るりまサーチ (Ruby 2.4.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
35件ヒット [1-35件を表示] (0.090秒)
トップページ > ライブラリ:openssl[x] > バージョン:2.4.0[x] > クエリ:OpenSSL::X509::CRL[x]

別のキーワード

  1. new openssl::bn
  2. new openssl::asn1::asn1data
  3. new openssl::pkey::ec::group
  4. new openssl::x509::certificate
  5. start net::smtp

検索結果

OpenSSL::X509::CRL (69007.0)

CRL(証明書失効リスト) クラス。

...とは、危殆化した等なんらかの理由で失効した証明書のリストです。
通常 CA によって発行されるものです。
OpenSSL
::X509::Store に組込むことで失効した証明書の検証を
失敗させることができます。

通常 CRL の信頼性を確認す...

OpenSSL::X509::CRL.new -> OpenSSL::X509::CRL (63331.0)

CRL(証明書失効リスト)オブジェクトを生成します。

...CRL(証明書失効リスト)オブジェクトを生成します。

新しい OpenSSL::X509::Request オブジェクトを生成します。

引数なしの場合は空の OpenSSL::X509::Request オブジェクトを生成します。

引数が文字列の場合は、PEM 形式もしくは DER...
...す。

引数が IO オブジェクトである場合は、そのファイルの中身から
オブジェクトを生成します。

引数が OpenSSL::X509::CRL である場合には、その内容を
コピーしたオブジェクトを生成します。

引数が to_der メソッドを持つ...
...場合は、そのメソッドによって
DER 形式の文字列に変換してからオブジェクトを生成します。

@param obj CRL のデータ
@raise OpenSSL::X509::CRLError オブジェクトの生成に失敗した場合に発生します...

OpenSSL::X509::CRL.new(obj) -> OpenSSL::X509::CRL (63331.0)

CRL(証明書失効リスト)オブジェクトを生成します。

...CRL(証明書失効リスト)オブジェクトを生成します。

新しい OpenSSL::X509::Request オブジェクトを生成します。

引数なしの場合は空の OpenSSL::X509::Request オブジェクトを生成します。

引数が文字列の場合は、PEM 形式もしくは DER...
...す。

引数が IO オブジェクトである場合は、そのファイルの中身から
オブジェクトを生成します。

引数が OpenSSL::X509::CRL である場合には、その内容を
コピーしたオブジェクトを生成します。

引数が to_der メソッドを持つ...
...場合は、そのメソッドによって
DER 形式の文字列に変換してからオブジェクトを生成します。

@param obj CRL のデータ
@raise OpenSSL::X509::CRLError オブジェクトの生成に失敗した場合に発生します...

OpenSSL::X509::CRL#issuer=(issuer) (63025.0)

CRL の発行者を設定します。

...CRL の発行者を設定します。

@param issuer 発行者の OpenSSL::X509::Name オブジェクト
@raise OpenSSL::X509::CRLError 設定に失敗した場合に発生します
@see OpenSSL::X509::CRL#issuer...

OpenSSL::X509::CRL#last_update=(time) (63025.0)

CRL が最後に更新された日時を Time オブジェクトで設定します。

...CRL が最後に更新された日時を Time オブジェクトで設定します。

@param time 最終更新日時
@raise OpenSSL::X509::CRLError 設定に失敗した場合に発生します
@see OpenSSL::X509::CRL#last_update...

絞り込み条件を変える

OpenSSL::X509::CRL#next_update=(time) (63025.0)

CRL の次回更新日時を Time オブジェクトで設定します。

...CRL の次回更新日時を Time オブジェクトで設定します。

@param time 最終更新日時
@raise OpenSSL::X509::CRLError 設定に失敗した場合に発生します
@see OpenSSL::X509::CRL#next_update...

OpenSSL::X509::CRL#version -> Integer (63025.0)

その CRL が準拠している規格のバージョンを返します。

...その CRL が準拠している規格のバージョンを返します。

X.509 v2 CRL であれば 1 を返します。

@see OpenSSL::X509::CRL#version=...

OpenSSL::X509::CRL#version=(version) (63025.0)

その CRL が準拠している規格のバージョンを設定します。

...その CRL が準拠している規格のバージョンを設定します。

X.509 v2 CRL であれば 1 を渡します。

@param version 設定するバージョンの整数
@raise OpenSSL::X509::CRLError 設定に失敗した場合に発生します
@see OpenSSL::X509::CRL#version...

OpenSSL::X509::CRL#add_extension(ex) -> OpenSSL::X509::Extension (63007.0)

拡張領域に ex を追加します。

...拡張領域に ex を追加します。

追加するデータは OpenSSL::X509::Extension のオブジェクトを渡します。

ex を返します。

@param ex 追加するデータ
@raise OpenSSL::X509::CRLError 追加に失敗した場合に発生します...

OpenSSL::X509::CRL#add_revoked(rev) -> OpenSSL::X509::Revoked (63007.0)

失効証明書リストに新たな要素を加えます。

...たな要素を加えます。

rev は失効した証明書を表す OpenSSL::X509::Revoked オブジェクトです。

返り値は rev です。

@param rev 追加する失効した証明書を表すオブジェクト
@raise OpenSSL::X509::CRLError 追加に失敗した場合に発生します...

絞り込み条件を変える

OpenSSL::X509::CRL#extensions -> [OpenSSL::X509::Extension] (63007.0)

CRL が持っている拡張領域のデータを配列で返します。

CRL が持っている拡張領域のデータを配列で返します。

OpenSSL::X509::CRL#extensions=(extensions) (63007.0)

CRL の拡張領域を extensions で更新します。

...領域を extensions で更新します。

extensions には OpenSSL::X509::Extension の配列を渡します。

更新前の拡張領域のデータは破棄されます。

@param extensions 拡張領域のデータ
@raise OpenSSL::X509::CRLError 更新に失敗した場合に発生します...

OpenSSL::X509::CRL#issuer -> OpenSSL::X509::Name (63007.0)

CRL の発行者を返します。

CRL の発行者を返します。

OpenSSL::X509::CRL#last_update -> Time (63007.0)

CRL が最後に更新された日時を Time オブジェクトで返します。

CRL が最後に更新された日時を Time オブジェクトで返します。

OpenSSL::X509::CRL#next_update -> Time (63007.0)

CRL の次回更新日時を Time オブジェクトで返します。

CRL の次回更新日時を Time オブジェクトで返します。

絞り込み条件を変える

OpenSSL::X509::CRL#revoked -> [OpenSSL::X509::Revoked] (63007.0)

自身が持っている失効した証明書の配列を返します。

自身が持っている失効した証明書の配列を返します。

OpenSSL::X509::CRL#revoked=(revs) (63007.0)

失効証明書リストを更新します。

...

このメソッドを呼びだす前のリストは破棄されます。
revs には失効した証明書を OpenSSL::X509::Revoked の配列で渡します。

@param revs 設定する失効した証明書の配列
@raise OpenSSL::X509::CRLError 設定に失敗した場合に発生します...

OpenSSL::X509::CRL#sign(pkey, digest) -> self (63007.0)

CRL に秘密鍵で署名します。

...CRL に秘密鍵で署名します。

@param pkey 秘密鍵(OpenSSL::PKey::PKey オブジェクト)
@param digest ハッシュアルゴリズム
@raise OpenSSL::X509::CRLError 署名に失敗した場合に発生します...

OpenSSL::X509::CRL#signature_algorithm -> String (63007.0)

署名に使ったアルゴリズム名を文字列で返します。

...署名に使ったアルゴリズム名を文字列で返します。

@raise OpenSSL::X509::CRLError 名前の取得に失敗した場合に発生します...

OpenSSL::X509::CRL#to_der -> String (63007.0)

DER 形式に変換します。

...DER 形式に変換します。

@raise OpenSSL::X509::CRLError 変換に失敗した場合に発生します...

絞り込み条件を変える

OpenSSL::X509::CRL#to_pem -> String (63007.0)

PEM 形式に変換します。

...PEM 形式に変換します。

@raise OpenSSL::X509::CRLError 変換に失敗した場合に発生します...

OpenSSL::X509::CRL#to_s -> String (63007.0)

PEM 形式に変換します。

...PEM 形式に変換します。

@raise OpenSSL::X509::CRLError 変換に失敗した場合に発生します...

OpenSSL::X509::CRL#to_text -> String (63007.0)

人間が読める形式に変換します。

...人間が読める形式に変換します。

@raise OpenSSL::X509::CRLError 変換に失敗した場合に発生します...

OpenSSL::X509::CRL#verify(key) -> bool (63007.0)

発行者の公開鍵で CRL に記載されている署名を検証します。

...発行者の公開鍵で CRL に記載されている署名を検証します。

検証に成功した場合は true を返します。

@param key 公開鍵(OpenSSL::PKey::PKey オブジェクト)
@raise OpenSSL::X509::CRLError 検証時にエラーが生じた場合に発生します...

OpenSSL::X509::CRLError (9055.0)

OpenSSL::X509::CRL 関連のエラーが生じたときに発生します。

...OpenSSL::X509::CRL 関連のエラーが生じたときに発生します。...

絞り込み条件を変える

OpenSSL::PKCS7#crls -> [OpenSSL::X509::CRL] (310.0)

署名に添付されている CRL を配列で返します。

署名に添付されている CRL を配列で返します。

OpenSSL::X509::ExtensionFactory#crl -> OpenSSL::X509::CRL | nil (310.0)

自身に設定された証明書失効リストオブジェクトを返します。

自身に設定された証明書失効リストオブジェクトを返します。

設定されていない場合は nil を返します。

OpenSSL::X509::StoreContext#current_crl -> OpenSSL::X509::CRL | nil (310.0)

直前に検証に利用した CRL のオブジェクトを返します。

...直前に検証に利用した CRL のオブジェクトを返します。

証明書チェインの各証明書検証後
コールバック(OpenSSL::X509::Store#verify_callback=)呼び出しに
渡される StoreContext オブジェクトにこのメソッドを呼び出すと
直前に検証に利...

OpenSSL::X509::ExtensionFactory.new(issuer_cert=nil, subject_cert=nil, subject_req=nil, crl=nil) -> OpenSSL::X509::ExtensionFactory (43.0)

ExtensionFactory オブジェクトを生成します。

...ExtensionFactory オブジェクトを生成します。

証明書の発行者や所有者の OpenSSL::X509::Certificate オブジェクトや
OpenSSL
::X509::Request、OpenSSL::X509::CRL オブジェクトを
渡すことによって、拡張領域の中身を ExtensionFactory オブジェクトが...
...yIdentifier" 拡張領域は証明書の一部のハッシュ値
を値として持ちますが、
OpenSSL
::X509::Certificate オブジェクトをあらかじめ渡しておくことによって
OpenSSL
::X509::ExtensionFactory#create_extension がその値を計算します。
これらの情報が...
...す。
* OpenSSL::X509::ExtensionFactory#issuer_certificate=
* OpenSSL::X509::ExtensionFactory#subject_certificate=
* OpenSSL::X509::ExtensionFactory#subject_request=
* OpenSSL::X509::ExtensionFactory#crl=

@param issuer_cert 証明書発行者、すなわち CA の
OpenSSL
::X509::C...

OpenSSL::PKCS7#add_crl(crl) -> self (25.0)

署名に添付する CRL を追加します。

...署名に添付する CRL を追加します。

@param crl 追加する CLR (OpenSSL::X509::CRL オブジェクト)
@raise OpenSSL::PKCS7::PKCS7Error 追加に失敗した場合に発生します。...

絞り込み条件を変える

OpenSSL::PKCS7#crls=(crls) (25.0)

署名に添付される CRL を配列で設定します。

...署名に添付される CRL を配列で設定します。

元々付けられていた CRL はクリアされます。

@param crls 更新する CRL(OpenSSL::X509::CRL オブジェクト) の配列
@raise OpenSSL::PKCS7::PKCS7Error 変更に失敗した場合に発生します。...

OpenSSL::X509::ExtensionFactory#crl=(crl) (25.0)

自身に証明書失効リストオブジェクトを設定します。

...自身に証明書失効リストオブジェクトを設定します。

@param crl 設定する証明書失効リスト(OpenSSL::X509::CRL)オブジェクト
@see OpenSSL::X509::ExtensionFactory.new...

OpenSSL::X509::Revoked (25.0)

失効した証明書のクラス。

...失効した証明書のクラス。

OpenSSL
::X509::CRL#revoked で返される
失効証明書リストがこのクラスの配列です。...

OpenSSL::X509::Store#add_crl(crl) -> self (25.0)

信頼する CRL(証明書失効リスト) を証明書ストアに加えます。

...信頼する CRL(証明書失効リスト)
を証明書ストアに加えます。

@param crl 追加する CRL の OpenSSL::X509::CRL オブジェクト
@raise OpenSSL::X509::StoreError 追加に失敗した場合に発生します...

OpenSSL::X509::V_ERR_CERT_REVOKED -> Integer (25.0)

証明書が CRL によって失効されられていることを意味します。

...証明書が CRL によって失効されられていることを意味します。

OpenSSL
::X509::Store#error や
OpenSSL
::X509::StoreContext#error のエラーコードとして
使われます。

@see OpenSSL::X509::CRL...

絞り込み条件を変える