るりまサーチ (Ruby 2.4.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
17件ヒット [1-17件を表示] (0.035秒)
トップページ > ライブラリ:psych[x] > バージョン:2.4.0[x] > クエリ:Parser[x] > クエリ:parse[x]

別のキーワード

  1. sax2parser listen
  2. rexml/parsers/sax2parser listen
  3. parser parse
  4. json parser
  5. parser new

モジュール

キーワード

検索結果

Psych::Parser#parse(yaml) -> self (72346.0)

YAML ドキュメントをパースし、イベントハンドラに イベントを逐次通知します。

...YAML ドキュメントをパースし、イベントハンドラに
イベントを逐次通知します。

@see Psych::Parser.new, Psych::Handler, Psych::Parser#handler...

Psych::Parser (72187.0)

YAML のパーサ。

...ュメントを
別のフォーマット変換したりします。
Psych
::Emitter を使うとパースしたドキュメントを元通りに出力
することもできます。

Psych
::Parser が生成するイベントは Psych::Handler
を見てください。

以下の例では YAML ドキ...
...or detecting scalar values
class ScalarHandler < Psych::Handler
def scalar value, anchor, tag, plain, quoted, style
puts value
end
end

parser = Psych::Parser.new(ScalarHandler.new)
parser.parse(yaml_document)

次の例は Psych::Emitter にパースの結果を戻していま...
...力をパース→YAMLフォーマットで STDERR に出力
という流れになっています。

parser = Psych::Parser.new(Psych::Emitter.new($stderr))
parser.parse($stdin)

Psych
::Parser と Psych::TreeBuilder を組み合わせると
YAML の AST を構築することができます。...

Psych.parser -> Psych::Parser (37213.0)

デフォルトで使われるのパーサを返します。

デフォルトで使われるのパーサを返します。

Psych::Parser#mark -> Psych::Parser::Mark (18658.0)

パーサが現在読み込んでいる入力上の位置を Psych::Parser::Mark オブジェクト で返します。

...パーサが現在読み込んでいる入力上の位置を Psych::Parser::Mark オブジェクト
で返します。...

Psych::Parser.new(handler = Handler.new) -> Psych::Parser (18628.0)

新たなパーサオブジェクトを生成して返します。

...サオブジェクトを生成して返します。

handler で YAML のイベントを処理するハンドラを指定します。
詳しくは Psych::Parser を参照してください。

@param handler YAML のイベントを処理するハンドラ...

絞り込み条件を変える

Psych::Parser#handler -> Psych::Handler (18025.0)

セットされているイベントハンドラを返します。

...セットされているイベントハンドラを返します。

@see Psych::Parser#handler=...

Psych::Parser#handler=(val) (18025.0)

イベントハンドラをセットします。

...イベントハンドラをセットします。

@param val セットするハンドラ
@see Psych::Parser#handler=...

Psych::Parser::ANY -> Integer (18007.0)

「任意の」エンコーディングを意味します。

「任意の」エンコーディングを意味します。

Psych::Parser::Mark (18007.0)

YAML document の位置を表現するクラスです。

YAML document の位置を表現するクラスです。

Psych::Parser::Mark#column -> Integer (18007.0)

行の先頭からの文字数。

行の先頭からの文字数。

絞り込み条件を変える

Psych::Parser::Mark#index -> Integer (18007.0)

先頭からの文字数。

先頭からの文字数。

Psych::Parser::Mark#line -> Integer (18007.0)

先頭からの行数。

先頭からの行数。

Psych::Parser::UTF16BE -> Integer (18007.0)

UTF-16BE エンコーディングを表します。

...UTF-16BE エンコーディングを表します。

@see Psych::Handler#start_stream...

Psych::Parser::UTF16LE -> Integer (18007.0)

UTF-16LE エンコーディングを表します。

...UTF-16LE エンコーディングを表します。

@see Psych::Handler#start_stream...

Psych::Parser::UTF8 -> Integer (18007.0)

UTF-8 エンコーディングを表します。

...UTF-8 エンコーディングを表します。

@see Psych::Handler#start_stream...

絞り込み条件を変える

Psych::Emitter (145.0)

Psych::Parser でパースし、生じたイベントから YAML ドキュメントを再構築するようなハンドラです。

...Psych::Parser でパースし、生じたイベントから
YAML ドキュメントを再構築するようなハンドラです。

以下の例では STDIN から YAML ドキュメントを入力し、
再構築した YAML ドキュメントを STDERR に出力します。

parser = Psych::Pars...
...w(Psych::Emitter.new($stderr))
parser.parse($stdin)

また、以下のようにイベントを手動で発生させることで
YAML ドキュメントを構築させることもできます。
各メソッドの意味については Psych::Handler を参照してください。
require 'psych'...
...put = StringIO.new
emitter = Psych::Emitter.new(output)

emitter.start_stream(Psych::Parser::UTF8)
emitter.start_document([1, 1], [], false)
emitter.start_mapping(nil, nil, false, Psych::Nodes::Mapping::BLOCK)
emitter.scalar("a", nil, nil, true, false, Psych::Nodes::Scalar::PLAIN)
emit...

Psych::TreeBuilder (115.0)

YAML AST を構築するためのクラスです。

...す。

Psych
::Parser.new に渡して YAML ドキュメントを YAML AST に変換する
ことができます。

また、Psych::Visitors::YAMLTree.new に渡して Ruby オブジェクト
を YAML AST に変換することもできます。

=== Example

parser = Psych::Parser.new Psych::Tree...
...Builder.new
parser.parse('--- foo')
parser.handler.root # => #<Psych::Nodes::Stream:0x00000001400000 ... >...