るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
1060件ヒット [1-100件を表示] (0.040秒)

別のキーワード

  1. argf.class lines
  2. argf.class each
  3. argf.class each_line
  4. argf.class gets

クラス

モジュール

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Class.new(superclass = Object) -> Class (27360.0)

新しく名前の付いていない superclass のサブクラスを生成します。

...の付いていない superclass のサブクラスを生成します。

名前のないクラスは、最初に名前を求める際に代入されている定数名を検
索し、見つかった定数名をクラス名とします。

p foo = Class.new # => #<Class:0x401b90f8>
p foo.name...
...klass = Class.new(superclass)
klass.module_eval {|m| ... }
klass

この場合も生成したクラスを返します。
ブロックの実行は Class#initialize が行います。

@param superclass 生成するクラスのスーパークラスを指定します。

例:

k = Class.new{|c|...
...def initialize
p "in initialize"
end

def hoge
p "hoge hoge hoge"
end
}
o = k.new #=> "in initialize"
o.hoge #=> "hoge hoge hoge"...

Class.new(superclass = Object) {|klass| ... } -> Class (27360.0)

新しく名前の付いていない superclass のサブクラスを生成します。

...の付いていない superclass のサブクラスを生成します。

名前のないクラスは、最初に名前を求める際に代入されている定数名を検
索し、見つかった定数名をクラス名とします。

p foo = Class.new # => #<Class:0x401b90f8>
p foo.name...
...klass = Class.new(superclass)
klass.module_eval {|m| ... }
klass

この場合も生成したクラスを返します。
ブロックの実行は Class#initialize が行います。

@param superclass 生成するクラスのスーパークラスを指定します。

例:

k = Class.new{|c|...
...def initialize
p "in initialize"
end

def hoge
p "hoge hoge hoge"
end
}
o = k.new #=> "in initialize"
o.hoge #=> "hoge hoge hoge"...

Class#new(*args, &block) -> object (27145.0)

自身のインスタンスを生成して返します。 このメソッドの引数はブロック引数も含め Object#initialize に渡されます。

...ます。

new
Class#allocate でインスタンスを生成し、
Object#initialize で初期化を行います。

@param args Object#initialize に渡される引数を指定します。

@param block Object#initialize に渡されるブロックを指定します。

例:
# Class クラス...
...のインスタンス、C クラスを生成
C = Class.new # => C

# Class クラスのインスタンス、C クラスのインスタンスを生成
C.new # => #<C:0x00005623f8b4e458>...

Range.new(first, last, exclude_end = false) -> Range (18175.0)

first から last までの範囲オブジェクトを生成して返しま す。

...します

例: 整数の範囲オブジェクトの場合

Range.new(1, 10) # => 1..10
Range.new(1, 10, true) # => 1...10

例: 日付オブジェクトの範囲オブジェクトの場合

require 'date'
Range.new(Date.today, Date.today >> 1).each {|d| puts d }
# => 2017-09-16...
...require 'ipaddr'
Range.new(IPAddr.new("192.0.2.1"), IPAddr.new("192.0.2.3")).each {|ip| puts ip}
# => 192.0.2.1
192.0.2.2
192.0.2.3

例: 自作のオブジェクトの場合

MyInteger = Struct.new(:value) do
def succ
self.class.new(value + 1)
end

def <=>(...
...other)
value <=> other.value
end

def to_s
value.to_s
end
end
Range.new(MyInteger.new(1), MyInteger.new(3)).each {|i| puts i }
# => 1
2
3...

Dir.new(path) -> Dir (18146.0)

path に対するディレクトリストリームをオープンして返します。

...合に発生します。

例: Dir.new
require 'tmpdir'

Dir.mktmpdir do |tmpdir|
d = Dir.new(tmpdir)
p d.class # => Dir
p d.read.encoding # => #<Encoding:UTF-8>
d.close

d = Dir.new(tmpdir, encoding: Encoding::UTF_8)
p d.class # => Dir
p d.read.encodi...
...ir do |tmpdir|
d = Dir.open(tmpdir, encoding: Encoding::UTF_8)
p d.class # => Dir
p d.read.encoding # => #<Encoding:UTF-8>
d.close

Dir.open(tmpdir, encoding: Encoding::UTF_8) do |d|
p d.class # => Dir
p d.read.encoding # => #<Encoding:UTF-8>
end...

絞り込み条件を変える

Dir.new(path, encoding: Encoding.find("filesystem")) -> Dir (18146.0)

path に対するディレクトリストリームをオープンして返します。

...合に発生します。

例: Dir.new
require 'tmpdir'

Dir.mktmpdir do |tmpdir|
d = Dir.new(tmpdir)
p d.class # => Dir
p d.read.encoding # => #<Encoding:UTF-8>
d.close

d = Dir.new(tmpdir, encoding: Encoding::UTF_8)
p d.class # => Dir
p d.read.encodi...
...ir do |tmpdir|
d = Dir.open(tmpdir, encoding: Encoding::UTF_8)
p d.class # => Dir
p d.read.encoding # => #<Encoding:UTF-8>
d.close

Dir.open(tmpdir, encoding: Encoding::UTF_8) do |d|
p d.class # => Dir
p d.read.encoding # => #<Encoding:UTF-8>
end...

File.new(path, mode = "r", perm = 0666) -> File (18127.0)

path で指定されるファイルをオープンし、File オブジェクトを生成して 返します。

...生します。

例: File.new による読み込みモードでのファイルオープン
f = File.new("testfile", "r")
f.class # => File
f.close

例: File.open による読み込みモードでのファイルオープン
f = File.open("testfile", "r")
f.class # => File
f.close

例:...

Enumerator::Lazy.new(obj, size=nil) {|yielder, *values| ... } -> Enumerator::Lazy (18121.0)

Lazy Enumerator を作成します。Enumerator::Lazy#force メソッドなどに よって列挙が実行されたとき、objのeachメソッドが実行され、値が一つずつ ブロックに渡されます。ブロックは、yielder を使って最終的に yield される値を 指定できます。

...延評価版を定義する例:

module Enumerable
def filter_map(&block)
map(&block).compact
end
end

class
Enumerator::Lazy
def filter_map
Lazy.new(self) do |yielder, *values|
result = yield *values
yielder << result if result
end
end
end...
...1.step.lazy.filter_map{|i| i*i if i.even?}.first(5)
# => [4, 16, 36, 64, 100]

@raise ArgumentError 引数を指定しなかった場合、ブロックを指定しなかった場合に発生します。

@see Enumerator.new...

TracePoint.new(*events) {|obj| ... } -> TracePoint (18121.0)

新しい TracePoint オブジェクトを作成して返します。トレースを有効 にするには TracePoint#enable を実行してください。

...
にするには TracePoint#enable を実行してください。

例:irb で実行した場合

trace = TracePoint.new(:call) do |tp|
p [tp.lineno, tp.defined_class, tp.method_id, tp.event]
end
# => #<TracePoint:0x007f17372cdb20>

trace.enable
# => false

puts "Hello, TracePoi...
...@param events トレースするイベントを String か Symbol で任
意の数指定します。

: :line

式の評価。

: :class

クラス定義、特異クラス定義、モジュール定義への突入。

: :end

クラス定義、特異クラス定義、モジュ...

Struct.new(*args, keyword_init: false) {|Class| block } -> Class (15406.0)

Struct クラスに新しいサブクラスを作って、それを返します。

...

サブクラスでは構造体のメンバに対するアクセスメソッドが定義されています。

dog = Struct.new("Dog", :name, :age)
fred = dog.new("fred", 5)
fred.age = 6
printf "name:%s age:%d", fred.name, fred.age
#=> "name:fred age:6" を出力します

実装の都...
...のような指定はエラーになります。

p Struct.new('foo', 'bar')
# => -:1:in `new': identifier foo needs to be constant (NameError)

また args[1..-1] は、Symbol か String で指定します。

p Struct.new("Foo", :foo, :bar) # => Struct::Foo

=== 第一引数が Symbo...
...数名を検索し、見つかった定数名をクラス名とします。

Foo = Struct.new(:foo, :bar)
p Foo # => Foo

=== ブロックを指定した場合

Struct.new にブロックを指定した場合は定義した Struct をコンテキストにブ
...

絞り込み条件を変える

Struct.new(*args) {|Class| block } -> Class (15376.0)

Struct クラスに新しいサブクラスを作って、それを返します。

...

サブクラスでは構造体のメンバに対するアクセスメソッドが定義されています。

dog = Struct.new("Dog", :name, :age)
fred = dog.new("fred", 5)
fred.age = 6
printf "name:%s age:%d", fred.name, fred.age
#=> "name:fred age:6" を出力します

実装の都...
...のような指定はエラーになります。

p Struct.new('foo', 'bar')
# => -:1:in `new': identifier foo needs to be constant (NameError)

また args[1..-1] は、Symbol か String で指定します。

p Struct.new("Foo", :foo, :bar) # => Struct::Foo

=== 第一引数が Symbo...
...数名を検索し、見つかった定数名をクラス名とします。

Foo = Struct.new(:foo, :bar)
p Foo # => Foo

=== ブロックを指定した場合

Struct.new にブロックを指定した場合は定義した Struct をコンテキストにブ
...

Struct.new(*args, keyword_init: false) -> Class (15306.0)

Struct クラスに新しいサブクラスを作って、それを返します。

...

サブクラスでは構造体のメンバに対するアクセスメソッドが定義されています。

dog = Struct.new("Dog", :name, :age)
fred = dog.new("fred", 5)
fred.age = 6
printf "name:%s age:%d", fred.name, fred.age
#=> "name:fred age:6" を出力します

実装の都...
...のような指定はエラーになります。

p Struct.new('foo', 'bar')
# => -:1:in `new': identifier foo needs to be constant (NameError)

また args[1..-1] は、Symbol か String で指定します。

p Struct.new("Foo", :foo, :bar) # => Struct::Foo

=== 第一引数が Symbo...
...数名を検索し、見つかった定数名をクラス名とします。

Foo = Struct.new(:foo, :bar)
p Foo # => Foo

=== ブロックを指定した場合

Struct.new にブロックを指定した場合は定義した Struct をコンテキストにブ
...

Struct.new(*args) -> Class (15276.0)

Struct クラスに新しいサブクラスを作って、それを返します。

...

サブクラスでは構造体のメンバに対するアクセスメソッドが定義されています。

dog = Struct.new("Dog", :name, :age)
fred = dog.new("fred", 5)
fred.age = 6
printf "name:%s age:%d", fred.name, fred.age
#=> "name:fred age:6" を出力します

実装の都...
...のような指定はエラーになります。

p Struct.new('foo', 'bar')
# => -:1:in `new': identifier foo needs to be constant (NameError)

また args[1..-1] は、Symbol か String で指定します。

p Struct.new("Foo", :foo, :bar) # => Struct::Foo

=== 第一引数が Symbo...
...数名を検索し、見つかった定数名をクラス名とします。

Foo = Struct.new(:foo, :bar)
p Foo # => Foo

=== ブロックを指定した場合

Struct.new にブロックを指定した場合は定義した Struct をコンテキストにブ
...

IO.new(fd, mode = "r", opt={}) -> IO (15139.0)

オープン済みのファイルディスクリプタ fd に対する新しい IO オブジェクトを生成して返します。

...てブロックを
実行します。ブロックの終了とともに fd はクローズされます。ブロックの結果を返します。
IO.new, IO.for_fd はブロックを受け付けません。

=== オプション引数
このメソッドは以下のオプションを利用できます...
...X IO オブジェクトの生成に失敗した場合に発生します。

//emlist[例:IO.new による読み込みモードでのファイルオープン][ruby]{
io = IO.new(IO.sysopen("testfile"))
io.class # => IO
io.close
//}

//emlist[例:IO.for_fd による読み込み・バイナリモード...
...xBF\xAA\x16\x04.\b\xCB\x12\xACoeQ\xFDv2\xCF9+\x81\x18")
io = IO.for_fd(IO.sysopen("testfile"), "r", { binmode: true })
io.class # => IO
io.binmode? # => true
io.close
//}

//emlist[例:IO.open によるファイルオープン][ruby]{
IO.open(IO.sysopen("testfile")) { |io| p io.class } # => IO
//}...

Struct.new(*args) -> Struct (15136.0)

(このメソッドは Struct の下位クラスにのみ定義されています) 構造体オブジェクトを生成して返します。

...指定されなければ nil です。

@return 構造体クラスのインスタンス。

@raise ArgumentError 構造体のメンバの数よりも多くの引数を指定した場合に発生します。

Foo = Struct.new(:foo, :bar)
foo = Foo.new(1)
p foo.values # => [1, nil]...

絞り込み条件を変える

Class#allocate -> object (9014.0)

自身のインスタンスを生成して返します。生成したオブジェクトは 自身のインスタンスであること以外には何も特性を持ちません。

...す。生成したオブジェクトは
自身のインスタンスであること以外には何も特性を持ちません。

例:
klass = Class.new do
def initialize(*args)
@initialized = true
end

def initialized?
@initialized || false
end
end

klass.allocate.i...

TracePoint#defined_class -> Class | module (6282.0)

メソッドを定義したクラスかモジュールを返します。

...

class
C; def foo; end; end
trace = TracePoint.new(:call) do |tp|
p tp.defined_class # => C
end.enable do
C.new.foo
end

メソッドがモジュールで定義されていた場合も(include に関係なく)モジュー
ルを返します。

module M; def foo; end; end
class
...
...C; include M; end;
trace = TracePoint.new(:call) do |tp|
p tp.defined_class # => M
end.enable do
C.new.foo
end

[注意] 特異メソッドを実行した場合は TracePoint#defined_class は特異クラ
スを返します。また、Kernel.#set_trace_func の 6 番目のブロック...
...
ラメータは特異クラスではなく元のクラスを返します。

class
C; def self.foo; end; end
trace = TracePoint.new(:call) do |tp|
p tp.defined_class # => #<Class:C>
end.enable do
C.foo
end

Kernel.#set_trace_func と TracePoint の上記の差分に注意して...
<< 1 2 3 ... > >>