るりまサーチ (Ruby 2.7.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
5件ヒット [1-5件を表示] (0.057秒)
トップページ > ライブラリ:drb[x] > バージョン:2.7.0[x] > クエリ:drb/timeridconv[x]

別のキーワード

  1. drb front
  2. drb thread
  3. drb uri
  4. drb here?
  5. drb config

クラス

キーワード

検索結果

DRb::TimerIdConv (24004.0)

オブジェクトと識別子を相互に変換するクラスです。 これによって識別子に変換されたオブジェクトは一定時間 GC から保護されます。

...に変換するクラスです。
これによって識別子に変換されたオブジェクトは一定時間
GC から保護されます。

DRb
::DRbIdConv では to_id で識別子に
変換し、リモートに送られたオブジェクトは GC から保護されません。
ローカルプ...
...ても GC によって廃棄される
可能性があります。
このクラスを DRb::DRbIdConv の代わりに用いることで、
to_id でオブジェクトを識別子に変換してから
一定時間(DRb::TimerIdConv.new の timeout で指定した秒数)
の間はそのオブジェクト...

DRb::TimerIdConv#to_id(obj) -> Integer (24004.0)

オブジェクトを識別子に変換します。

オブジェクトを識別子に変換します。

DRb::TimerIdConv#to_obj(ref) -> Object (24004.0)

識別子をオブジェクトに変換します。

識別子をオブジェクトに変換します。

DRb::TimerIdConv.new(timeout=600) -> DRb::TimerIdConv (24004.0)

TimerIdConv のインスタンスを生成して返します。

TimerIdConv のインスタンスを生成して返します。

@param timeout to_id で識別子に変換してからオブジェクトがGCされないことが保証される秒数

DRb::DRbIdConv (25.0)

オブジェクトと識別子を相互に変換するクラスです。

...す。


別の仕組みとして、drb/timeridconv で提供されている
DRb
::TimerIdConv クラスがあります。これを使うと、リモートに
オブジェクトの参照が送られてから一定時間の間は、ローカルプロセス側
DRb::TimerIdConv で参照を保持し...

絞り込み条件を変える