version#version -> String (63004.0)

バージョン情報を文字列として返します。

バージョン情報を文字列として返します。

Gem::Version#version=(version) (63004.0)

self のバージョン情報を書き換えます。

self のバージョン情報を書き換えます。


@todo Gem::Requirement に書く

Gem::Version.correct?(version) -> bool (63004.0)

version が正しいバージョンであれば真を返します。そうでなければ偽を返します。

version が正しいバージョンであれば真を返します。そうでなければ偽を返します。

@param version バージョンを文字列か数値で指定します。

Gem::Version::Requirement (9004.0)

Alias of Gem::Requirement

Alias of Gem::Requirement

Gem::VersionOption (9004.0)

Gem::Command の --version, --platform オプションのためのモジュールです。

Gem::Command の --version, --platform オプションのためのモジュールです。

絞り込み条件を変える

Gem::VersionOption#add_platform_option(task = command, *wrap) (9004.0)

option parser に対して --platform オプションを追加します。

option parser に対して --platform オプションを追加します。

@param task コマンド名を指定します。デフォルト値はインクルードされる側のクラスで指定されます。

@param wrap Gem::Command#add_option に渡すその他のオプションを指定します。

Gem::VersionOption#add_version_option(task = command, *wrap) (9004.0)

option parser に対して --version オプションを追加します。

option parser に対して --version オプションを追加します。

@param task コマンド名を指定します。デフォルト値はインクルードされる側のクラスで指定されます。

@param wrap Gem::Command#add_option に渡すその他のオプションを指定します。

Gem::Specification#version -> Gem::Version (307.0)

この Gem パッケージのバージョンを返します。

この Gem パッケージのバージョンを返します。

Kernel#gem(gem_name, *version_requirements) -> bool (43.0)

$LOAD_PATH に Ruby Gem を追加します。

...った場合は
Gem::LoadError が発生します。

バージョンの指定方法に関しては Gem::Version を参照してください。

rubygems
ライブラリがライブラリバージョンの衝突を検出しない限り、
gem メソッドは全ての require メソッドよりも前...

Gem::Requirement#parse(obj) -> Array (40.0)

バージョンの必要上件をパースして比較演算子とバージョンを要素とする二要素の配列を返します。

バージョンの必要上件をパースして比較演算子とバージョンを要素とする二要素の配列を返します。

@param obj 必要上件を表す文字列または Gem::Version のインスタンスを指定します。

@return 比較演算子と Gem::Version のインスタンスを要素とする二要素の配列を返します。

@raise ArgumentError obj に不正なオブジェクトを指定すると発生します。

絞り込み条件を変える

Gem::Requirement#satisfied_by?(version) -> bool (22.0)

引数 version が自身に含まれる全ての必要条件を満たす場合に真を返します。 そうでなければ偽を返します。

引数 version が自身に含まれる全ての必要条件を満たす場合に真を返します。
そうでなければ偽を返します。

@param version Gem::Version のインスタンスを指定します。

@see Gem::Requirement#satisfy?

Gem::Requirement#satisfy?(op, version, required_version) -> bool (22.0)

version op required_version を満たす場合に真を返します。 そうでなければ偽を返します。

version op required_version を満たす場合に真を返します。
そうでなければ偽を返します。

@param op 比較演算子 (<, <=, =, =>, >, !=, ~>) を文字列で指定します。

@param version 外部から与えられるバージョンを Gem::Version のインスタンスで指定します。

@param required_version 満たすべき条件を示すバージョンを指定します。

@see Gem::Requirement#satisfied_by?

Gem::Requirement.create(input) -> Gem::Requirement (22.0)

Gem::Requirement のインスタンスを作成するためのファクトリメソッドです。

Gem::Requirement のインスタンスを作成するためのファクトリメソッドです。

@param input 文字列か配列か Gem::Requirement, Gem::Version のインスタンス
のいずれかを指定します。

@return 上記以外の値を input に指定するとデフォルト値を返します。

@see Gem::Requirement.new, Gem::Requirement.default

Gem::Requirement.new(requirements) -> Gem::Requirement (22.0)

Gem::Requirement のインスタンスを作成します。

Gem::Requirement のインスタンスを作成します。

@param requirements 文字列か配列か Gem::Version のインスタンスを指定します。

@see Gem::Requirement#parse, Gem::Requirement.create

Gem::Specification#version=(version) (22.0)

この Gem パッケージのバージョンをセットします。

この Gem パッケージのバージョンをセットします。

@param version バージョンを文字列か Gem::Version のインスタンスで指定します。

絞り込み条件を変える