るりまサーチ (Ruby 2.4.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
4件ヒット [1-4件を表示] (0.024秒)

別のキーワード

  1. xmlrpc add_handler
  2. psych handler
  3. imap add_response_handler
  4. net/imap add_response_handler
  5. basicserver add_handler

キーワード

検索結果

Psych::Nodes::Scalar::PLAIN -> Integer (54376.0)

plain scalar style を表します。

...plain scalar style を表します。

@see Psych::Nodes::Scalar.new,
Psych
::Nodes::Scalar#style,
Psych
::Handler#scalar...

Psych::Handler#scalar(value, anchor, tag, plain, quoted, style) -> () (9418.0)

スカラー値を見付けたときに呼び出されます。

...数値で渡されます。
style は次の値のいずれかです。
* Psych::Nodes::Scalar::PLAIN
* Psych::Nodes::Scalar::SINGLE_QUOTED
* Psych::Nodes::Scalar::DOUBLE_QUOTED
* Psych::Nodes::Scalar::LITERAL
* Psych::Nodes::Scalar::FOLDED

必要に応じてこのメソッドを override...

Psych::Emitter (79.0)

Psych::Parser でパースし、生じたイベントから YAML ドキュメントを再構築するようなハンドラです。

...Psych::Parser でパースし、生じたイベントから
YAML ドキュメントを再構築するようなハンドラです。

以下の例では STDIN から YAML ドキュメントを入力し、
再構築した YAML ドキュメントを STDERR に出力します。

parser = Psych::Pars...
...w(Psych::Emitter.new($stderr))
parser.parse($stdin)

また、以下のようにイベントを手動で発生させることで
YAML ドキュメントを構築させることもできます。
各メソッドの意味については Psych::Handler を参照してください。
require 'psych'...
...put = StringIO.new
emitter = Psych::Emitter.new(output)

emitter.start_stream(Psych::Parser::UTF8)
emitter.start_document([1, 1], [], false)
emitter.start_mapping(nil, nil, false, Psych::Nodes::Mapping::BLOCK)
emitter.scalar("a", nil, nil, true, false, Psych::Nodes::Scalar::PLAIN)
emit...

Psych::Parser (79.0)

YAML のパーサ。

...ュメントを
別のフォーマット変換したりします。
Psych
::Emitter を使うとパースしたドキュメントを元通りに出力
することもできます。

Psych
::Parser が生成するイベントは Psych::Handler
を見てください。

以下の例では YAML ドキ...
...or detecting scalar values
class ScalarHandler < Psych::Handler
def scalar value, anchor, tag, plain, quoted, style
puts value
end
end

parser = Psych::Parser.new(ScalarHandler.new)
parser.parse(yaml_document)

次の例は Psych::Emitter にパースの結果を戻していま...
...力をパース→YAMLフォーマットで STDERR に出力
という流れになっています。

parser = Psych::Parser.new(Psych::Emitter.new($stderr))
parser.parse($stdin)

Psych
::Parser と Psych::TreeBuilder を組み合わせると
YAML の AST を構築することができます。...