るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
39件ヒット [1-39件を表示] (0.020秒)

別のキーワード

  1. csv fsync
  2. etc sc_fsync
  3. stringio fsync
  4. io fsync
  5. _builtin fsync

クラス

キーワード

検索結果

IO#fsync -> 0 (18125.0)

書き込み用の IO に対して、システムコール fsync(2) を実行します。IO#flush を行ったあと、(OSレベルで)まだディスクに 書き込まれていないメモリ上にあるデータをディスクに書き出します。

...して、システムコール fsync(2)
を実行します。IO#flush を行ったあと、(OSレベルで)まだディスクに
書き込まれていないメモリ上にあるデータをディスクに書き出します。

成功すれば 0 を返します。
fsync
(2) がサポートされてい...

IO#fdatasync -> 0 (20.0)

IO のすべてのバッファされているデータを直ちにディスクに書き込みます。

...fdatasync(2) をサポートしていない OS 上では代わりに
IO#fsync を呼びだします。

IO#fsync との違いは fdatasync(2) を参照してください。

@raise NotImplementedError fdatasync(2) も fsync(2) も
サポートされていない OS で発生します。

//e...

IO#flush -> self (8.0)

IO ポートの内部バッファをフラッシュします。

...即座にメタデータを更新することは保証されません(特にWindowsで)。
即座にメタデータも更新したいときは IO#fsync を使います。

@raise IOError 自身が書き込み用にオープンされていなければ発生します。

@raise Errno::EXXX fflush(3)...

NotImplementedError (8.0)

現在のプラットフォームで実装されていない機能が呼び出されたときに発生します。

...現在のプラットフォームで実装されていない機能が呼び出されたときに発生します。

例えばfsyncやforkのシステムコールに依存するメソッドが呼び出されたとき、OSまたはRubyの実行環境がそれらのシステムコールをサポート...