るりまサーチ (Ruby 2.1.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
22件ヒット [1-22件を表示] (0.278秒)
トップページ > ライブラリ:net/http[x] > バージョン:2.1.0[x] > クラス:Net::HTTP[x] > クエリ:net/http[x] > クエリ:get[x]

別のキーワード

  1. rexml/document new
  2. rexml/document write
  3. rexml/document to_s
  4. rexml/document clone
  5. rexml/document node_type

検索結果

Net::HTTP#get(path, header = nil, dest = nil) -> Net::HTTPResponse (78442.0)

サーバ上の path にあるエンティティを取得し、 Net::HTTPResponse のインスタンスとして返します。

...サーバ上の path にあるエンティティを取得し、
Net::HTTP
Response のインスタンスとして返します。

header が nil
でなければ、リクエストを送るときにその内容を HTTP ヘッダとして
送ります。 header は { 'Accept' = > '*/*', ... } という...
...呼びだされたときは
エンティティボディを少しずつ文字列として
ブロックに与えます。このとき戻り値の
Net::HTTP
Response オブジェクトは有効な body を
持ちません。

dest は時代遅れの引数です。利用しないでください。
dest...
...ます。
また、返り値が [レスポンスオブジェクト, そのボディ] となります。

# net/http version 1.1
response, body = http.get( '/index.html' )

# net/http version 1.2
response = http.get('/index.html')

# compatible in both version
response , = http.get('/...

Net::HTTP#get(path, header = nil, dest = nil) {|body_segment| .... } -> Net::HTTPResponse (78442.0)

サーバ上の path にあるエンティティを取得し、 Net::HTTPResponse のインスタンスとして返します。

...サーバ上の path にあるエンティティを取得し、
Net::HTTP
Response のインスタンスとして返します。

header が nil
でなければ、リクエストを送るときにその内容を HTTP ヘッダとして
送ります。 header は { 'Accept' = > '*/*', ... } という...
...呼びだされたときは
エンティティボディを少しずつ文字列として
ブロックに与えます。このとき戻り値の
Net::HTTP
Response オブジェクトは有効な body を
持ちません。

dest は時代遅れの引数です。利用しないでください。
dest...
...ます。
また、返り値が [レスポンスオブジェクト, そのボディ] となります。

# net/http version 1.1
response, body = http.get( '/index.html' )

# net/http version 1.2
response = http.get('/index.html')

# compatible in both version
response , = http.get('/...

Net::HTTP.get(host, path, port = 80) -> String (78382.0)

指定した対象に GET リクエストを送り、そのボディを 文字列として返します。

...す。

@param uri データの取得対象を URI で指定します。
@param host 接続先のホストを文字列で指定します。
@param path データの存在するパスを文字列で指定します。
@param port 接続するポートを整数で指定します。
@see Net::HTTP#get...

Net::HTTP.get(uri) -> String (78382.0)

指定した対象に GET リクエストを送り、そのボディを 文字列として返します。

...す。

@param uri データの取得対象を URI で指定します。
@param host 接続先のホストを文字列で指定します。
@param path データの存在するパスを文字列で指定します。
@param port 接続するポートを整数で指定します。
@see Net::HTTP#get...

Net::HTTP.get_print(host, path, port = 80) -> () (42406.0)

指定した対象から HTTP でエンティティボディを取得し、 $stdout に出力します。

...ます。
@param port 接続するポートを整数で指定します。
@see Net::HTTP.get

=== 例
require 'net/http'
require 'uri'
Net::HTTP
.get_print URI.parse('http://www.example.com/index.html')
もしくは
require 'net/http'
Net::HTTP
.get_print 'www.example.com', '/index.html'...

絞り込み条件を変える

Net::HTTP.get_print(uri) -> () (42406.0)

指定した対象から HTTP でエンティティボディを取得し、 $stdout に出力します。

...ます。
@param port 接続するポートを整数で指定します。
@see Net::HTTP.get

=== 例
require 'net/http'
require 'uri'
Net::HTTP
.get_print URI.parse('http://www.example.com/index.html')
もしくは
require 'net/http'
Net::HTTP
.get_print 'www.example.com', '/index.html'...

Net::HTTP#get2(path, header = nil) -> Net::HTTPResponse (42394.0)

サーバ上の path にあるエンティティを取得します。 Net::HTTPResponse オブジェクトを返します。

...サーバ上の path にあるエンティティを取得します。
Net::HTTP
Response オブジェクトを返します。

header が nil
でなければ、リクエストを送るときにその内容を HTTP ヘッダとして
送ります。 header は { 'Accept' = > '*/*', ... } という...
...とともに呼び出されたときは、
エンティティボディをソケットから読み出す前に、
接続を維持した状態で Net::HTTPResponse
オブジェクトをブロックに渡します。
大きなサイズのボディを一度に読みだすとまずく、
小さなサイ...
...s already read

# using block
http.request_get('/index.html') {|response|
p response['content-type']
response.read_body do |str| # read body now
print str
end
}

get2 は時代遅れなので使わないでください。

@see Net::HTTP#get, Net::HTTPResponse#read_body...

Net::HTTP#get2(path, header = nil) {|response| .... } -> Net::HTTPResponse (42394.0)

サーバ上の path にあるエンティティを取得します。 Net::HTTPResponse オブジェクトを返します。

...サーバ上の path にあるエンティティを取得します。
Net::HTTP
Response オブジェクトを返します。

header が nil
でなければ、リクエストを送るときにその内容を HTTP ヘッダとして
送ります。 header は { 'Accept' = > '*/*', ... } という...
...とともに呼び出されたときは、
エンティティボディをソケットから読み出す前に、
接続を維持した状態で Net::HTTPResponse
オブジェクトをブロックに渡します。
大きなサイズのボディを一度に読みだすとまずく、
小さなサイ...
...s already read

# using block
http.request_get('/index.html') {|response|
p response['content-type']
response.read_body do |str| # read body now
print str
end
}

get2 は時代遅れなので使わないでください。

@see Net::HTTP#get, Net::HTTPResponse#read_body...

Net::HTTP#request_get(path, header = nil) -> Net::HTTPResponse (42394.0)

サーバ上の path にあるエンティティを取得します。 Net::HTTPResponse オブジェクトを返します。

...サーバ上の path にあるエンティティを取得します。
Net::HTTP
Response オブジェクトを返します。

header が nil
でなければ、リクエストを送るときにその内容を HTTP ヘッダとして
送ります。 header は { 'Accept' = > '*/*', ... } という...
...とともに呼び出されたときは、
エンティティボディをソケットから読み出す前に、
接続を維持した状態で Net::HTTPResponse
オブジェクトをブロックに渡します。
大きなサイズのボディを一度に読みだすとまずく、
小さなサイ...
...s already read

# using block
http.request_get('/index.html') {|response|
p response['content-type']
response.read_body do |str| # read body now
print str
end
}

get2 は時代遅れなので使わないでください。

@see Net::HTTP#get, Net::HTTPResponse#read_body...

Net::HTTP#request_get(path, header = nil) {|response| .... } -> Net::HTTPResponse (42394.0)

サーバ上の path にあるエンティティを取得します。 Net::HTTPResponse オブジェクトを返します。

...サーバ上の path にあるエンティティを取得します。
Net::HTTP
Response オブジェクトを返します。

header が nil
でなければ、リクエストを送るときにその内容を HTTP ヘッダとして
送ります。 header は { 'Accept' = > '*/*', ... } という...
...とともに呼び出されたときは、
エンティティボディをソケットから読み出す前に、
接続を維持した状態で Net::HTTPResponse
オブジェクトをブロックに渡します。
大きなサイズのボディを一度に読みだすとまずく、
小さなサイ...
...s already read

# using block
http.request_get('/index.html') {|response|
p response['content-type']
response.read_body do |str| # read body now
print str
end
}

get2 は時代遅れなので使わないでください。

@see Net::HTTP#get, Net::HTTPResponse#read_body...

絞り込み条件を変える

Net::HTTP.get_response(host, path = nil, port = nil) -> Net::HTTPResponse (42382.0)

指定した対象に GET リクエストを送り、そのレスポンスを Net::HTTPResponse として返します。

...指定した対象に GET リクエストを送り、そのレスポンスを
Net::HTTP
Response として返します。

対象の指定方法は URI で指定するか、
(host, path, port) で指定するかのいずれかです。

@param uri データの取得対象を URI で指定します。...
...@param host 接続先のホストを文字列で指定します。
@param path データの存在するパスを文字列で指定します。
@param port 接続するポートを整数で指定します。
@see Net::HTTP#get...

Net::HTTP.get_response(uri) -> Net::HTTPResponse (42382.0)

指定した対象に GET リクエストを送り、そのレスポンスを Net::HTTPResponse として返します。

...指定した対象に GET リクエストを送り、そのレスポンスを
Net::HTTP
Response として返します。

対象の指定方法は URI で指定するか、
(host, path, port) で指定するかのいずれかです。

@param uri データの取得対象を URI で指定します。...
...@param host 接続先のホストを文字列で指定します。
@param path データの存在するパスを文字列で指定します。
@param port 接続するポートを整数で指定します。
@see Net::HTTP#get...

Net::HTTP.Proxy(address, port = 80) -> Class (24082.0)

Proxy 経由で http サーバに接続するためのクラスを作成し返します。

...のクラスは Net::HTTP を継承しているので Net::HTTP と全く
同じように使えます。指定されたプロクシを常に経由して http サーバ
に接続します。

address が nil のときは Net::HTTP クラスをそのまま返します。

例1: Net::HTTP.new を使う...
...t/http'
proxy_class = Net::HTTP::Proxy('proxy.example.com', 8080)
http = proxy_class.new('www.example.org')
http.start {|h|
h.get('/ja/') # proxy.example.com 経由で接続します。
}
例2: Net::HTTP.start を使う
require 'net/http'
proxy_class = Net::HTTP::Proxy('proxy.example...

Net::HTTP#local_host=(host) (24046.0)

接続に用いるローカルホスト名を指定します。

...ost ホスト名、もしくはアドレスを示す文字列

//emlist[例][ruby]{
require 'net/http'

http = Net::HTTP.new("www.example.com")
http.local_host = "192.168.0.5"
http.local_port = "53043"

http.start do |h|
p h.get("/").body
end
//}

@see Net::HTTP#local_host=, Net::HTTP#local_port...

Net::HTTP#local_port=(port) (24046.0)

接続に用いるローカルポートを設定します。

...、もしくはサービス名文字列)

//emlist[例][ruby]{
require 'net/http'

http = Net::HTTP.new("www.example.com")
http.local_host = "192.168.0.5"
http.local_port = "53043"

http.start do |h|
p h.get("/").body
end
//}

@see Net::HTTP#local_port=, Net::HTTP#local_host


@see Net::HTTP.new...

絞り込み条件を変える

Net::HTTP#head2(path, header = nil) -> Net::HTTPResponse (24028.0)

サーバ上の path にあるエンティティのヘッダのみを取得します。 Net::HTTPResponse オブジェクトを返します。

...サーバ上の path にあるエンティティのヘッダのみを取得します。
Net::HTTP
Response オブジェクトを返します。

header が nil
でなければ、リクエストを送るときにその内容を HTTP ヘッダとして
送ります。 header は { 'Accept' = > '*/*',...
...... } という
形のハッシュでなければいけません。

ブロックとともに呼び出されたときは、
Net::HTTP
#request_get と同じ動作を
しますが、そもそもヘッダしか要求していないので
body は空です。そのためこの動作はそれほど意味...
...パスを
文字列で指定します。
@param header リクエストの HTTP ヘッダをハッシュで指定します。


head2 は時代遅れなので使わないでください。

response = http.request_head('/index.html')
p response['content-type']

@see Net::HTTP#head...

Net::HTTP#head2(path, header = nil) {|response| .... } -> Net::HTTPResponse (24028.0)

サーバ上の path にあるエンティティのヘッダのみを取得します。 Net::HTTPResponse オブジェクトを返します。

...サーバ上の path にあるエンティティのヘッダのみを取得します。
Net::HTTP
Response オブジェクトを返します。

header が nil
でなければ、リクエストを送るときにその内容を HTTP ヘッダとして
送ります。 header は { 'Accept' = > '*/*',...
...... } という
形のハッシュでなければいけません。

ブロックとともに呼び出されたときは、
Net::HTTP
#request_get と同じ動作を
しますが、そもそもヘッダしか要求していないので
body は空です。そのためこの動作はそれほど意味...
...パスを
文字列で指定します。
@param header リクエストの HTTP ヘッダをハッシュで指定します。


head2 は時代遅れなので使わないでください。

response = http.request_head('/index.html')
p response['content-type']

@see Net::HTTP#head...

Net::HTTP#request(request, data = nil) -> Net::HTTPResponse (24028.0)

Net::HTTPRequest オブジェクト request をサーバに送信します。

...
Net::HTTP
Request オブジェクト request をサーバに送信します。

POST/PUT の時は data も与えられます
(GET/HEAD などで data を与えると
ArgumentError を発生します)。

ブロックとともに呼びだされたときは
ソケットからボディを読みこ...
...まずに Net::HTTPResponse
オブジェクトをブロックに与えます。

@param request リクエストオブジェクトを与えます。
@param data リクエストのボディを文字列で与えます。

@raise ArgumentError dataを与えるべきでないリクエストでdataを...
...与えた場合に発生します。
@see Net::HTTP#send_request...

Net::HTTP#request(request, data = nil) {|response| .... } -> Net::HTTPResponse (24028.0)

Net::HTTPRequest オブジェクト request をサーバに送信します。

...
Net::HTTP
Request オブジェクト request をサーバに送信します。

POST/PUT の時は data も与えられます
(GET/HEAD などで data を与えると
ArgumentError を発生します)。

ブロックとともに呼びだされたときは
ソケットからボディを読みこ...
...まずに Net::HTTPResponse
オブジェクトをブロックに与えます。

@param request リクエストオブジェクトを与えます。
@param data リクエストのボディを文字列で与えます。

@raise ArgumentError dataを与えるべきでないリクエストでdataを...
...与えた場合に発生します。
@see Net::HTTP#send_request...

Net::HTTP#request_head(path, header = nil) -> Net::HTTPResponse (24028.0)

サーバ上の path にあるエンティティのヘッダのみを取得します。 Net::HTTPResponse オブジェクトを返します。

...サーバ上の path にあるエンティティのヘッダのみを取得します。
Net::HTTP
Response オブジェクトを返します。

header が nil
でなければ、リクエストを送るときにその内容を HTTP ヘッダとして
送ります。 header は { 'Accept' = > '*/*',...
...... } という
形のハッシュでなければいけません。

ブロックとともに呼び出されたときは、
Net::HTTP
#request_get と同じ動作を
しますが、そもそもヘッダしか要求していないので
body は空です。そのためこの動作はそれほど意味...
...パスを
文字列で指定します。
@param header リクエストの HTTP ヘッダをハッシュで指定します。


head2 は時代遅れなので使わないでください。

response = http.request_head('/index.html')
p response['content-type']

@see Net::HTTP#head...

絞り込み条件を変える

Net::HTTP#request_head(path, header = nil) {|response| .... } -> Net::HTTPResponse (24028.0)

サーバ上の path にあるエンティティのヘッダのみを取得します。 Net::HTTPResponse オブジェクトを返します。

...サーバ上の path にあるエンティティのヘッダのみを取得します。
Net::HTTP
Response オブジェクトを返します。

header が nil
でなければ、リクエストを送るときにその内容を HTTP ヘッダとして
送ります。 header は { 'Accept' = > '*/*',...
...... } という
形のハッシュでなければいけません。

ブロックとともに呼び出されたときは、
Net::HTTP
#request_get と同じ動作を
しますが、そもそもヘッダしか要求していないので
body は空です。そのためこの動作はそれほど意味...
...パスを
文字列で指定します。
@param header リクエストの HTTP ヘッダをハッシュで指定します。


head2 は時代遅れなので使わないでください。

response = http.request_head('/index.html')
p response['content-type']

@see Net::HTTP#head...

Net::HTTP#send_request(name, path, data = nil, header = nil) -> Net::HTTPResponse (24028.0)

HTTP リクエストをサーバに送り、そのレスポンスを Net::HTTPResponse のインスタンスとして返します。

...HTTP リクエストをサーバに送り、そのレスポンスを
Net::HTTP
Response のインスタンスとして返します。

@param name リクエストのメソッド名を文字列で与えます。
@param path リクエストのパスを文字列で与えます。
@param data リクエ...
...ストのボディを文字列で与えます。
@param header リクエストのヘッダをハッシュで与えます。

response = http.send_request('GET', '/index.html')
puts response.body

@see Net::HTTP#request...