るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
600件ヒット [1-100件を表示] (0.305秒)

別のキーワード

  1. kernel exec
  2. kernel spawn
  3. kernel system
  4. kernel gsub

クラス

モジュール

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Kernel.#open(file, mode_enc = "r", perm = 0666) -> IO (27140.0)

file をオープンして、IO(Fileを含む)クラスのインスタンスを返します。

...します

ファイル名が "|-" である時、open は Ruby の子プロセス
を生成し、その子プロセスとの間のパイプ(IOオブジェクト)を返し
ます。(このときの動作は、IO.popen と同じです。
File.open にはパイプラインを生成する機能はあ...
...
@param perm open(2) の第 3 引数のように、ファイルを生成する場合の
ファイルのパーミッションを整数で指定します。
@raise Errno::EXXX ファイルのオープンに失敗した場合に発生します。


@see File.open,IO.popen,IO.open

=== 第二引数...
...字列にはそのBOMに対応するエンコーディングが設定されます。
//emlist[BOMでUTF-16BEかLEかを判別する例][ruby]{
File.open("utf16.txt", "rb:BOM|utf-16"){|file| "..." }
//}

int_encも指定されていた場合、入力された文字列をext_encでエンコーディ...

Kernel.#open(file, mode_enc = "r", perm = 0666) {|io| ... } -> object (27140.0)

file をオープンして、IO(Fileを含む)クラスのインスタンスを返します。

...します

ファイル名が "|-" である時、open は Ruby の子プロセス
を生成し、その子プロセスとの間のパイプ(IOオブジェクト)を返し
ます。(このときの動作は、IO.popen と同じです。
File.open にはパイプラインを生成する機能はあ...
...
@param perm open(2) の第 3 引数のように、ファイルを生成する場合の
ファイルのパーミッションを整数で指定します。
@raise Errno::EXXX ファイルのオープンに失敗した場合に発生します。


@see File.open,IO.popen,IO.open

=== 第二引数...
...字列にはそのBOMに対応するエンコーディングが設定されます。
//emlist[BOMでUTF-16BEかLEかを判別する例][ruby]{
File.open("utf16.txt", "rb:BOM|utf-16"){|file| "..." }
//}

int_encも指定されていた場合、入力された文字列をext_encでエンコーディ...

File.open(path, mode = "r", perm = 0666) -> File (15158.0)

path で指定されるファイルをオープンし、File オブジェクトを生成して 返します。

...整数の場合はファイルディスクリプタとして扱い、それに対応する
File オブジェクトを生成して返します。IO.open と同じです。
ブロックを指定して呼び出した場合は、File オブジェクトを引数として
ブロックを実行します。...
...am mode モードを文字列か定数の論理和で指定します。Kernel.#open と同じです。

@param perm ファイルを生成する場合のファイルのパーミッションを整数で指定します。Kernel.#open と同じです。

@raise Errno::EXXX ファイルのオープンに...
....close
//}

//emlist[例: File.open による読み込みモードでのファイルオープン][ruby]{
f = File.open("testfile", "r")
f.class # => File
f.close
//}

//emlist[例: File.open による書き込みモードでのファイルオープン][ruby]{
File.open("testfile", "w", 0755) { |f| f...

File.open(path, mode = "r", perm = 0666) {|file| ... } -> object (15158.0)

path で指定されるファイルをオープンし、File オブジェクトを生成して 返します。

...整数の場合はファイルディスクリプタとして扱い、それに対応する
File オブジェクトを生成して返します。IO.open と同じです。
ブロックを指定して呼び出した場合は、File オブジェクトを引数として
ブロックを実行します。...
...am mode モードを文字列か定数の論理和で指定します。Kernel.#open と同じです。

@param perm ファイルを生成する場合のファイルのパーミッションを整数で指定します。Kernel.#open と同じです。

@raise Errno::EXXX ファイルのオープンに...
....close
//}

//emlist[例: File.open による読み込みモードでのファイルオープン][ruby]{
f = File.open("testfile", "r")
f.class # => File
f.close
//}

//emlist[例: File.open による書き込みモードでのファイルオープン][ruby]{
File.open("testfile", "w", 0755) { |f| f...

IO.open(fd, mode = "r" opt={}) {|io| ... } -> object (15146.0)

オープン済みのファイルディスクリプタ fd に対する新しい IO オブジェクトを生成して返します。

...オープン済みのファイルディスクリプタ fd に対する新しい
IO オブジェクトを生成して返します。

IO.open にブロックが与えられた場合、IO オブジェクトを生成しそれを引数としてブロックを
実行します。ブロックの終了と...
...ある整数を指定します。

@param mode Kernel.#open と同じ形式で IO のモードを指定します。File::Constants::RDONLY などの
定数(数値)でモードを指定できます。詳細は組み込み関数 Kernel.#open を参照
してください。...
...io = IO.new(IO.sysopen("testfile"))
io.class # => IO
io.close
//}

//emlist[例:IO.for_fd による読み込み・バイナリモードでのファイルオープン][ruby]{
IO.binwrite("testfile", "\xBF\xAA\x16\x04.\b\xCB\x12\xACoeQ\xFDv2\xCF9+\x81\x18")
io = IO.for_fd(IO.sysopen("testfile"), "r",...

絞り込み条件を変える

IO.open(fd, mode = "r", opt={}) -> IO (15146.0)

オープン済みのファイルディスクリプタ fd に対する新しい IO オブジェクトを生成して返します。

...オープン済みのファイルディスクリプタ fd に対する新しい
IO オブジェクトを生成して返します。

IO.open にブロックが与えられた場合、IO オブジェクトを生成しそれを引数としてブロックを
実行します。ブロックの終了と...
...ある整数を指定します。

@param mode Kernel.#open と同じ形式で IO のモードを指定します。File::Constants::RDONLY などの
定数(数値)でモードを指定できます。詳細は組み込み関数 Kernel.#open を参照
してください。...
...io = IO.new(IO.sysopen("testfile"))
io.class # => IO
io.close
//}

//emlist[例:IO.for_fd による読み込み・バイナリモードでのファイルオープン][ruby]{
IO.binwrite("testfile", "\xBF\xAA\x16\x04.\b\xCB\x12\xACoeQ\xFDv2\xCF9+\x81\x18")
io = IO.for_fd(IO.sysopen("testfile"), "r",...

Kernel.#spawn(env, program, *args, options={}) -> Integer (9070.0)

引数を外部コマンドとして実行しますが、生成した 子プロセスの終了を待ち合わせません。生成した子プロセスのプロセスIDを返します。

...din), 1(stdout), 2(stderr) 以外の
ファイルデスクリプタをすべて閉じます。
false がデフォルトです。

: :exception
Kernel
.#system のみで指定できます。
これを true に設定すると、nil や false を返す代わりに例外が発生します。
fa...
...イル名文字列, モード文字列]
open
(ファイル名, モード, 0644) でファイルを開いてリダイレクト
します。
* [リダイレクト先のファイル名文字列, モード文字列, パーミション(整数)]
open
(ファイル名, モード, パーミッ...
...>"/dev/null") # read mode
//}
stdout と stderr をリダイレクトした場合は、
ファイルは write mode で open されます。それ以外の場合は
read mode で open されます。

ファイルのフラグ(write/read mode)やパーミッションを明示したい
場合は、配...

Kernel.#spawn(program, *args) -> Integer (9070.0)

引数を外部コマンドとして実行しますが、生成した 子プロセスの終了を待ち合わせません。生成した子プロセスのプロセスIDを返します。

...din), 1(stdout), 2(stderr) 以外の
ファイルデスクリプタをすべて閉じます。
false がデフォルトです。

: :exception
Kernel
.#system のみで指定できます。
これを true に設定すると、nil や false を返す代わりに例外が発生します。
fa...
...イル名文字列, モード文字列]
open
(ファイル名, モード, 0644) でファイルを開いてリダイレクト
します。
* [リダイレクト先のファイル名文字列, モード文字列, パーミション(整数)]
open
(ファイル名, モード, パーミッ...
...>"/dev/null") # read mode
//}
stdout と stderr をリダイレクトした場合は、
ファイルは write mode で open されます。それ以外の場合は
read mode で open されます。

ファイルのフラグ(write/read mode)やパーミッションを明示したい
場合は、配...

Kernel.#spawn(env, program, *args, options={}) -> Integer (9064.0)

引数を外部コマンドとして実行しますが、生成した 子プロセスの終了を待ち合わせません。生成した子プロセスのプロセスIDを返します。

...イル名文字列, モード文字列]
open
(ファイル名, モード, 0644) でファイルを開いてリダイレクト
します。
* [リダイレクト先のファイル名文字列, モード文字列, パーミション(整数)]
open
(ファイル名, モード, パーミッ...
...>"/dev/null") # read mode
//}
stdout と stderr をリダイレクトした場合は、
ファイルは write mode で open されます。それ以外の場合は
read mode で open されます。

ファイルのフラグ(write/read mode)やパーミッションを明示したい
場合は、配...
...で read mode が使われる。
pid = spawn(command, :in=>["file"])
# read mode で file を open し、リダイレクトする。
pid = spawn(command, :in=>["file", "r"])
# write mode で file を open し、リダイレクトする。
# パーミッションはデフォルトで 644。
pid = spa...

Kernel.#spawn(program, *args) -> Integer (9064.0)

引数を外部コマンドとして実行しますが、生成した 子プロセスの終了を待ち合わせません。生成した子プロセスのプロセスIDを返します。

...イル名文字列, モード文字列]
open
(ファイル名, モード, 0644) でファイルを開いてリダイレクト
します。
* [リダイレクト先のファイル名文字列, モード文字列, パーミション(整数)]
open
(ファイル名, モード, パーミッ...
...>"/dev/null") # read mode
//}
stdout と stderr をリダイレクトした場合は、
ファイルは write mode で open されます。それ以外の場合は
read mode で open されます。

ファイルのフラグ(write/read mode)やパーミッションを明示したい
場合は、配...
...で read mode が使われる。
pid = spawn(command, :in=>["file"])
# read mode で file を open し、リダイレクトする。
pid = spawn(command, :in=>["file", "r"])
# write mode で file を open し、リダイレクトする。
# パーミッションはデフォルトで 644。
pid = spa...

絞り込み条件を変える

Kernel.#exec(env, program, *args, options={}) -> () (9044.0)

引数で指定されたコマンドを実行します。

...イルデスクリプタなど)引き継ぎます。
Hash を options として渡すことで、この挙動を変更できます。
詳しくは Kernel.#spawn を参照してください。

=== 引数の解釈

この形式で呼び出した場合、空白や shell のメタキャラクタも
...
...替えて以下を実行
$ ps aux|grep sleep
xxxx 32754 0.0 0.0 2580 468 pts/3 S+ 22:01 0:00 mysleep 600
xxxx 32761 0.0 0.0 2824 792 pts/6 S+ 22:01 0:00 grep sleep

@see Kernel.#system,Kernel.#`,Kernel.#spawn,Kernel.#fork,IO.popen,IO.pipe,Kernel.#open,exec(3)...

Kernel.#exec(program, *args, options={}) -> () (9044.0)

引数で指定されたコマンドを実行します。

...イルデスクリプタなど)引き継ぎます。
Hash を options として渡すことで、この挙動を変更できます。
詳しくは Kernel.#spawn を参照してください。

=== 引数の解釈

この形式で呼び出した場合、空白や shell のメタキャラクタも
...
...替えて以下を実行
$ ps aux|grep sleep
xxxx 32754 0.0 0.0 2580 468 pts/3 S+ 22:01 0:00 mysleep 600
xxxx 32761 0.0 0.0 2824 792 pts/6 S+ 22:01 0:00 grep sleep

@see Kernel.#system,Kernel.#`,Kernel.#spawn,Kernel.#fork,IO.popen,IO.pipe,Kernel.#open,exec(3)...
<< 1 2 3 ... > >>