るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
485件ヒット [1-100件を表示] (0.101秒)

別のキーワード

  1. _builtin new
  2. _builtin to_s
  3. _builtin []
  4. _builtin inspect
  5. _builtin each

モジュール

オブジェクト

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Method#inspect -> String (32257.0)

self を読みやすい文字列として返します。

...式の文字列を返します。

#<Method: klass1(klass2)#method> (形式1)

klass1 は、Method#inspect では、レシーバのクラス名、
UnboundMethod#inspect では、UnboundMethod オブジェクトの生成
元となったクラス/モジュール名です。

klass2...
...します。

//emlist[例][ruby]{
module Foo
def foo
"foo"
end
end
class Bar
include Foo
def bar
end
end

p
Bar.new.method(:foo) # => #<Method: Bar(Foo)#foo>
p
Bar.new.method(:bar) # => #<Method: Bar#bar>
//}

klass1 と klass2 が同じ場合は以下の形式になり...
...bj
def foo
end
end
p
obj.method(:foo) # => #<Method: "".foo>

# クラスメソッド(クラスの特異メソッド)
class Foo
def Foo.foo
end
end
p
Foo.method(:foo) # => #<Method: Foo.foo>

# スーパークラスのクラスメソッド
class Bar < Foo
end
p
Bar.method(:foo)...
...の文字列を返します。

#<Method: klass1(klass2)#method(arg) foo.rb:2> (形式1)

klass1 は、Method#inspect では、レシーバのクラス名、
UnboundMethod#inspect では、UnboundMethod オブジェクトの生成
元となったクラス/モジュール名です。

klass2...
...//emlist[例][ruby]{
module Foo
def foo
"foo"
end
end
class Bar
include Foo
def bar(a, b)
end
end

p
Bar.new.method(:foo) # => #<Method: Bar(Foo)#foo() test.rb:2>
p
Bar.new.method(:bar) # => #<Method: Bar#bar(a, b) test.rb:8>
//}

klass1 と klass2 が同じ場合は以...
...end
end
p
obj.method(:foo) # => #<Method: "".foo() foo.rb:4>

# クラスメソッド(クラスの特異メソッド)
class Foo
def Foo.foo
end
end
p
Foo.method(:foo) # => #<Method: Foo.foo() foo.rb:11>

# スーパークラスのクラスメソッド
class Bar < Foo
end
p
Bar.metho...

Module#inspect -> String (32251.0)

モジュールやクラスの名前を文字列で返します。

...P」が挙げられます。

@return 名前のないモジュール / クラスに対しては、name は nil を、それ以外はオブジェクト ID の文字列を返します。

//emlist[例][ruby]{
module A
module B
end

p
B.name #=> "A::B"

class C
end
end

p
A.name #=> "A"
p
...
...A::B.name #=> "A::B"
p
A::C.name #=> "A::C"

# 名前のないモジュール / クラス
p
Module.new.name #=> nil
p
Class.new.name #=> nil
p
Module.new.to_s #=> "#<Module:0x00007f90b09112c8>"
p
Class.new.to_s #=> "#<Class:0x00007fa5c40b41b0>"
//}...

Object#inspect -> String (32245.0)

オブジェクトを人間が読める形式に変換した文字列を返します。

...み込み関数 Kernel.#p は、このメソッドの結果を使用して
オブジェクトを表示します。

//emlist[][ruby]{
[ 1, 2, 3..4, 'five' ].inspect # => "[1, 2, 3..4, \"five\"]"
Time.new.inspect # => "2008-03-08 19:43:39 +0900"
//}

inspect
メソッドをオーバ...
...変数の名前、値の組を元にした文字列を返します。

//emlist[][ruby]{
class Foo
end
Foo.new.inspect # => "#<Foo:0x0300c868>"

class Bar
def initialize
@bar = 1
end
end
Bar.new.inspect # => "#<Bar:0x0300c868 @bar=1>"
//}

@see Kernel.#p...

Complex#inspect -> String (32233.0)

自身を人間が読みやすい形の文字列表現にして返します。

...][ruby]{
Complex(2).inspect # => "(2+0i)"
Complex('-8/6').inspect # => "((-4/3)+0i)"
Complex('1/2i').inspect # => "(0+(1/2)*i)"
Complex(0, Float::INFINITY).inspect # => "(0+Infinity*i)"
Complex(Float::NAN, Float::NAN).inspect # => "(NaN+N...

Range#inspect -> String (32231.0)

self を文字列に変換します(始端と終端のオブジェクトは #inspect メソッド で文字列に変換されます)。

...elf を文字列に変換します(始端と終端のオブジェクトは #inspect メソッド
で文字列に変換されます)。

@see Range#to_s

//emlist[例][ruby]{
(1..5).inspect # => "1..5"
("1".."5").inspect # => "\"1\"..\"5\""
//}...

絞り込み条件を変える

Integer#inspect(base=10) -> String (32227.0)

整数を 10 進文字列表現に変換します。

...ば、それを基数とした文字列表
現に変換します。

p
10.to_s(2) # => "1010"
p
10.to_s(8) # => "12"
p
10.to_s(16) # => "a"
p
35.to_s(36) # => "z"

@return 数値の文字列表現
@param base 基数となる 2 - 36 の数値。
@raise ArgumentError base...

MatchData#inspect -> String (32227.0)

self の内容を人間に読みやすい文字列にして返します。

...st[例][ruby]{
p
uts /.$/.match("foo").inspect
# => #<MatchData "o">

p
uts /(.)(.)(.)/.match("foo").inspect
# => #<MatchData "foo" 1:"f" 2:"o" 3:"o">

p
uts /(.)(.)?(.)/.match("fo").inspect
# => #<MatchData "fo" 1:"f" 2:nil 3:"o">

p
uts /(?<foo>.)(?<bar>.)(?<baz>.)/.match("hoge").inspect
# => #<MatchD...

Rational#inspect -> String (32227.0)

自身を人間が読みやすい形の文字列表現にして返します。

...に10進数の表記を返します。

@return 有理数の表記にした文字列を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational(5, 8).inspect # => "(5/8)"
Rational(2).inspect # => "(2/1)"
Rational(-8, 6).inspect # => "(-4/3)"
Rational(0.5).inspect # => "(1/2)"
//}

@see Rational#to_s...

Regexp#inspect -> String (32221.0)

Regexp#to_s より自然な文字列を返します。

...Regexp#to_s より自然な文字列を返します。

//emlist[例][ruby]{
p
/^ugou.*?/i.to_s # => "(?i-mx:^ugou.*?)"
p
/^ugou.*?/i.inspect # => "/^ugou.*?/i"
//}

@see Regexp#to_s...

String#inspect -> String (32221.0)

文字列オブジェクトの内容を、出力したときに人間が読みやすいような適当な形式に変換します。 変換された文字列は印字可能な文字のみによって構成されます

...ために用意されています。
永続化などの目的で文字列をダンプしたいときは、
String#dump を使うべきです。

//emlist[例][ruby]{
# p ではないことに注意
p
uts "string".inspect # => "string"
p
uts "\t\r\n".inspect # => "\t\r\n"
//}

@see String#dump...

絞り込み条件を変える

UnboundMethod#inspect -> String (32221.0)

self を読みやすい文字列として返します。

...みやすい文字列として返します。

詳しくは Method#inspect を参照してください。

//emlist[例][ruby]{
String.instance_method(:count).inspect # => "#<UnboundMethod: String#count>"
//}

@see Method#inspect...

ENV.inspect -> String (32219.0)

ENV オブジェクトを文字列化します。 Hash#inspect と同じように動作します。

...ENV オブジェクトを文字列化します。 Hash#inspect と同じように動作します。...

Encoding#inspect -> String (32215.0)

プログラマにわかりやすい表現の文字列を返します。

...ラマにわかりやすい表現の文字列を返します。

//emlist[例][ruby]{
Encoding::UTF_8.inspect #=> "#<Encoding:UTF-8>"
Encoding::ISO_2022_JP.inspect #=> "#<Encoding:ISO-2022-JP (dummy)>"
//}...
<< 1 2 3 ... > >>